タコライス発祥の地・金武町キャンプハンセン前!アメリカンな盛り場「金武町新開地」を歩く

<4ページ目を読む

31-535.jpg

今度は中心広場(金武アクティブパーク)の南西側から伸びる通り。こちら側はギラギラした店も少なく比較的大人しい印象。しかし…

31-536.jpg

これまた年季が入りまくった「クラブしま(CLUB SHIMA)」の遺構が現れるのである。この古さとセンスから見ても米軍統治時代からあった建物であることは違いない。すっかり骨組みだけになったネオン看板に哀愁。

31-537.jpg

さらにその奥にはマンションタイプの建物に「クラブギャラクシー」。こちらも古びた風情で現役なのかどうかは怪しい所だ。フレンドシップ通りにあった店と比べても明らかに今どきな感じではないな。

31-527.jpg

今来た道を戻り、広場から一本南側に並行して走る路地に向けて歩いて行く。この道沿いにも随分味わい深いクラブの店舗が点在している。

31-529.jpg

場末のパチンコ屋でも今どきこんなの無いだろ、みたいな古くて無駄にデカいネオン看板が特徴的な店舗。「キャバレーチャンピオン」とある。

31-530.jpg

何よりこの古臭すぎる店構えが堪らない。どう考えても若い姉ちゃんは出てこなさそうなテンションである。っていうか現役なのかこの店は?!

31-531.jpg

建物と同じくらい年輪を刻んだかのような古い看板には「FLOOR SHOW フローショー 琉球民謡ショー いらっしゃい」とある。今でも見れるのかこれ?気になる。ちなみにホステス若干名採用とのことです。

31-524.jpg

振り返って坂の上側を見ると、その突き当たりにはホテルの跡と思われる建物がある。看板が取り払われているので現地で見た時はホテルとは気づかなかったが、昔はこんな感じだったらしい。しかしとても現役には見えなかった。「ホテルみなと」という名前だったそうだ。

31-526.jpg

その隣の建物はキャバレー。ここもかなり古臭さを感じさせる。ビューティフル・インターナショナル・ダンサーズ。なぜかインド料理店も兼業しているらしい。

31-525.jpg

ちなみに上の階は賃貸マンションになっているらしい。物件名が「ダスワニアパート」になっている。もしかしてインド人が家主なのか?

金武町のインターナショナルっぷりは半端ない。沖縄の移民の父と呼ばれた当山久三を生んだ土地だけの事はある。沖縄は日本本土だけに留まらず世界中と密に繋がっている。むしろ生活圏の節々までもが既にインターナショナル。

31-532.jpg

金武町新開地の中でも、この付近は特に雰囲気がやさぐれていて凄い。ベタな昭和のチンピラ映画の世界をそのまま保存したかのような街並みである。だからこそ趣きがあって素敵なのだが、食い物のタコライスだけじゃなくてこういう部分も注目して欲しい。

31-534.jpg

その向かいには全く高級感のかけらも感じさせない「グランドパレス」という名前のクラブ(現役じゃなさそう)もあるし…

31-533.jpg

何度も壁が塗り直されていて元が何の店だったか分からなくなった古びたクラブの建物も…いやあ奥が深いですね。金武町新開地。

>6ページ目を読む


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.