瀬戸内海屈指のコンビナート地帯!周南市・徳山駅前の中心市街地を歩く

市町村合併で山口県周南市となった瀬戸内コンビナート地帯を形成する工業都市の中心、徳山駅前の繁華街は県内では下関市に次ぐ規模と思われる。そんな街中を歩いてみる事にする。

のっけから東京の地名があちこちで見られる徳山の街、駅前には中心商店街の一つである徳山銀座商店街(ピアモール)がある。歩道部分がアーケード商店街になっていて雨でも濡れずにお買物ができる設計ですが、あんまり買い物出来そうな肝心の店が少ない。

さらに駅前ロータリーの真ん前に入口がある「みなみ銀座」に入る。栄えているかどうかと言われると微妙だが、めちゃ都会ですね。

商店街には地元のデパート「近鉄松下百貨店」の建物もある。買い物客の姿はそこそこ見られるが通行人の平均年齢は高い。

徳山駅前にはもう一つ「銀南街」というアーケード商店街があるのだがこっちの方がレトロ具合が強くてお勧め。銀南街とは言うものの別にギンナン臭くない。

銀南街のうち駅から近い側はスーパーマーケット「丸和」の店舗があり2階建ての共同ビルに通路が配されていて、近代的なショッピングモールになっている。山口県屈指の大都会らしい佇まい。寂れているけど。

商店街の南側は盛り場に近い事もあってちらほら飲食テナントが目立っている。それもおしなべて微妙に昭和な香りがするんですが。

どうにも現役そうには見えないハッスルパブの看板。ガングロギャルにパラパラですか。十年一昔とは言うけど過ぎ去った時代のノリを感じさせる。

カラオケやパブの看板も電飾多用しまくりでなかなか香ばしい佇まいである。夜はさぞかし地元DQNがたむろしていそうな感じ。

ギンナン臭いというよりタバコ臭そうな歓楽街的佇まいの銀南街であるが「日本一のマンモスキャバレー桃太郎」の店構えがこれまた素敵過ぎて…ここには映ってないがリオのカーニバルみたいな格好をした外人の姉ちゃんの写真が垂れ幕になって下がっている。

キャバレーなので昼間はシャッターを降ろしたままなのだが、入口脇にはもっともらしく暴力追放の啓発看板が。隣はテアトル徳山という映画館になっている。

銀南街のアーケードを外れると、やはりここも例に漏れず中心市街地の空洞化が激しく目立っている。空き地や駐車場になった土地が非常に多い。

何気なく目についた住宅地図、銀南街が「銀杏街」になってるぞ。パソコンで「ぎんなん」と入れて漢字変換したら嫌でも銀杏になってしまう。そりゃ誤植もするだろうよ。

>2ページ目を読む


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る