宜野湾市に属する記事の一覧

普天間基地、家具屋通り、アクターズスクール、唯一神…ネタ盛り沢山の宜野湾市大山

沖縄県宜野湾市、那覇からも近くベッドタウンとして人口過密地帯になっている地域だが、市域のど真ん中に米軍普天間飛行場があり、その周囲360度に市街地が取り巻いているという全国的に見ても奇特な街である。当然ながら今なお基地の街としての色彩が強い...

記事を読む

オスプレイがどうこう騒がしいので普天間基地が見える場所に行って見てきた

米軍基地問題で近年しきりに騒がれている「オスプレイ」(V-22)という新型航空機の存在。沖縄の普天間基地に配備される事になり、地元紙二紙や進歩的メディアなどが配備反対の論調を繰り返しているのでオスプレイの名前だけが一人歩きして、実際どんなも...

記事を読む

NO IMAGE

米軍基地の街・宜野湾市普天間を歩く (2)

巨大な米軍基地に挟まれた街、宜野湾市普天間の繁華街を引き続き歩いていく事にしよう。 スナックが密集する通称「ゴシャロ」などと呼ばれる社交街の一角。すずらん通りと万年通り(信金通り)が交わる辺り。おしなべて古臭い飲食店が多くフレッシュ感...

記事を読む

NO IMAGE

米軍基地の街・宜野湾市普天間を歩く (1)

宜野湾市の市域のど真ん中に鎮座する巨大な米軍海兵隊普天間飛行場の敷地を取り巻くようにドーナツ状に形成された宜野湾市街地の北東部に普天間飛行場の名前の元となった普天間地区がある。 その普天間の街の中心的存在である「普天満宮(普天間神宮と...

記事を読む

話題のオスプレイも丸見え!普天間基地が見渡せる「嘉数高台公園」へ行こう 

米軍基地の存在は今の日本、とりわけ数多くの基地を抱える沖縄に残る最もシリアスな問題の一つである。敗戦を機に日本はその軍事力を放棄し代わりに米軍が居座る事で皮肉にも軍事的な抑止力が機能して平和を保っているという状態だが、反米極左プロ市民が湧い...

記事を読む

【宜野湾市】”法律により未成年者入室禁止”の注意書きがリアルな沖縄の自動車ホテル「山谷園」に泊まった

人口120万人を超える沖縄本島の各所にも、本土と同じようなラブホ街が至る所にあり、若いカップルが夜な夜な盛っている訳だ。もちろんその中には18歳未満の未成年者もご多分に紛れている事だろう。そういう事を考えていたら、とあるラブホテルの事を思い...

記事を読む

【沖縄ダークサイド】沖縄最強の赤線地帯!宜野湾市「真栄原社交街」壊滅後の姿をご覧下さい(2011年)

戦後の沖縄には日本本土とは全く違った歴史がある。それは1972年に沖縄が日本に返還されるまではアメリカによって統治されていた事だ。戦後20年余り「太平洋の要石」と呼ばれる沖縄各地に極東軍事戦略を目的に無数の米軍基地が置かれ、またそこに駐留す...

記事を読む

NO IMAGE

宜野湾市・真栄原自治会のダジャレ看板

街の中心に巨大な米軍普天間基地を抱える宜野湾市、その南側にある真栄原地区を訪れた。真栄原と言えばあまりにも有名な沖縄最大の無法地帯「真栄原社交街(通称・新町)」がある場所だ。しかしそれも一斉取締りによって事実上壊滅し、それでも街の様子が見た...

記事を読む

NO IMAGE

沖縄アクターズスクールと又吉イエス・世界経済共同体党

那覇市から国道58号沿いに10キロ少々、都心から郊外の風景に変わろうとする宜野湾市大山のあたりに来る。 沖縄人には「ゴッパチ」と呼ばれる沖縄本島縦断の大動脈、国道58号。日夜交通量の多い国道に沿って店が建ち並ぶその一角に、芸能界におい...

記事を読む

NO IMAGE

巨大シーサーすべり台・宜野湾市「シーサー児童公園」

沖縄人のシーサーへの思い入れは半端ない。本来は民家の屋根に守り神としてちょこんと乗っかっているものだが、中にはシーサーが巨大化して公園の遊具と化してしまっている場所がある。 そのうちの一つ、宜野湾市大山にあるその名の「シーサー児童公園...

記事を読む

トップへ戻る