全442件中 421〜435件目を表示

【原子力村】日本で唯一の核燃料再処理施設がある「青森県六ヶ所村」を見てきた

【原子力村】日本で唯一の核燃料再処理施設がある「青森県六ヶ所村」を見てきた

八戸から下北半島方面に車を走らせると、その途中に上北郡六ヶ所村がある。その村の名前は青森を知らない人でも一度くらいはニュースでも耳にした事があるはずだ。日本で唯...

>記事全文を読む

仙台市地下鉄東西線開通で便利になった「八木山」のベニーランドと朝鮮学校

仙台市地下鉄東西線開通で便利になった「八木山」のベニーランドと朝鮮学校

青葉山・仙台城を抜け、都心にあるとはにわかに信じがたい断崖絶壁の竜の口渓谷を跨ぐ、自殺の名所とも言われる八木山橋(橋の下は高さ70メートル)を抜けた先には、仙台...

>記事全文を読む

日本一の短命県・青森の陰気臭い駅裏盛り場と「青森DX劇場」の廃墟を眺める (全3ページ)

日本一の短命県・青森の陰気臭い駅裏盛り場と「青森DX劇場」の廃墟を眺める (全3ページ)

青森駅前、古川市場ののっけ丼に朝っぱらから舌鼓を打ち適度に食欲を満たした後は、古川市場のすぐ近くに今も残る歓楽街の様子を見に行く事にした。

>記事全文を読む

太宰治と吉幾三と羽柴誠三秀吉の故郷!五所川原市「金木町」を歩く (全2ページ)

太宰治と吉幾三と羽柴誠三秀吉の故郷!五所川原市「金木町」を歩く (全2ページ)

青森市街地から車で一時間、次に訪れたのは太宰治の故郷としてよく知られる金木町である。現在では合併して五所川原市の一部になっている。

>記事全文を読む

下北半島総鎮守・田名部神社を取り囲むガチな雪国バラック系飲食街「神社横町」が渋い!

下北半島総鎮守・田名部神社を取り囲むガチな雪国バラック系飲食街「神社横町」が渋い!

下北半島・むつ市において、市役所や繁華街などが集まる中心は田名部(たなぶ)という街である。

>記事全文を読む

本州最北端の盛り場は自衛隊のお膝元だった…むつ市「田名部」のネオン街を訪ねて (全3ページ)

本州最北端の盛り場は自衛隊のお膝元だった…むつ市「田名部」のネオン街を訪ねて (全3ページ)

青森県むつ市にあう「田名部神社」の周りが盛り場に取り囲まれる異様な風景を見に来たのがこの土地に来た目的だったが、実際に来てみると神社を取り巻く飲食街「神社横町」...

>記事全文を読む

明治時代の遊郭建築旅館「新むつ旅館」がある八戸市の遊郭跡「小中野新地」を歩く (全4ページ)

明治時代の遊郭建築旅館「新むつ旅館」がある八戸市の遊郭跡「小中野新地」を歩く (全4ページ)

毎朝早くから朝市で賑わう陸奥湊駅周辺から、新井田川を跨いだ反対側が小中野という地区である。

>記事全文を読む

東北新幹線が通って東京から近くなった本州最北端の大都会「青森駅」の周辺を観光する (全5ページ)

東北新幹線が通って東京から近くなった本州最北端の大都会「青森駅」の周辺を観光する (全5ページ)

日本DEEP案内取材班、東北地方にはこれまで縁もゆかりも無かったわけだが、どうせ東北を目指すとなると本州の最果てまで行ってみたいと思い、青森旅行を計画する事にな...

>記事全文を読む

青森県の超メジャー観光地は”死者に逢える場所”…下北半島の霊場「恐山」 (全4ページ)

青森県の超メジャー観光地は”死者に逢える場所”…下北半島の霊場「恐山」 (全4ページ)

青森県の下北半島を中心に、東北一帯には独特の地蔵信仰や、それに基づいたイタコで知られる民間信仰が残っている。 特に昔の東北地方は飢餓に苦しむ貧しい寒村が多...

>記事全文を読む

大都会名古屋目前の秘境駅・定光寺駅前の廃墟旅館「千歳楼」がホラー過ぎる (全3ページ)

大都会名古屋目前の秘境駅・定光寺駅前の廃墟旅館「千歳楼」がホラー過ぎる (全3ページ)

名古屋市街地の北東20キロ、ちょうどJR中央線で高蔵寺から多治見に至るまでの部分は、愛知・岐阜県境に跨ぐ広大な「玉野川渓谷」が広がっている。名古屋を代表する一級...

>記事全文を読む

春日井市・名古屋郊外の秘境駅「定光寺」にある発電用水路上ハウスが見た目に怖い

春日井市・名古屋郊外の秘境駅「定光寺」にある発電用水路上ハウスが見た目に怖い

JR中央本線定光寺駅前、かつて「名古屋の奥座敷」とも言われた風光明媚な観光地、庄内川上流「玉野川渓谷」の風情は時代が過ぎても来た人間に「こんなに名古屋に近きゃあ...

>記事全文を読む

限界マイホーム・新宿まで中央線で片道80分通勤…山梨都民ベッドタウン「コモアしおつ」 (全3ページ)

限界マイホーム・新宿まで中央線で片道80分通勤…山梨都民ベッドタウン「コモアしおつ」 (全3ページ)

神奈川都民、埼玉都民、千葉都民というのは東京都内に通勤する近郊の他県民を指して使われる言葉だが、世の中には山梨都民というのが居るらしい。 東京の大動脈、JR中...

>記事全文を読む

熱海の秘宝館行きロープウェイ前に大型ホテルや市営住宅の廃墟群が立ち並び地味にヤバイ件

熱海の秘宝館行きロープウェイ前に大型ホテルや市営住宅の廃墟群が立ち並び地味にヤバイ件

かつて日本屈指の巨大温泉街として栄えた熱海市街地の寂れまくりの光景を散々目にして温泉街の危機を肌で感じてきた訳だが、我々は熱海名物の「熱海秘宝館」を目指そうと、...

>記事全文を読む

寂れててもやっぱり温泉観光地の王道を行く「熱海温泉」旅行記2010 (全6ページ)

寂れててもやっぱり温泉観光地の王道を行く「熱海温泉」旅行記2010 (全6ページ)

日本各地を旅行する中で、やはり日本の独特な雰囲気を窺い知る事が出来ると思える特殊な場所が、温泉街だ。火山国の日本では古くから温泉と人が密接に関わってきたのだ。日...

>記事全文を読む

伊豆シャボテン公園に行ってアレそっくりのサボテン「珍宝閣」を見たけどあまりにクリソツ過ぎて放送規制ものな件 (全2ページ)

伊豆シャボテン公園に行ってアレそっくりのサボテン「珍宝閣」を見たけどあまりにクリソツ過ぎて放送規制ものな件 (全2ページ)

ツルッパゲ火山の伊豆高原・大室山が気になって登りにやってきた訳だが、大室山リフトの向かいで陽気なラテン系音楽を流しっぱなしの脱力系施設「伊豆シャボテン公園」も気...

>記事全文を読む

タグクラウドから記事を探す

新日本DEEP案内へようこそ

2013年2月、コンテンツがゲス過ぎる旧日本DEEP案内から比較的まともなレポートのみ分離独立。日本全国の街ネタ情報、裏街徘徊等など、気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る