いつの間にか韓国人だらけになってしまった信州最強温泉郷「戸倉上山田温泉」の夜

長野県は表向き「教育県」を自称している為、県条例でソッチ系の店の営業を禁止しているなど、独自基準で街の盛り場を厳しく統制しているのはよく知られる話だ。だが、そうしたからと言っても別に信州人が規律正しくやっているかと言えばそんなはずもなく、表で厳しく規制しても裏に回ってしまうだけだというのが世の常。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

そんな教育県長野特有の「歪み」がこの戸倉上山田温泉に現れていると耳にするが、この温泉街を訪れて街を練り歩いてみれば、その理由がお分かり頂けるであろう。まずはこの温泉街で最も賑やかな「新世界通り」の入口へ。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

のっけから旧時代的な生臭い昭和の温泉街といった風情を醸し出している素敵な戸倉上山田温泉・新世界通りでございます。普通の観光客もまあまあいるし日帰り温泉施設なんかもあるのだが、もっぱら歓楽要素の高い温泉街として長野県内はおろか関東近郊にまでその存在が知れ渡っている。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

新世界通りの途中から伸びる、これまた雰囲気良さげな路地裏飲食街「ほろよい銀座」のアーチ看板が登場。ここいらから既にアンテナがビンビン引っ掛かります。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

狭い路地に飲食店がぎっしり連なっている「ほろよい横丁」。昼間はまあ物静かなもんですが、これが夜になるとなかなかの活況ぶりとなる。ちなみに突き当りの「メモリーインSAKAE」は宗教法人宇宙真理学会が経営するホテルです。なぜか長野県には沢山あります。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

ほろよい銀座と並行する「新世界通り」も原色系看板多用しまくりでかなり派手派手しい。最近は温泉街も浄化・浄化・また浄化の一方でそうした店を排除してはアホの一つ覚えみたいに足湯置いてみましたみたいな所が多いが、戸倉上山田温泉は当方の知る範囲ではそんな媚び方をしていない。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

しかし、ちょいちょい飲食街に韓国系の店舗が混じっている事に気が付かないだろうか。ホワイトハウスというたいそうな名前のレジャービルがそびえる路地にも「南大門PC」と看板を掲げた韓国料理屋がある。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

「ラーメン チジミ 生ビール」「ナンダイモン」の日本語表記がかなりぎこちない感じなんですがケンチャナヨでしょうか。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

その近くのオツなファサードが特徴的で「赤線地帯かよ」と思うような飲食店兼民家の建物にも「韓国居酒屋はんあり」の看板が…おお、ここは信州のリトルコリアだったのか。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

そう言えば新世界通りの入口あたりにも「釜山港」がありましたね。看板から察するに海鮮系韓国料理店であろうか。釜山港というくらいなのだから、ヌタウナギや韓国では「犬のチ○コ」を意味するケブル(ユムシ)くらい食えればいいんですが…

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

気が付けばそこかしこにハングル文字が…ここは東京の新大久保や池袋や、ましてや錦糸町などではない。長野県という地方の、鄙びた温泉街の風景なのである。こんな田舎までもが外国人だらけになってしまうとは近年の日本はどうなってしまったのかとあんぐりしてしまう訳だが…

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

しまいには「韓国おみやげ」の店まで現れる始末。あれ、おかしいな…長野県に来ているはずなのに韓国土産店があるなんて…アイゴー…

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

ゴミ置き場までハングル表記という事はかなり韓国人の定住が進んでいるものと見て良いかも知れない。何度も繰り返すが新大久保か日暮里にいるような感覚に襲われそうになる。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

温泉街には付き物の浴衣姿のコンパニオンな方々の集団ともすれ違ったが、話している言葉は全員韓国語だった。まあなんとも韓国化で凄い事になってしまっている戸倉上山田温泉。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

勿論こんな温泉街が楽しくなるのは日が暮れてからに決まっている。夜12時近くに飲み屋街に繰り出すとまだまだこの通りの賑やかさである。ここは信州の不夜城か!しかし並んでいる飲食店は全て韓国系。屋号が日本風でも店員はほぼ例外なく韓国人。こりゃたまげた。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

せっかくなので、表で客引きのしつこい韓国人のアガシ(どう見ても40代以上)に引っ張られてとあるスナックにお邪魔した。そこには韓国人店員ばかりが5人も接客中。鼻の下を伸ばした常連ぶった碌でもないジジイをもてなしている。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

店のアガシ達(全員40代以上です)は全員日本語達者なので色々聞いたが、一人はソウルで一人は大田出身だという。話を聞いた2人ともバツイチで、韓国社会では女性は離婚すると社会復帰出来るチャンスが全くない。男女差別も厳しいし気候も厳しい。だから「そういう場所」に落ちるしかない。

日本の方が住み心地いいし、こういう場所でも働けるだけ有り難いからね、と身につまされる話を聞いた。我々も韓国で「そういう場所」を沢山見てきたので彼女らの事情は良く理解できた。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

ところでこの戸倉上山田温泉、2010年に訪問した時にも色々見聞しているのだが、この当時は「タイ人と韓国人」が主に居る外国人だと記憶していた。どうもこれも先の韓国スナックのアガシの話によると韓国人とタイ人の間で縄張り争いがあって、結局韓国が勝った。タイ人は居心地が悪くなって他の場所に行っちゃったネ、との事である。

長野県千曲市 戸倉上山田温泉

その後、同じ温泉街にあるどう見ても古いスナックの居抜きにしか思えないタイ料理店「マイタイ」で飲み直したが、我々の他にとうとう客が来る事は無かった。店主もやたらと暇そうである。日本人も知らない、地方の外国人コミュニティの縄張り争い、戸倉上山田温泉は今後さらに韓国化が進むのだろうか。


トップへ戻る