都市計画道路に分断された昔の那覇の盛り場「桜坂社交街」を歩く

<1ページ目を読む

30-222.jpg

国際通り方面からガッツリ道路造成工事が進んでいる桜坂中通りの片側に、古い居酒屋横丁がずらりと並んでいる光景が今でも見られる。とはいえあと数年するとこの景色も一変するかも知れない。マチグヮーの水上店舗といい農連市場といい、那覇の街中では再開発の手があちこちに迫っている。

30-221.jpg

桜坂界隈にあるスナック街の建物は全て戦後のもの。本土のものとは微妙に異なる琉球様式の建築をベースに、建物の表側がベッタリトタン板で覆われた奇妙な作りのスナック街。昼間は営業しているのかどうかも疑わしい佇まいだが、一応夜になると開いてるらしい。

30-227.jpg

まるで赤線の名残りを思わせるような佇まいだが、昭和の最盛期には街娼が路地に立ち、米兵を相手にしていたパンパンガールがひしめいていたとか。今では米兵向けの盛り場は本島中部から北側に行かないと殆ど見られなくなった。

30-228.jpg

なにやらマニアックな佇まいの飲み屋ばかりが片側に建ち並ぶ桜坂中通り。その途中には「バー エロス」と英字で書かれた如何わしい名前の酒場が…エロスな割には普通のバーらしいですけどね。シャッター閉まったままなので玄関周りが見えません。

30-229.jpg

その先はガッツリ道路工事の真っ最中というなんとも複雑な気分にさせてくれる光景が広がっていた。近いうちに平和通りの終端と繋がるようだ。

30-230.jpg

桜坂中通りから一歩中に入った辺りにはまだまだバラック酒場が手付かずのまま密集しまくっている。昼間訪れても殆ど店は開いていないが雰囲気だけはバッチリ濃厚だ。

30-231.jpg

酒場だけに限らずこんな所にラーメン屋さんまである。ベッタリと建物全体に貼られたトタン板が沖縄のバラック酒場の大きな特徴だな。なぜ沖縄だけこんな建築様式なのか不思議に思うのだが、やっぱり台風避けなんですかね。

30-232.jpg

さすがに衰退を始めてから相当年数が経っている事もあって路地裏の一角には建物が無くなったままぽっかり放置された土地も残っていた。バラック酒場の裏側が望める形になっている。

30-224.jpg

さらに隣の路地にも足を踏み入れてみよう。同じようにオンボロバラック建築に個人経営の小さなスナックが入居している。

30-223.jpg

スナックが数軒続いているその向こうは、悲しい事に殺風景なコインパーキングが広がっていて、これまた微妙な気持ちにさせてくれる。

30-245.jpg

とはいえ桜坂社交街は夜の街なので、念の為に日が暮れた後にもう一度街の様子を眺めに来た。ポツリポツリとスナック街のネオンが桜坂中通りを照らしている…が、非常にか弱く暗いネオンの光。うーん、寂れてますね。

30-246.jpg

常連客がそれなりに集まる桜坂のスナック街、正面には明らかにキャパシティの有り余った広いコインパーキングが暇を持て余していた。道路整備の影響もあって、街並みはどんどん無難で無毒なものへと変容していくのだろう。これも時代の流れか…

>3ページ目を読む


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.