日本一の短命県・青森の陰気臭い駅裏盛り場と「青森DX劇場」の廃墟を眺める

<2ページ目を読む

青森駅至近距離に広がる古川一丁目界隈の怪しい歓楽街を引き続き探索する。

再開発ビル「アウガ」の東側を南北にかすめる中央古川通り沿いに南へ歩いて行く。この界隈は空き地や廃屋となった土地がやたら目立っていて雰囲気が実に殺伐としている。

一方で中央古川通りを挟んだ東側には2009年にオープンしたばかりの豪華な立体駐車場を兼ね備えた「青森まちなかおんせん」が営業中。多くの利用者で賑わっている。

通りの両側で陽と陰が向かい合っているかのようだ。

青森駅方向から古川一丁目の歓楽街を通り過ぎると国道7号のだだっ広い車道を跨いで古川二丁目へと至る。ここから先は普通の住宅街になってツッコミどころもないので、引き返す事にする。

中央古川通りから一本西側の路地に入ると、またしても殺伐とした裏通りが昼間っから陰気臭い顔を覗かせていた。

廃屋や空き地に囲まれた胡散臭い雑居ビルに「ムーディーサロン メルシーハウス」の電飾看板が昭和臭漂うなまめかしさを見せる。他にも「ムーディーサロン」というフレーズを掲げた店が複数存在している。これは青森独特の名称だろうか、あまり他の地方では耳にする事がない。

こんな怪しいビルなのにその傍らが普通に一般市民の住居となっていてそのギャップが笑える。建物に負けないくらいボロ気味の玄関が最果て感を演出していて素晴らしい。

その向かいの建物はどう見てもパチンコ屋の廃墟か何かだが、大きく「アパート入居者募集」「月決め駐車場」の看板が掲げられている。

青森駅前でサロンやスナックが集中する古川一丁目以外には、少し離れた安方と本町にも歓楽街がある。冬は豪雪地帯にもなる青森ですもの、東京に出ていくか、そういう遊びで気を紛らわせるしか娯楽がないのか。表向きにあからさまな場所と言えばこの付近の街並みくらいしかないようだ。

路地をそのまま進むと角地にそのまんま居酒屋の「かど」があり、その隣にはクラブ「グランドスマイル」が棟続きになっている。ことごとく建物がボロい。これが青森の歓楽街クオリティなのか。

居酒屋「かど」を曲がるとこの風景に出くわす。両側には居酒屋やスナックに紛れてピンサロ、その奥には現在青森駅前で最強のバラック酒場として現役続行中の「第三新興街」の入口が見える。

この付近が「青森の夜の街」古川一丁目の真骨頂と言えるだろう。

17-130.jpg

しかし実際に夜になってやってくるとこんな感じです。暗過ぎて何がなんだか分からん。

17-135.jpg

「クラブグランドスマイル」のネオンサインは夜になるとこの通り。場末感全開過ぎる。

この裏通りで特に目立つのが「サロンピンクパンサー」の玄関口だ。最北の歓楽街らしく一生懸命華々しさを演出しようと使ったゲートが置かれている。

その「ゲート」にはなんとビール瓶が使われていたのだ。ゲートを取り巻くように38本。よく頑張って作ったものだと感心するばかりだが、別に電飾が取り付けられている訳でもないらしく夜に来てもさっぱり点灯していなかった。

よく見ると右側が一本分ビール瓶が割れて空白になってしまっている。

その隣の「スナック夜間飛行」も、ガムテープを切り貼りしたオリジナルの看板が東南アジアに旅行に行くと現地で見かける下手くそな日本語もどきみたいでシブイ。特に「飛」の字はかなり苦戦した様子が伺えるのが笑える。


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.