【カオス電波】沖縄・嘉手納弾薬庫地区の無法地帯マーケット「ベトナム通り」再訪(2022年版) 

本島中部

しばらく理由あって筆を取っていなかった事もあって読者の方々には少々ご心配をお掛けしたかも知れませんが、当方は至って健康そのもので何ら問題ございません。今後とも宜しくお願い申し上げます。

それで最近何をしていたかというと、また何か思い出したかのように飛行機で沖縄本島まですっ飛んでいた。どうもあの土地は数年おきにでも足を運ばないと気が済まない。そもそもの県民性なのか反ワクが多いのか何が理由か定かではないが本土と比べてもコロナ感染者率が抜きん出て多い沖縄に、コロナ禍に入ってから初めて足を踏み入れた次第である。

沖縄は今どうなっているのか

三年ぶりに行動制限が緩和された中で本土からの観光客もそれなりに増えていたようだが、那覇市内も、各観光地・リゾート地も、あれだけ街中を席巻していた中国人や韓国人の姿は殆ど目にする事が無かった。ただ夜の栄町市場は異様な程に活況を呈していた。その酔客の姿は殆どが若い連中か“無敵の人”風な独身男性だった。

案の定、連休明けになってから沖縄も含めて全国で感染者数が勢い良く伸びてきてしまっている。医療リソースの限られた島の病院の関係者各位にとっては、また暫く大変な毎日が続くのだろう。これからも人々はコロナウイルスのご機嫌を伺いながら、経済を優先するか安全を優先するか、面倒な舵取りがこの先ずっと続いていく事になる。しんどいですね…

またやってきたぞ「ベトナム通り」

それで今回お伝えするのは沖縄本島中部、沖縄市某所にある無法地帯フリーマーケット「ベトナム通り」の近況である。西成・釜ヶ崎にある“泥棒市”をそのまんま沖縄に持ってきたような感じのクソ怪しい場所だが、ここの事は既に11年前(2011年)に当サイトに記事をぶち上げていて、未だに検索サイトで上位に表示されている。

ベトナム通りの概要は当時の記事(上記リンク)をお読み頂ければ大体のところは把握して頂けるだろうし、今でも基本的には何も変わっていない。それでこの場所、実はその後も何度か足を運んでは様子を見に行っている。当記事では当該スポットの“おさらい”も兼ねて追加取材写真をもとに現在のベトナム通りの香ばしい様子をお伝えし、これまでベトナム通りを全然知らなかったという方も含めて、読者の皆様にさらにお楽しみ頂ければ幸甚である。

【有料配信記事】全文お読みになりたい場合は「note」の記事もしくは「codoc」の課金システムをご利用下さい。

【カオス電波】沖縄・嘉手納弾薬庫地区の無法地帯フリーマーケット「ベトナム通り」再訪(2022年版) |逢阪|note
しばらく理由あって筆を取っていなかった事もあって読者の方々には少々ご心配をお掛けしたかも知れませんが、当方は至って健康そのもので何ら問題ございません。今後とも宜しくお願い申し上げます。 それで最近何をしていたかというと、また何か思い出したかのように飛行機で沖縄本島まですっ飛んでいた。どうもあの土地は数年おきにでも足を...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました