【極左の最前線オキナワ】プロ市民軍団が座り込む名護市辺野古の米軍基地「キャンプ・シュワブ」ってどんなところだ?

本島北部

ここ最近、日本の隣国の状況について何かと物騒な話題が続いている。その物騒さのレベルも以前とは比べ物にならない感じがしてきている。ロシアはウクライナ侵攻を止めようとせず西側諸国に核兵器をちらつかせて威嚇を続けているわ、中国は我が国に対して挑発的な領海侵犯を頻繁に繰り返している。そして北朝鮮は日本海に向けて立て続けに長距離弾道ミサイルをぶっ放して、日本の領土の真上を飛び越してくる始末。

現在の世界を取り巻く情勢は、東西冷戦時代どころか、第二次大戦後以来の深刻な危機である。「平和」という言葉はもはや“脆く儚いもの”へと変わろうとしているのか。

米軍基地と共に生きる街・名護市辺野古の社交街「アップルタウン」

言うまでもない話だが、我が国における国防上の最重要拠点の一つが「沖縄」である。同盟国アメリカの庇護下にあって日本国内の7割の米軍基地および米軍関連施設が集中、面積の約15%を占めている沖縄本島は、反米主義の極左暴力集団や若い頃に学生運動を経験してきたジジババなどで主に構成される“基地反対派”にとっての活動拠点にもなっている。その最前線の一つが、普天間基地移設問題の渦中にある沖縄本島北部の「名護市辺野古」だ。

キャンプ・シュワブの名称は沖縄戦で戦死した一等兵の名から取られた

この辺野古には在日米軍海兵隊の基地キャンプ・シュワブが存在している。名護市の東海岸にあり、県庁所在地の那覇市からは北東に約50キロ離れている。この基地の沖合に、周辺地域が市街化を極め手狭かつ危険な状況となっている普天間基地の機能をごっそり移設するために現在も埋立工事が続けられており、基地のゲートの前などで反対派が“座り込み”の抗議活動を長く続けている事はよく知られている。

で、そんな辺野古の基地反対派の拠点「座り込みテント」前にやってきたのが、元2ちゃんねる管理人の西村博之(ひろゆき)。おフランス生活を続けている一方でしょっちゅう日本に遊びに来ている感じですが、ごく最近も“ニッポン漫遊記”を楽しんでおられるようで、この間まで北海道や青森に居たかと思いきやいつの間にか沖縄入り。去る10月3日にツイッターでこのような投稿をかまして、基地反対派を皮肉交じりに茶化してしまった。

ひろゆきさん「事実陳列罪で怒られました」 玉城デニー沖縄県知事がひろゆきさんの辺野古での画像ツイートについて「残念だ」とコメント|ニフティニュース
2ちゃんねる創設者・ひろゆきこと西村博之さんによる、沖縄県の辺野古でのツイート内容が現在大いに物議を醸している。10月3日18時頃、ひろゆきさんは座り込み抗議が誰も居なかったので、0日にした方がよくな…

左巻きのアッチ系界隈はこれに大反発。蜂の巣を突いたような騒ぎになっており、基地反対派が支持する玉城デニー沖縄県知事(先日の県知事選挙で再選)まで参戦し、ただの個人であるひろゆきの“意見”に対して全力で猛攻撃する始末。毎度の事ながらこの手の方々は意見を異にする人間が現れた時の反応が昔からの極左暴力集団のテンプレ通りだ。それにしても“爆釣”過ぎてオモロイな。

“座り込み抗議”看板前で満面の笑みを浮かべてピースサインをキメるひろゆき、早速素材化され“ネットのおもちゃ”になっている。2ちゃんねる開設から四半世紀近くにもなっていい加減オッサン化しとるのに、相変わらずインターネット界のトップアイドルの風格を見せつけてくれる西村博之。草生える。

本土人は漫湖公園の名称を笑うが、“へのこ”も男陰を意味する古語でもある

颯爽とインターネッツに楽しい話題を届けてくれるフランソワひろゆきがいる一方、我々も辺野古には幾度と無く訪れている。香ばしさ満点の基地反対派の拠点をウォッチしに行ったり、煤けた佇まいの辺野古社交街の様子を見に行ったり、そして年に2日間だけ基地内に入れるチャンスであるキャンプ・シュワブのフェスティバルにも足を運んだこともあった。せっかくひろゆきが当地に居座る胡散臭い“基地反対派”を引っ掻き回して世間の注目を集めている今、当方でも名護市辺野古、キャンプ・シュワブが一体どのような場所なのか、その様子でもお伝えしようかと思う。

【有料配信記事】全文お読みになりたい場合は「note」の記事もしくは「codoc」の課金システムをご利用下さい。

【極左の最前線オキナワ】プロ市民軍団が座り込む名護市辺野古の米軍基地「キャンプ・シュワブ」ってどんなところだ?|逢阪
ここ最近、日本の隣国の状況について何かと物騒な話題が続いている。その物騒さのレベルも以前とは比べ物にならない感じがしてきている。ロシアはウクライナ侵攻を止めようとせず西側諸国に核兵器をちらつかせて威嚇を続けているわ、中国は我が国に対して挑発的な領海侵犯を頻繁に繰り返している。そして北朝鮮は日本海に向けて立て続けに長距離...
タイトルとURLをコピーしました