【絶海の孤島】クレーンに吊られてエクストリーム下船!沖縄最東端「南大東島」上陸記

日本列島は狭い狭いと言われているが実のところは広大な自国海域を持った海洋国家で、我々が暮らしている列島から遠く離れた場所にまだまだあまり知られていないマニアックな離島が数多く存在している。冒険心をくすぐられる離島の数々だが、本土からの距離が遠かったり、または行ける手段が限られるなどで、難易度の高い離島というのがいくつかある。

Minami and Kita Daito-jima (Okinawa Perfecture) view from plane

その筆頭格は東京から南に1000キロ離れた小笠原諸島で、空路はなく週1便のフェリーで片道25時間半掛けないと渡れない、圧倒的に遠い島である。しかしその次に挙げるとするなら、沖縄本島から東に360キロ離れた「大東諸島」であろう。

当取材班は2013年3月に沖縄本島・泊ふ頭からフェリーに一晩揺られて、南大東島を訪問した。当記事ではこの島へ渡るために乗ったフェリーや“カゴに入ってクレーンに吊られる”、衝撃の下船方法の一部始終をお伝えする。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.