重化学工業都市・室蘭の旧市街地が寂れすぎて廃墟都市っぷりが半端ない件 

<1ページ目を読む

室蘭市 中央町

浜町商店街にある商業ビル「ギンヤシャンテ」もムロランコアと並んでかつての室蘭の繁栄ぶりを示すかのようにそびえているが、商店街に面した1階部分の店舗テナントはことごとく撤退、無残な姿を晒していた。

室蘭市 中央町

でかい赤リボンのオブジェがかえって寂寥感を漂わせているのだが、1階には食料品スーパーでも入っていたのだろうか。室蘭駅前の道路からまっすぐ歩くと浜町商店街に接する交差点上にあるこの場所的にもここが元々の一等地だったのだろうと推測する。だがそこに買い物客の姿はない。

室蘭市 中央町

しかもこのギンヤシャンテは地下街まであったようで、別の扉から地下へ降りる階段がある。「ギンヤ地下飲食街」の案内看板もあるが、そこには華やかさの欠片も存在しない。飲食街の入口とは思えぬ殺風景過ぎる階段。一応何軒か飲食店が商売を続けているようで、この状態でも閉鎖されていない。

室蘭市 中央町

「ようこそ、ギンヤシャンテへ」と書かれた看板もどこか淋しげ。それにしてもギンヤシャンテというネーミング、いかにも昭和な響きがしますよね。

室蘭市 中央町

そんなギンヤシャンテ地下飲食街の扉を出て道路を挟んだ真向かいにふと目をやると…なんだかとんでもないロケーションの路地裏飲食街が隠れている事に気づく。洋服直し屋の隣の幅1メートルにも満たない、あの雑草ボーボーの路地ですよ。

室蘭市 中央町

あまりに気になったので路地に足を踏み入れてみました。かなり荒れてますね。普通こんな状態になっていたら人もそうそう立ち入らなくなるものである。これで駅前一等地とは室蘭も相当寂れてしまったものだなと思う。

室蘭市 中央町

もう片方の路地は入口に蔦まみれの廃墟スナックがお出迎え。案の定というか、そこは相当ズタボロ状態の廃墟になったスナック店舗が乱立する異空間であった。

室蘭市 中央町

人どころか野良猫一匹すら歩いていないかつての盛り場が広がる。雑草がコンクリートタイルの隙間から生えていて、全く手入れされていない事が分かる。

室蘭市 中央町

路地を突き当たりまで行くとその先が二手に分かれている。ここいらの店は完全にオワコン状態なのは一目見て明らかだった。駅前一等地なのにこの怪しさはたまらん…昔はどんな連中が出入りしていたのだろう、この秘密の路地裏に。

室蘭市 中央町

突き当たりを右に折れると浜町商店街があり、室蘭やきとりの有名店である鳥辰本店の脇に出られる。あそこまで行けば人がいっぱいだけど、路地裏飲食街はすっかり棄てられた格好だ。「ジンギスカン やきとり おにぎり 二合半」の古めかしい看板が北海道の昭和を思い起こさせる。

室蘭市 中央町

ここに来て戦後の赤線地帯的なノリでしょうか。そこはかとなく香る戦後の匂い。古ぼけたスナック店舗の扉は鍵を掛けられ閉じられたままだった。

室蘭市 中央町

これはまた別のお店。扉がショッキング・オレンジな感じになっているのもなかなか。菱形の嵌め殺し窓も素敵なアクセントを添えていらっしゃいます。

室蘭市 中央町

逆に突き当たりを室蘭駅方向に進むとこちら側はまだちらほらと辛うじて生きている店がある。スナックピストン…何がピストンしているのやら。良い子の皆さんは室蘭が工業都市だからという事で解釈しときましょう。

>3ページ目を読む


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.