空知の繁華街・岩見沢市「三条遊郭」跡と三条小路、寂れた盛り場を歩く

<1ページ目を読む

北海道 岩見沢市

そんな三条遊郭跡地にすんごいそそられる佇まいの路地裏横丁を発見。こういうアプローチを見つけると思わずアンテナがびんびん反応してしまうんですが…

北海道 岩見沢市

「三条小路」と呼ばれるスナック街で、見ての通りスナック店舗のオンパレード。世代が変わっても街の役割はあんまり変わらない典型例だ。空知地方で指折りの盛り場、という事になる。

北海道 岩見沢市

三条小路の中を覗くと、短いながらも密度の高い盛り場の路地が堪能できる。こりゃたまりませんなお父さん!んまあ、途中から味気もないコインパーキングが広がってるだけなので、昔はもっと沢山店があったと思われるのだが…

北海道 岩見沢市

「スナックキャロル」のピンク色の透かしが入った看板から漏れる光が盛り場の路地を大人色に染めている。

北海道 岩見沢市

二階部分が前に張り出した古い路地裏飲食街にはありがちな構造の建物もあり。それにしても天井低すぎて頭ぶつけませんかねこれ…

北海道 岩見沢市

かなりオンボロ具合激しいようであるが、これでも現役だからまだ救いようがあるというもの。夕張なんかに行くと盛り場という盛り場はほぼ廃墟状態なので、それに比べれば気が休まる。

北海道 岩見沢市

余談だが、当取材班より先に岩見沢を訪問されている「古今東西風俗散歩」さんのレポによると、この付近に大正3(1914)年創業の老舗割烹「酔月」があり、炭鉱関係者の接待の場として昭和8(1933)年から当時のままの建物で営業していたのだが、2011年に旧店舗を閉店、建物は解体され、現在は近隣で新店舗が営業している。

北海道 岩見沢市

もう一つこの界隈には「祇園小路」という二階建ての飲食店街があったが、これはドカ雪で建物が壊れたせいで解体してしまったとの事で、現存していない模様だ。特に内陸部にある岩見沢は冬の積雪が半端無く、2メートル近くになる事もある豪雪地帯だ。古びて誰も面倒を見なくなった建物は年々壊れていく。

北海道 岩見沢市

三条小路がある一本北側のブロックも同様に高密度でレトロな飲食店街がある。三階建ての雑居ビルも使われてるのは一階だけですかね。夕張みたいに人口減少しまくっている訳でもないが、こうも盛り場に人が居ないとみんなどこに居るのかと思うんですが、やっぱり郊外のイオンとかですかね。

北海道 岩見沢市

店の名前はハイテンションでも店構えがすっかり廃テンションなので、掛けてあげられる言葉もございません。

北海道 岩見沢市

Dr.スランプアラレちゃんのニコちゃん星人のオマージュか知りませんがコンセプト不明の顔だけ人間キャラクターが描かれたウォールアートもあったり、やっぱりこの飲み屋街の方々はセンスがどこか変です。

北海道 岩見沢市

顔だけ人間マンの横を通り路地を抜けると唐突に現れる「第一中央市場」と書かれた建物。ここも見た目無人状態で、もはや市場として機能している様子はない。やはり普段の市民生活の場は郊外に移ってしまった模様だ。

北海道 岩見沢市

特定のアレ系な店以外はさっぱりネオン看板も灯らず闇夜に包まれてゆく岩見沢三条遊郭跡の飲食店街…夕張ほどオワコンじゃあないとは思うのだが、これは寂しい…そろそろ日が暮れてきたと思ったら、本当に真っ暗で写真を撮るのも難しくなってきた。…という訳で、我々も岩見沢を離れそのまま札幌まで移動してこの日の旅程を終えた。


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.