【ガチ秘境】沖縄県八重山の無人島でたった一人、全裸で暮らすお爺さんに会いたくて

2013年春、沖縄県八重山諸島を1週間の予定で回っていた中、西表島にも立ち寄った。観光客がこの島に遊びに来る目的と言えばカヤックだのトレッキングだの、自然観察・体験系の何かになるものと決まっているようなのだが、我々としては日本最南端の炭鉱として知られる「西表炭坑」の跡地と、無人島「外離島」にたった一人で自給自足生活を行っている爺さんに会いたいという願望しかなかった訳で。

この外離島(そとぱなりじま)というのは、広大な面積を持つ西表島の中でも島の西側、いわゆる「奥西表」と呼ばれる一帯に位置している無人島だ。この地へは東京から約2000キロ、那覇から約450キロ。那覇空港、石垣空港を経て、石垣島のフェリーターミナルから西表島に渡り、さらにそこからレンタカーを借りてここまで来たのである。人類の文明が及ばぬ、ただただ深い森が広がる、日本屈指の秘境だ。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.