熱田神宮目の前のバラック飲み屋街「神宮小路」と神宮前商店街 

<2ページ目を読む

神宮前商店街の途中の角から路地に入る。駅前に残る古びた住宅街やスナック街の背後、路地から見えない裏側の部分は航空写真で見れば分かるがみんな空き地になっているんですよ。気づかなかったけどやっぱり変な土地だわ。

商店街に背を向けていたアレな店の入口。名古屋という土地はどこを歩き回っても普通にこういう店があるので目のやり場に困りますね。

商店街裏手のこの辺一帯もさっきの神宮小路ほどではないが戦後のドサクサという言葉がよく似合う飲食街が残っていて素晴らしい。

熱田の場合「駅前一等地」「神社の前」という戦後のバラック街成立の二大要素が二重に絡んでいるのかも知れない。実際この駅前の一画は電波学園という工学系専門学校のビルを除いて殆どの建物が粗末な木造二階建て店舗ばかりで占められている。

穴あきブロックを玄関周りに多用しまくった何だか沖縄でよく見かけそうなタイプのスナック店舗。

どうにもやれた佇まいが目立つ町並みだが昔は賑わっていたんでしょうかね…

電波学園のビルがデカいので相対的にスナック街の建物がみすぼらしく見えてしまうという現象。どうも空き店舗も多いようで一部は歯抜け状態になっている。

既に廃墟化してしまった飲食店舗もあり。やはり遅かれ早かれ取り壊されて無くなりそうな場所だろう。

神宮前商店街を抜けるとそこには熱田区役所のご立派な庁舎がそびえております。JR熱田駅や地下鉄名城線神宮西駅も近くにあって「お便利です」。

商店街の入口にあるこの看板も商店街の寂れっぷりと同じくやたら時代遅れな感じがしていいですね。過ぎ去った昭和がいまだ濃厚にこびりついている、熱田神宮と対比すればある意味ダウナー系なパワースポットである。

JR熱田駅前交差点の角にも戦後のドサクサ気味な店舗兼家屋が一列に連なっている訳ですが、すぐ背後は熱田神宮境内、ご神域でございますよ。

交差点角に目一杯スペースを取ってどでかい広告看板を貼りまくるのが名古屋スタイル。景観よりもビジネス重視。よく見かけるんですが広告の種類が質屋とかそんなんばっかり。


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.