山陰の商都・米子の盛り場「朝日町」のごちゃっとした街並み (3)

まだまだ胡散臭い路地裏風景が隠れている山陰の盛り場・鳥取県米子市朝日町界隈を歩き回っていく。

飲食店街の街並みは朝日町を越えた先の西倉吉町あたりにも広がっている。どうやらこの辺が盛り場の南端にあたるらしい。右手には何か戦後の共同建築を思わせる特徴的な古い三階建ての飲食ビルがある。案の定空きテナントばかりなんですがね。



もっともそれらしい盛り場は旧加茂川を境目にして終わるのだが、さらに川沿いにもこのようなスナックや廃店舗が目立つ路地が隠れている。キリがないなあと思いつつ本能的に中に入ってしまう。

同じく車も通れない狭いスナック街の路地裏風景がもう一つ。まあだいぶ寂れてしまってますけどね。

やはり路地を抜けた先も飲食店街。さっきから来た道を戻ったり回り込んだり小一時間くらいウロウロしているのですが…

旧加茂川沿いは後回しにして今度は共同建築風のビルの裏手に回る。このへんも随分廃屋めいた家が多い。特徴的な赤い壁で覆われた飲食店。現役…じゃなさそうですな。

さらに廃業した飲食店がもう一軒。二階部分の板葺きの壁は半ば剥がれ落ちそうな姿を晒していた。周り全部駐車場用地に囲まれてここ一軒だけぽつんと残っているのだ。

目の前が随分がらんどうな駐車場用地になっているものの片側にまたしてもスナック街が連なっている。

そして駐車場を跨いだ向こう側からでかでかと「サンキュー」と書かれた看板が見えるのである。なにがサンキューだよと思ったけどどうもアレな店っぽい。

で、この店の脇から伸びる裏道に入ると…左手には小さなお稲荷さん、その奥にはまたまた怪しげな路地裏飲食街が隠れていたのだ。米子という街は奥が深いですな。

まるで戦後の赤線跡を思わせるような閉鎖的な路地に連なるスナック店舗。明治末期に成立したという朝日町の歓楽街だがその歴史の中には存在し得たかも知れない街並み…

さらにここから突き当たりの左右に狭い路地が連なる。左側を見ると…うわーキテますねえこりゃ。スナックラボンヌの看板がたまりません。

そして反対側の路地はそのまま先程紹介した森山小路とやらに繋がっているのだ。夜ともなればどうなる事やら。立ちんぼポン引きはおらんのか、それとも米子だけに妖怪が出てくるのか。少なくとも米子空港は妖怪に乗っ取られてますけどね。

廃なテンションを無駄に盛り上げてくれる空き地のトタン波板にスプレーで書かれた杜撰な不動産会社の広告。看板くらい用意せえよ…

ラボンヌの路地の先は貧乏臭い長屋の一般住宅で野良猫さん達の溜まり場となっておりました。この野良猫の多さは異常。それだけ人の手の届かない廃屋や路地裏が多く残っている事の証左であろう。

皆生温泉 るるぶグラフにっぽんの温泉
JTB
売り上げランキング: 696582
[鳥取お土産]鬼太郎まんじゅう (鳥取土産・国内土産)
RHトラベラー株式会社
売り上げランキング: 6059
The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.