【名古屋市】アルベルゴ上野とサシで勝負できそうな名古屋栄の伏魔殿ビル「○○ンマンション栄」

名古屋の中心繁華街・栄にも程近い広小路通の長者町交差点。栄駅と伏見駅の中間地点くらいの所にやってきた。

長者町と言えばこれ。名古屋を代表する繊維問屋街「長者町繊維街」ですよ。でかでかとしたアーチ看板が通りを挟んでいくつも並んでいてなかなかインパクトある訳だが残念ながら今回の目的地はここではない。この広小路長者町交差点近くにヤバいマンションがあると聞いてきたのだ。

そのヤバいマンションというのがこれ。一見普通のワンルームマンション風である。だが周囲はまるっきりオフィス街なのにここだけマンションなのでちょっと変ですわな。その名も「○○ンマンション栄」。名古屋の裏事情通の間では超有名物件。

さてさてその怪しいビルに近づいてみますか。平日昼間はオフィスマンが多い広小路通。いくら大いなる田舎と言われようが一応日本第三の都市ですからね。

スーツ姿がデフォルトの広小路通に明らかに不釣合いなニート風の兄ちゃんが突っ立っているチサンマンションの前だけが明らかに異質な空間。ビル内の店舗従業員か何かだろうか。

ここの何がヤバいというとマンションの個室が殆どソッチ系のお店と化している所だ。東京で言うならアルベルゴ上野とか新宿ダイカンプラザビルと似たようなもんだと思ってもらえれば間違いない。

ビルの入口周辺にもマッサージ店の看板が置かれている。オニイサンマッサージキモチイイヨ。こういう特徴もアルベルゴ上野にクリソツ。如何わしい香りがプンプンしてきていかんでかんわ。

さてやってまいりました「○○ンマンション栄」の入口へ。しかしなんでこのビルだけプチ九龍城砦状態になったのかよくわからんが、さしずめ分譲マンションで出したのに全く売れずそれならと風俗店に貸し出したらあれよあれよといった所か…と勝手な想像しておりますが。ちなみにこのマンション自体は1982年に建設されていて結構年式も古い。

まず玄関ドアを潜ると左側の壁一面に集合ポストと部屋の入居者一覧があるのだが、実はA棟とB棟に分かれているのだ。表から見るとさほど広くはないかと思ったが部屋数は100くらいある。でかい。

しかし入居している店の札がそのまんまソッチ系のお店のものになっていて笑いが止まらん。「懐かしの昭和ロマンヘルス・エロトピア」とか…その下の「としま」という店は年増専門でしょうかね。10室以上入居されてますよ。

この通り、正直我々の想像を上回る伏魔殿ぶり。殆どの部屋がソッチ系で占められている。東京でアルベルゴ上野とか見てきたけどさすがにここまで露骨じゃなかったし、あっちは表向きマッサージ屋とかが多かったぞ。

その右側にも店舗案内がありますな。こちらはA棟、8階以外は全部何らかの店舗が入っている。見ているだけでも栗の花満開状態なんですが、いっぺん燃えるゴミの日にこのビルのゴミ置き場を見てみたい気もする。

割と控えめに思えるけどそれでもヤバイ店舗ばかりのB棟。なんとかハーブとか書いてる店まである。いやそれ脱法でしょ。っていうかビル全体が無法状態。

そんな魔窟へ通じる道はこちらでございます。A棟へはこのビルのエレベーターをそのまま使えばいいが、B棟へは棟続きになっているとは言え表側からの入口はなく、全てこの廊下を通って行かなければならない。

B棟の建物は裏側に回った所の駐車場空き地から眺める事が出来る。A棟は11階建てなのにこっちは13階建て。この密集度は圧巻。伏魔殿もいいところだ。

なお100%ソッチ系の店という訳ではなくごく一部は一般住居用賃貸物件としてもお部屋が使われてます。よく見たらぽつぽつ洗濯物が干してある部屋が見えるよな。こんな物件を「学生さんにおすすめ!」とか書いてる不動産屋のサイトがあって笑ってしまった。あざといなあ。

この伏見-栄の間の広小路通というのは東京で言うならば丸の内八重洲、大阪で言うならば御堂筋淀屋橋ランクのオフィス街。こんな場所にそんなビルがある雑多ぶりがさすが糞味噌ごった煮都市名古屋ならではといったところである。


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.