ぼっけえ、きょうてえ…川の中州に双子の遊郭島…岡山市「中島遊郭」 

<3ページ目を読む

西中島町を離れ、島の南端に掛かる新京橋を渡って今度は東中島町へ渡る。西中島側から新京橋に入ると一旦橋を渡りきって回りこまなければならない。島へ入るスロープは東西片側にしか取り付いていないのだ。これは不便。東側から回りこむとせいぜい自転車までしか渡れなさそうな細い橋が東中島町に続いている。

東中島町へ入る。やはり雰囲気は元遊郭特有のそれ。もうほっといてくれ的な投げやりな空気に満ちた空間に古びた家屋が路地に向き合って並んでいる。

橋のスロープを降りた辺りにいくつか商店があった。しかしとても現役には見えず残念な事になっている。この商店の建物自体も元妓楼かと思わせる造りで、やたら気になってしょうがない。

それにしても向かいの店の狭小建築っぷりが素敵。新京橋へ出入りするスロープのスレスレに建てたようだが、この家では身体は縦向きにしないと寝れんな。

その近くにご立派な妓楼と思しき建築物が残っていた。例外なく現役で使われてなさそうでここも残念なのだがどう見てもガチだろう。コの字型の断面が月極駐車場になっていて2階部分がよく見渡せる。

ガチそうな元妓楼の表玄関。生活感は皆無である。主は既に居なくなってしまったのだろうか。

隣の西中島町よりも東中島町の方が若干島の横幅が広く縦の路地が2つある。それを繋ぐ横の路地には商店が数軒。お好み焼き屋も商売やってる様子ありませんね。

荒廃したあばら屋の玄関先に共産党ポスター。なかなか絵になる風景です。

西側の路地の角にある平屋建て、こちらも妓楼の趣き深い家屋である。

さらに先へ進んで新京橋のスロープ下にはもう一軒またまた廃屋と化したような妓楼があった。隣が空き地となっていて板張りが朽ちかけた家屋の側面が丸裸になっている。

この家屋の玄関口がこれまたいかにも赤線跡ですというデザインで素敵。くすんだ朱色が来訪者に哀愁の情を投げかける。四国に足を伸ばせばこのくらいのくたびれた外観で未だに商売を続けてる凄い場所があるけど、教育県岡山はすっかり下火のようだな。

役目を終えた街にもう用事はないと言わんばかりに捨てられた店舗跡はまだまだ続くよ。これは元理容室か何かでしょうかね。朽ちた店舗に煉瓦壁のハーモニー。

岡電の路面電車が走る島の北側まで行くと、何軒か飲み屋の成れの果てとなった建物が眺められる。殆ど廃屋と化しているか、もしくは年老いた婆ちゃんが庭先で暇そうに突っ立ってるかのどちらか。

住人が死ぬか引っ越すかで居なくなった土地から順番に行政による縄張りを示すフェンスが置かれて徐々に土地のお買い上げが進んでいるようだ。土地の事情はかなり異なるが、なんだか京都のウトロ地区大阪の樋之口町みたいな事になっていた。

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)
岩井 志麻子
角川書店
売り上げランキング: 23672
The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.