ぼっけえ、きょうてえ…川の中州に双子の遊郭島…岡山市「中島遊郭」 

<1ページ目を読む

旭川に掛かる京橋を渡るとその先にあるのが西中島町だ。こちらは同じ西中島でも胡散臭い風俗店が立ち並ぶ大阪の西中島とはえらい違いである。路地に入るともうその先がかつての遊郭。さすがに半分以上は普通の家に変わっているが、うらびれた雰囲気がとりわけ濃厚なのは、やはり現地でしか味わえない特有さがある。

まずのっけから元妓楼ですと主張せんばかりの木造家屋が現れる。お好み焼き屋の看板が2階から伸びているが、多分商売は辞めたっぽい。

かつての遊郭跡の建物もその多くはごく普通の民家として第二の人生を送っているのだ。遊女が顔を覗かせていたであろう2階の窓からは住民の洗濯物が出ている。

しかし一方で廃墟化して荒れるに任せる家屋も少なくはない。ここんとこは他の元遊郭の街でもよくある傾向だ。

例えば広島県大崎下島の御手洗地区のように遊郭だった歴史を逆に観光資源化する場所は例外的にあれど、大半の場所は歴史自体を無かった事にしようとする。ここ中島だって昔は遊郭でしたと書かれた案内看板の類は見て回った限りでは皆無だ。

壁が崩れて民家の中まで丸見えになっている廃屋まである。もったいないけどこれもまた土地の運命なのだろうか。悲しい色街やねん。

一見廃屋チックに思える民家もどこか怪しげな佇まいをしている。自転車置いてあるし、まだ住んでいるっぽい。これだけなら別にどうという話ではないのだが…

その家の玄関上には曰く有りげな謎の裸婦像が乗っていたのである。これは一体どういう事でしょう。元遊郭という土地の因縁と絡めて何か訴えようとしているようにも思えてならない。

西中島町のメインストリートの中程で左に折れると、妓楼が向きあう風情の濃い路地が現れる。大都会岡山は凄いな!

この辺なんか、日本DEEP案内的には街並み景観賞を与えたいくらいだ。渥美清主演「拝啓天皇陛下様」のロケ地に使われていた場所はズバリここ。しかも直球で「遊郭に遊びに行くシーン」だし。

元妓楼には「ふくだ」(『だ』は変体仮名)と屋号のついた料亭の玄関口が今も残っている。生々しくて艶めかしいですね。

この場所だけ売防法施行後から時間が止まってしまってました。遊女が化けて出てきそうな路地である。これが「ぼっけえ、きょうてえ」の世界か。

古典的な遊郭建築ばかりかと思ったがどうやらそうでもないらしく、戦後のカフエー風の建物も若干見受けられる。

ちなみに川を挟んだ東中島町からこの場所を眺めるとこうなる。土手の真ん前に連なる2軒の妓楼。風情があります。ちょっとだけ京都の五條楽園と雰囲気がかぶる。

そして何の因果か元遊郭の土地に掲げられた「ぶって姫」こと姫井由美子議員のポスター(しかも三連チャンで)。岡山市中区のご出身です。イコールスキャンダラスのイメージしかありませんが、あれだけ騒ぎになったのに本人も民主党も何食わぬ顔でそれこそ「ぼっけえ、きょうてえ」な話でございます。

そんな「ぶって姫」にお送りしたいメッセージ「ごめんなさい なかなか言えない いい言葉」

>3ページ目を読む

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)
岩井 志麻子
角川書店
売り上げランキング: 23672
毒姫―元婚約者が語る姫井由美子の犯罪と正体 (SUN MAGAZINE MOOK)
毒姫―元婚約者が語る姫井由美子の犯罪と正体 (SUN MAGAZINE MOOK)

posted with amazlet at 12.03.23
横田 育弓生
マガジン・マガジン
売り上げランキング: 65373
The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.