福山市入船町の飲食街「プレージャータウン」のオヤジギャグ具合が半端無い件

広島県福山市入船町、元々は遊郭跡で今でも現役の盛り場となっている界隈、我々はその一画にある飲食店街が目についた。

そこは長屋店舗が二組向い合って並ぶスナック街。福山市民の買い物スポットである「ポートプラザ日化」から道路を挟んだ向かいにある。見た所それほど変わった所はなさそうなのだが、ここも何だかオヤジギャグ満載で泣けてくるので是非ともご紹介したい。

2ヶ所ある入口に電飾看板がこれ見よがしに飾られている訳だが、その名も「陽気な楽しい街 プレージャータウン」。プレジャーではなく「プレージャー」である。福山弁で「プレイじゃー」と言うのと掛けてるんでしょうか。あはは。

そして入口にはどこか信濃町あたりで見たような三色旗が玄関口に掲げられている冗談パブ。どうやらニューハーフの店らしいですよ。三色旗が気になりますね。そうかそうか。

以前は冗談パブの玄関横に何故か卵の自販機が置いてあったのだが見当たらない。自販機の持ち主であるダイニングパブ「たべてGo卵」が撤退したのに伴い撤去された模様。全体的にここにある店、ネーミングセンスがおかしい。

プレージャータウン内部はやや殺風景な飲み屋横丁といった所か。ハコ自体は特筆すべき項目はない。ただのスナック街だ。

2つある通りは全長50メートル足らずで結構な数のスナック店舗が入り乱れている。若干潰れたままの店舗テナントもあるのだが…

しかしここにも怪しげな韓国エステが店を構えていたりして、なんだかアレな感じが漂っている。

ポートプラザ側に出ると目の前が幹線道路になっていて開放的な風景となる。こっち側の入口にはこれまた曰く有りげな24時間営業の託児所がある。スナック街の中にある託児所には毎度そそられる訳ですが。

それはいいけど、託児所の名前が「乳児ランド」ですから。しかもご丁寧に乳児の所に「ニュージー」とルビを振っている始末。「赤ちゃんが沢山いる国はどこ?」「ニュージー(乳児)ランド!」こんな託児所までオヤジギャグかましてどないすんねん。

玄関マットまで乳児ランドオリジナル仕様。福山では乳飲み子を抱えるお母さんも夜のお仕事に励んでおられるのでしょうか。ところで「幼児」の場合はどうなるんだ。

そんな乳児(ニュージー)ランドの磁場にやられてしまっているのかこの辺のスナック街も体を張ったギャグ丸出しのネーミングが目立つ。

スナックのママの叫び声だろうか「ハローキテェー」。某子猫キャラは著作権の問題があるので使われておりません。キテェーと小さな「ェ」がついている辺り必死さが滲み出ていていい。

そんなプレージャータウンは現在「テナント募集中」のようです。福山でスナックを開業したい方、ここで一発ギャグをかましてみませんか。

向かいのショッピングモール「ポートプラザ日化」は1999年にオープンした施設で元々は日本化薬福山工場の敷地だった所。プレージャータウンや入船町界隈のスナック街も工場の労働者向けの盛り場だったのだろう。現在も化学工場が多く立ち並んでいて非常にブルーカラーが濃厚な街である。


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.