宮崎ニシタチ・戦後のバラック市場「ショッピングセンター青空」

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

宮崎市の中心繁華街ニシタチの南側一帯にあたる上野町界隈は胡散臭さ満開のエリアだが、戦後の昭和25年に宮崎市で初めて開設された生鮮市場「ショッピングセンター青空」も存在する。

この界隈は宮崎の街中でも数少ない戦後の香りを残すDEEPゾーン。西橘通りのすぐ東側に並行している。こちらは恵比寿通り側の入口。住所は上野町ではなく橘通西二丁目。



一旦中に入ってしまえばそこは戦後の市場そのまんまタイムスリップ状態。大阪鶴橋の市場に雰囲気がよく似ている。来た日がたまたま市場の休業日だったのでシャッターが降りたままになっているが今でも宮崎市民(主に爺さん婆さん)の台所。市場の中からソープ街に抜ける路地に六番街なるマニアックな居酒屋横丁が隠れている。

昔は新婚旅行ブームに湧いた宮崎、その頃は観光客も多く訪れるような場所だったらしいが今では「廃墟?」と言わんばかりの寂れっぷり。古びた市場の建物はあちこち木造の天井や梁が剥き出しになっていたり風情に溢れております。

そんな市場の一角に置かれた「秋の味覚 くり」の貼り絵。いや、秋を随分通り越して今は夏なんですが。もしかしたら放置プレイでしょうか。

ただでさえボロ具合が凄いのに脇道に入るともっとキョーレツな光景が拝める。リアル昭和20年代。

市場の片隅に貼られた貸し店舗、貸し部屋の広告。オンボロ市場だが生鮮食料品店に限らず居酒屋やスナックも入居しているし未だに元気そのもの。貸し部屋は六畳一間で15000円か。

バラック市場の中「セレブ居酒屋」の看板を掲げる変な居酒屋発見。市場が休みの日だけどここだけ営業しているから目立ってしょうがない。どう見ても普通の居酒屋だけど3つある暖簾の右から「金持居酒屋」「中流居酒屋」「貧乏居酒屋」と書かれている。セレブなのかそうでないのかますます分からん。

…まあでも我々はこの暖簾から潜るかな。ちなみにこのセレブ居酒屋は朝から営業していて朝ご飯が食べれたり、それこそ朝から呑めたりも出来てしまう。

バラック市場の通りを抜けて南側に出る。青空ショッピングセンターとあるが中も薄暗くてどこが青空やねんと言いたくなりそうだが、実は以前は西側の上野町通りにもバラック市場があってそれもひっくるめて「青空市場」と呼ばれていたのだ。

なおさらレトロな外観が残る市場の南側。2階建てになっているがやっぱりこの上に人が住んでるんですかね。「格安貸家 コノ奥→」と書かれた看板もありますしね。

ちなみに上野町通りにあった青空市場はかなり前に撤去されて跡地には2004年にバージニアビーチ広場とかいう公園が出来ている。宮崎市とアメリカバージニアビーチ市との姉妹都市締結10周年という事で姉妹都市の名前をつけただけというお役人らしい安直なセンス。
さらに大成銀天街という宮崎で一番古いアーケード商店街もそこに面していたのだが肝心のアーケードも取り払われて現在は商店街だったのか判別出来ないくらい寂れている。上野町通り界隈はもはや取り残されたような一帯になっていた。

宮崎てげてげ音頭
宮崎てげてげ音頭

posted with amazlet at 12.08.03
水木大介
インディーズ・メーカー (2007-09-01)
売り上げランキング: 350210
本格芋焼酎 東国原 20度 900mL
本格芋焼酎 東国原
The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

スポンサーリンク
トップへ戻る