グルメ一覧

コンクリドラム缶を海に捨てた尼崎連続不審死事件の一家が愛した岡山県日生の名物「カキオコ」を食べる

岡山県備前市の日生港と言ったら牡蠣の養殖が盛んで、牡蠣入りお好み焼き「カキオコ」で地域おこしをしている街。兵庫県の赤穂と県境を接しており阪神圏からも手近な観光地になっている。瀬戸内の穏やかな風景と海に癒されに行くはずの平和な...

記事を読む

破廉恥都市名古屋のとんでもない寿司屋「丸八寿司」の寿司ネタが色々と酷くて旨い

名古屋が昔から「ジョークタウン」と呼ばれるのにはやっぱり訳があると思うんですが、それは独特な名古屋メシであったり、名古屋弁の言い回しであったり、文化がガラパゴス化し過ぎて変だという話題に尽きる訳でして、我々もたまにそんな名古屋に行きたくなる...

記事を読む

懐かし度数高すぎて悶絶必至!桑名駅前レトロビル「桑栄メイト」とドムドムハンバーガー

名古屋から近鉄の急行電車に乗って片道22分、木曽三川を臨み、「その手は桑名の焼き蛤」の口上で老輩方には有名な三重県桑名市は、三重県下で随一の名古屋のベッドタウンでもある。四日市ほど大きな街ではないが、駅前にはそれなりに商業施設も固まっていて...

記事を読む

日本一暑い街に偽りなし!「群馬県館林市」が本当に暑いのか確かめに行ってきた

今年の夏も異常気象かよと思うような勢いで、特に関東各県にお住まいの方々は連日の酷暑にうんざりな感じかと思われますが、我々はそんな中、連日「全国最高気温1位」を記録しているという群馬県館林市を訪れていた。本当に館林が全国一暑いのか、自らの肌身...

記事を読む

新発田市の謎の名物料理・シンガポール食堂の「オッチャホイ」って一体何なんだ?!

新潟県北部・下越地方の中心都市、新発田市にやってきました。古くは城下町で、戦前には大倉製糸新発田工場があり繊維業の街としても栄えた事がある。現在はモータリゼーションの影響で駅前商店街がグダグダのシャッター街と化している。

記事を読む

普天間基地、家具屋通り、アクターズスクール、唯一神…ネタ盛り沢山の宜野湾市大山

沖縄県宜野湾市、那覇からも近くベッドタウンとして人口過密地帯になっている地域だが、市域のど真ん中に米軍普天間飛行場があり、その周囲360度に市街地が取り巻いているという全国的に見ても奇特な街である。当然ながら今なお基地の街としての色彩が強い...

記事を読む

手作り感溢れるカオスな動物園で家畜と戯れる沖縄の休日 中城村「登又農園」

「沖縄の動物園はちょっと違う」沖縄滞在中、そんな言葉を耳にしてから気になっていた場所がいくつかあったので寄ってみた。動物園とは言っても、ちゃんとやっているテーマパークや公営のそれとは違う。個人経営している、地元民くらいしか立ち寄る事もなさそ...

記事を読む

元ドヤ街だった福岡市博多港・大浜の赤線跡と高菜コピペの店を訪ねて

こんな事を言うと熊本や鹿児島が気に食わなさそうだが、やはり九州を代表する都会なのが福岡県である。福岡市と北九州市という2つの政令指定都市を抱え、筑豊、久留米、大牟田など「一蘭」の豚骨スープばりに濃厚な街が目白押しのやばか県なのだが、東京から...

記事を読む

重化学工業都市・室蘭の旧市街地が寂れすぎて廃墟都市っぷりが半端ない件 

北海道室蘭市は道内西胆振地方に属する重化学工業都市。旧市街地を絵鞆半島の先端部に擁し、半島部に抱き込まれた内側の室蘭湾(白鳥湾)に室蘭港があり、新日鐵住金、日本製鋼所、JX日鉱日石エネルギーなどの鉄鋼、石油関連の大型工場地帯が形成されている...

記事を読む

沖縄初のドライブインレストラン!恩納村「シーサイドドライブイン」でチャプスイと黄色いカレーを食べてきた

沖縄は典型的な車社会で、返還前の昭和40年代から「ドライブインレストラン」なる業種の飲食店が郊外地域に誕生している。それはもちろん沖縄を占領していたアメリカの影響を受けてもいるのだが、日本本土にファミレスチェーン店が普及する前にこのような文...

記事を読む

キム・ヨナシチューに拷問マッサージ?!恩納村「マリブハウス」が何だか電波でヤバそうな件

沖縄本島北部にある国頭郡恩納村。国道58号に沿って東西に細長く続く道なりにリゾートホテルや別荘地が多数立ち並ぶ日本屈指のリゾートタウン。黒い疑惑で突然テレビ引退した島田紳助が一時期生活していた事もある土地でもある。おんな村に万座毛だのいんぶ...

記事を読む

ロシア語看板と廃墟スナック群、そして花咲ガニ…最果ての港・根室市「花咲港」を歩く 

北海道という土地を一度訪れたなら、最北端の宗谷岬と最東端の納沙布岬という2つの日本の最果てを目指すのは必然の事…という訳でやってきたのは日本最東端の街、北海道根室市。北方領土にも近い国境の街である。札幌から片道450キロあるんですが北海道っ...

記事を読む

東京スカイツリーに便乗しまくり!標高634メートル「弥彦山」に登ってツリーパフェを食らう 

ひょんな理由で新潟にやってきた我々、新潟という土地は先祖が新潟出身者だという人(関東ではやたら多い)が里帰りに行く以外、よその人間が観光目当てで行くような動機もあんまり見当たらなかったりする。せっかく新潟出身の田中角栄先生の力で関越道や上越...

記事を読む

そこは米軍基地の中のレストラン 嘉手納マリーナ「シーサイドリストランテ」

沖縄が米軍基地だらけになっているのは一見の観光客でもよく知られた事実なのだが、基地の中がどうなっているのか部外者が見に行ける機会というのは本土の横田基地や横須賀基地、キャンプ座間などと同じく年に数回あるフレンドシップデーなどの特別な行事があ...

記事を読む

絶海の孤島・南大東島唯一の集落「在所」で食べる幻の下痢魚インガンダルマの味 

那覇泊ふ頭からフェリーでまる一晩、沖縄本島から東へ360キロの絶海の孤島「南大東島」に渡った我々取材班だが、レポートの続きを書くのをすっかり忘れていた。島には一泊二日だけして同じフェリーで那覇にとんぼ帰りしただけの忙しい旅行だったが色々見ら...

記事を読む

石垣島「栄福食堂」 – 超個性派オヤジの店で食べる「トニーそば」と自家製ピパーチ

当サイト取材班は2013年春頃に沖縄県内に長期滞在していたのだが、前回(2011年)の訪問では沖縄の離島部の中でも宮古・八重山諸島に行けておらず、心残りだった。今回1週間の予定で行ける事になった訳で、特に石垣島は市街地の規模もでかく見るもの...

記事を読む

国頭郡本部町「伊豆味ドライブイン」 – うなぎが名物、店の天井を突き破る木、謎多きレストラン

沖縄本島北部の本部(もとぶ)半島と言えば「沖縄美ら海水族館」がある海洋博公園をはじめ今帰仁城、古宇利島などの観光名所が点在し、休日ともなると那覇方面から観光客が運転してくる「わ」ナンバーのレンタカーが大挙して押し寄せてくる土地だ。本部半島の...

記事を読む

名護市辺野古「イタリアンレストラン」 – 黒木メイサ御用達、座敷でステーキ、全然イタリアンじゃない街の老舗食堂

沖縄本島に多数ある基地の街の中でもとりわけその地名が全国区になってしまっている名護市の辺野古地区。普天間基地の移設先となっていてあれやこれや揉めておる訳で毎日のようにニュースで辺野古の地名が出るのだが実際に辺野古に足を運んだ人間はどれだけい...

記事を読む

スパゲッチの店「オーマイキッチンこも」 – 昭和33年築「岡ビル百貨店」3階に唯一残るレトロ食堂

今回やってきたのは愛知県岡崎市。徳川家康公ゆかりの地で八丁味噌の生産地、三河の中心都市で交通の要衝。名古屋の都心部から名鉄東岡崎駅まで片道30分くらいで来れる。一応ここが岡崎市の中心市街地に最も近い駅となる訳で、駅前はバスターミナルなどもあ...

記事を読む

NO IMAGE

小林市生駒高原「みやまどり苑」と日本一怪しい公園

霧島連峰の北東部に位置する宮崎県小林市、えびの高原から小林市街地に降りる途中の生駒高原の一角に何やら気持ち悪い佇まいのお食事処がある。「日本一猪料理」の看板の下に群がる奇妙な人形達を見て、素通り出来ない迫力を感じた。そこは「みやまどり苑...

記事を読む

トップへ戻る