廃墟と誰も居ない砂浜…鹿児島県最南端・寂れたリゾートアイランド「与論島」上陸記 

<1ページ目から読む <4ページ目を読む

百合ヶ浜に昭和のリゾート観光地の亡霊を見た(上)

与論島

次いでやってきたのは与論島で一番の観光スポットらしい「百合ヶ浜」という場所。ここはさすがに観光整備が行き届いていて駐車場や土産物屋などがあったりする。まあ、やっぱり肝心の観光客は誰も居ないんですけどね。

与論島

シーズンオフだからか知らんがさっぱり商売っ気もなさそうな土産物屋兼食堂。おおよそ昭和の時代からそのままのくたびれた建物で、ビーチリゾートらしいキャピキャピした要素が皆無なのがまた沖縄と対照的過ぎる。水着の姉ちゃんなんかどこにも居ませんよ。

与論島

それどころか周りの建物が相当酷い事になってる。殆ど廃墟しかない。海の家的レストランな佇まいの「EDEN」の看板を掲げた店の残骸。窓や外壁がボロボロに崩れてしまっている。やっぱり台風が来る度に壊されるんでしょうなあ。

与論島

玄関口も開いたまんまになってて中が丸見えになっていた。蔦も生え放題になってるし、廃業して結構年数が経過してそうである。調べてみるとどうやら昔「ディスコ」だった建物らしい。今でこそ老人しか居ない寂れた南の島だが、かつての観光ブームに湧いた頃の与論島には何軒も若者向けのディスコがあったそうで。

与論島

人々が消えた与論島に佇む、失われたエデンの園。与論のディスコでフィーバーしていたであろう世代も今では50~60代くらいになってるのか。隔世の感がありますな。

与論島

当時の若者観光客の無駄なエネルギーを受け止めていたであろう商業施設の成れの果てが他にもたっぷり廃墟と化して残されている。

与論島

場所は全然違うんだけど、かつて炭鉱町で全然人が居なくなった夕張の盛り場を歩いていた記憶と被る。言い方は悪いが「ゴーストタウン」という言葉が思い浮かぶ。

与論島

掘っ立て小屋のような店舗跡。ガラス戸越しに中を見るとカウンターや照明、使われなくなったかき氷機などが乱雑に置かれていた。

与論島

店舗同様古そうなかき氷機。「HB-250 Hatsuyuki CHUBUKOKI CO,LTD」の表記。

与論島

こちらもかなり大きめの建物。民宿だったのかそれとも飲食店かディスコか…

与論島

どの建物も全部廃屋になっていて凄まじい。年間15万人の観光客が訪れていた島だけにキャパシティが広かった事には違いない。

与論島

これらの廃屋も昔はバーとかディスコだったんだろうか。沖縄にお株を奪われて久しいこの島に往時の賑わいが戻る時は来るのだろうか…

与論島

百合ヶ浜の駐車場横にはキャンプ場らしきスペースも整備されている。ここも昔は観光客で賑わっていたのだろうか。今では屋根もぶっ壊れて荒れ果てていた。

与論島

一見廃墟しかないように見える百合ヶ浜の近くにも何軒か民宿がある。鄙びた佇まいの「民宿金久白濱荘」は現役営業中。長期滞在者向けにお安く宿を提供されているところみたいです。

>6ページ目を読む

The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.