東海・北陸

福井県

真冬に行けば鬱度もアップ!福井県を代表する鬱観光名所「東尋坊」とレトロ展望台「東尋坊タワー」

大雪の中北陸自動車道で金沢から福井県に抜けてきた。目的地は福井随一の観光地として名高いあの「東尋坊」である。日本海に面する断崖絶壁の景勝。説明しなくとも有名過ぎるので言うまでもない場所だが、東尋坊とは崖から突き落とされた悪僧の名前である。 ...
石川県

北陸最凶の珍スポット!親子二代の奇天烈彫像が洞窟にびっしりの「ハニベ巌窟院」が怪しすぎる件

北陸石川県で「珍寺」「B級スポット」という括りで調べるといの一番に出てくるのが小松市郊外にある「ハニベ巌窟院」だ。彫塑家・都賀田勇馬氏が開いた施設で水子供養などもやっている寺院の一種な訳だが、自ら制作した彫刻作品の数々を次から次へ並べまくっ...
石川県

【加賀藩遊郭の系譜】北陸の小京都・金沢市の隠れ家的花街「主計町茶屋街」

加賀藩が金沢の街に整備した遊郭のうち有名な3ヶ所、にし茶屋街+石坂(西廓)、ひがし茶屋街(東廓)は既に訪問を済ませ、これから行く所が主計町(かずえまち)茶屋街である。
石川県

【加賀藩遊郭の系譜】北陸の小京都・金沢市のイカニモ観光名所「ひがし茶屋街」

日本全国を旅行して出来るだけ訪れたいと思っている場所の一つに元遊郭や赤線といった範疇の街並みがある。戦後の売防法施行をもって近い将来必ず存在自体が抹消されてしまう運命を持つそれらの街並みを出来る限りこの目に焼き付けたいと思うからこそ向かうの...
石川県

【金沢市】雪国金沢・片町の壮絶バラック密集酒場「中央味食街」の衝撃

元青線だとか色々言われる金沢・片町の「片町新天地」界隈をうろついている訳だが、新天地商店街を過ぎたさらに奥の路地にとんでもないバラック酒場が潜んでいた。
石川県

金沢版新宿ゴールデン街?元青線だったらしい金沢市・片町「新天地商店街」を歩く 

複合商業施設「ラブロ片町」の裏手あたりに「片町新天地」という趣深い飲み屋街が広がっている。
石川県

【金沢市】北陸最大級の盛り場が広がる「片町」界隈を練り歩く(2011年)

金沢市の中心市街地「片町」にやってきた。折りしも冬のど真ん中に北陸旅行を決行した我々だが運悪く寒波の来襲を受け、昼夜を問わず金沢の街中も凄まじい猛吹雪だった。
石川県

【金沢市増泉一丁目】赤線建築が残る金沢の遊郭跡・にし茶屋街裏「石坂」を歩く(2011年)

「北陸の小京都」の名を持つ金沢で最も風情を漂わせる、いたって観光向きな街歩きスポットとして知られる3つの茶屋街。「にし茶屋街」「ひがし茶屋街」「主計町茶屋街」の全てを訪れた。
石川県

金沢・加賀藩主前田利家公を祀る「尾山神社」の真ん前に広がるバラック商店街を見に来た

金沢駅からとぼとぼ雪の降る中を歩いて百万石通り沿いに香林坊まで行く手前に、加賀藩祖前田利家公を祀る尾山神社がある。
石川県

【北陸の小京都】加賀百万石のイカニモ観光都市「金沢」を訪ね歩く(2011年)

「加賀百万石」「北陸の小京都」などと言うように金沢は日本有数の観光都市で、年がら年中大量の観光客がやってくるゆえ、とにかく人の目につく所は洗練されまくっているし、道を行き交うカップルには美男美女が多い。こんな田舎臭さのない地方都市も珍しい。...
石川県

航空自衛隊と建設機械メーカーの城下町・石川県小松市の旧赤線地帯「清水町」の怪しげな街並み

日本全国をあまねく巡ってきた我々の経験則からしても、「自衛隊のある街の盛り場は凄い」というのは確かである。思えば地方のよくわからない街の盛り場も色々行き尽くしたのに、その事に詳しく触れる機会も恵まれず、お蔵入りになってしまったネタもままある...
石川県

【KOMATSU】北陸の企業城下町「小松市」のレトロな中心市街地を歩く(2011年)

石川県小松市と言えば建設機械メーカーの小松製作所のお膝元だったり航空自衛隊小松基地があったり、松井秀喜選手の地元(厳密には郊外の根上町)だったりハニベ巌窟院があったり、金沢以外はてんで存在感のない石川県の中でも比較的ネタ豊富なエリアだ。工業...
石川県

北陸屈指の歓楽温泉街!「片山津温泉」の寂れっぷりをご覧下さい(2011年)

関西・東海圏からも高速道路で直結された石川県の加賀温泉郷は、気軽に訪ねる事のできる温泉地で、独特の日本海側の気候や文化が非日常感を盛り立ててくれる。当取材班もサラリーマン時代には幾度と無く会社の慰安旅行で連れて来られた事のある場所だ。
石川県

加賀百万石バブル遺産の残骸…加賀温泉駅前・旧「ユートピア加賀の郷」が凄くて酷い 

当レポートは2011年1月訪問時のもので、当時は「密教禅大本山豊星寺」という名前でしたが、現在所有者が代わり「観音院加賀寺」と名称が変わっているようです。施設は現在も開館しているようですが部分的に閉鎖されていてレポートで扱われている場所全て...
愛知県

大都会名古屋目前の秘境駅・定光寺駅前の廃墟旅館「千歳楼」がホラー過ぎる 

名古屋市街地の北東20キロ、ちょうどJR中央線で高蔵寺から多治見に至るまでの部分は、愛知・岐阜県境に跨ぐ広大な「玉野川渓谷」が広がっている。名古屋を代表する一級河川・庄内川の上流、春日井市民には玉野川とも呼ばれる事もあり、岐阜県に差し掛かる...
愛知県

春日井市・名古屋郊外の秘境駅「定光寺」にある発電用水路上ハウスが見た目に怖い

JR中央本線定光寺駅前、かつて「名古屋の奥座敷」とも言われた風光明媚な観光地、庄内川上流「玉野川渓谷」の風情は時代が過ぎても来た人間に「こんなに名古屋に近きゃあのに山ばっかりであり得んがや!でら凄いがね!」と思わず名古屋弁で言わしめん程の自...
静岡県

熱海の秘宝館行きロープウェイ前に大型ホテルや市営住宅の廃墟群が立ち並び地味にヤバイ件

かつて日本屈指の巨大温泉街として栄えた熱海市街地の寂れまくりの光景を散々目にして温泉街の危機を肌で感じてきた訳だが、我々は熱海名物の「熱海秘宝館」を目指そうと、市街地の外れにある熱海港を通りがかったのだ。
静岡県

寂れててもやっぱり温泉観光地の王道を行く「熱海温泉」旅行記2010 

日本各地を旅行する中で、やはり日本の独特な雰囲気を窺い知る事が出来ると思える特殊な場所が、温泉街だ。火山国の日本では古くから温泉と人が密接に関わってきたのだ。日本人と温泉は切っても切り離せない関係にある。 近代化に至り、昭和の時代になって...
静岡県

伊豆シャボテン公園に行ってアレそっくりのサボテン「珍宝閣」を見たけどあまりにクリソツ過ぎて放送規制ものな件

ツルッパゲ火山の伊豆高原・大室山が気になって登りにやってきた訳だが、大室山リフトの向かいで陽気なラテン系音楽を流しっぱなしの脱力系施設「伊豆シャボテン公園」も気になったのでついてに入場してみることにした。
静岡県

伊豆高原のツルッパゲ火山「大室山」に登る

2010年1月、温泉街・熱海への取材旅行を済ませた後に伊豆半島を回ろうという予定になっていた。熱海駅からレンタカーを借りて、伊豆半島を南下、その途中に別荘地として名高い「伊豆高原」がある。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました