【小山市】北関東DQN仕様歓楽街が広がる「小山駅前」が酷い件

<2ページ目を読む

21-144.jpg

JR小山駅西口から北側に入った城山町一帯は何の変哲もない住宅地に紛れて怪しげな店が乱立するカオスゾーンである。住宅地の中にいきなりこういった変な雑居ビルが現れて、でかでかと巨大な「女性専用フリーダイヤル」の看板を掲げているのだ。その違和感に驚くほかない。

21-145.jpg

怪しい雑居ビルは「会員制倶楽部テレクラてれ魔くん」でした。なんちゅうネーミングやねん…しかし大手のリンリンハウスとかそういうのじゃないのね。

21-146.jpg

この店舗を皮切りに続々と夜のお仕事系な怪しい店舗が姿を現す。昼間はひっそり息を潜めているが、これが夜になるとどうなるんでしょうね。

21-147.jpg

さらには明らかにピンク系の健康エステ屋さんまで現れだす始末。小山市のソッチ系の条例がどうなってるんだかわからんが、駅前から続く住宅街に広範囲にこうした店が点在している。宇都宮ですら何ヶ所かに固まっていたものだが。

21-148.jpg

さらに路地を抜けてJRの跨線橋が走る県道264号に出てくると、そこからが小山の「大人のゆうえんち」本領発揮だ。2階建てのピンクゾーンが道路の向かい側に広がっている。

21-149.jpg

キタキター(笑)サロンギルガメッシュないと。飯島愛がTバックだった頃のアレですね。このビルだけでも何軒かの店に細かく分かれていて、競い合うようにDQN丸出しの看板を晒している。

21-151.jpg

このビルはサロン系が多いらしい。まさに大人の遊園地と呼ぶにふさわしいネオン看板の嵐。出来れば夜に再び訪れて見てみたかったな。

21-155.jpg

おまけにセクシービームまで放たれちゃったら太刀打ち出来ません。昼間は営業していないらしく静まり返っているが、店と同じくらい怪しげなワゴン車が止まっていて殺伐感極まる。

21-150.jpg

建物右側は微妙に違法建築臭さを感じさせる野性味のDIY感溢れる外観が魅力的です。右奥は業者の倉庫か何かか知らんが建材類が積まれていて雰囲気が独特である。

21-156.jpg

JR小山駅から歩いて10分くらいの場所にあるので、公共交通機関でも無理はなさそうだが、やはり車社会が前提なので駐車場は広めに取られている。

21-154.jpg

地理的な話をすると小山市は群馬栃木茨城の北関東三県のちょうど中間地点にある。車に乗って三県のDQNヤンキーが遊びに来るには程よい距離なのだ。あと埼玉も忘れちゃならんな。

21-153.jpg

ここだけかと思ったら道路の反対側にまでピンクビルが建っているぞ。向かいの店舗に負けじとこちらもド派手な看板を掲げていた。どうなってるんだ小山市は。

21-152.jpg

しかも西口だけでこの勢いなのに、東口も結構凄いらしい。時間の都合もあったので東口の探索はまた次の機会だ。

21-157.jpg

近くのパチンコ屋の前にも巨大招き猫がこちらを見下ろして客引きしていた。

今回西口駅前のわずかな部分しか見ていない訳だが随分香ばしい物件が転がっていた。小山は我々取材班の中では北関東DQNタウン栃木県編では上位に食い込む事必至の街だ。栃木最強と言われるブラジリアンタウンの実情を含めて今後もまだまだ探索を続けたいと思う。


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.