【小山市】北関東DQN仕様歓楽街が広がる「小山駅前」が酷い件

<1ページ目を読む

JR小山駅西口のロータリーから、南側の脇道に入ると小規模だが居酒屋横丁のような路地が続いている。赤提灯ゾーンはDEEP案内の好物なので引き寄せられるように足を踏み入れた訳だが…

21-129.jpg

居酒屋横丁の入口には錆び付いたゲートが残っている。看板だけはいかにもな居酒屋の看板が取り付けられていて真新しいがゲート自体が結構古い。昔は横丁の名前でも書かれていたのだろうか。

21-130.jpg

しかし横丁自体はわずかに数える程にチェーン店系列のしょうもない店しか並んでいないので心の琴線に触れる事もなく素通り。その代わり横丁の路地裏には怪しい物件がいくつも潜んでいた。

21-131.jpg

アダルトアミューズメントパーク、ライブドットネット…なんじゃこりゃ?と思ったらピンク系のお店のようでした(笑)どうやら小山駅前は中心市街地の衰退とは反比例してこうした店の出店は活発らしく、西口東口ともに目立つ。

21-132.jpg

急に当方取材班のピンクアンテナが反応しだしたので周囲の雑居ビルを見回したら個室ビデオ屋にテレクラのような店まであるわ…

21-133.jpg

アダルトグッズの店も同じビル内にあるわで随分はっちゃけまくりな小山駅前の路地裏風景。そんなに遊んでばっかりで大丈夫か小山市民?

21-134.jpg

ピンクな雑居ビルの玄関口、2階へ上がる階段にもびっしりと怪しさが溢れている。スパイカメラなんか買ってどうするんだよ。

21-137.jpg

路地を抜け出して駅前の大通りに出てきて見直したら、こっちにも容赦なく怪しい店の看板がずらりと並んでいるではないか。

和風サロンおいらん小山店の看板は昔関東各地に進出していたキャバレーロンドンのデザインにどこか似ている。そして手前が武富士の店舗というのも笑える。

21-136.jpg

他にもキャバクラだのエステ店などが次々と転がっている。ソッチ系ではないまともな店と半々くらいだろうか。

21-138.jpg

小山ゆうえんちは潰れても大人の遊園地は健在なのですね、わかります。

21-139.jpg

ちなみに小山市は栃木県でも有数の工業都市。肉体労働者の娯楽と言えばパチンコと風俗である。

小山市では出稼ぎ外国人労働者、特にブラジル人の数が多いそうだ。群馬では伊勢崎や太田、大泉町。茨城では常総市水海道。これらを線で結べば北関東ブラジリアンベルト地帯の完成である。

>3ページ目を読む


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.