レトロに属する記事の一覧

仙台のバラック飲食街・壱弐参横丁の隣!「文化横丁」もなかなかオツな飲み屋街です

青葉通りから南側のサンモール一番町商店街に入ると、アーケードを外れた左側に文化横丁という飲み屋街がひっそり佇んでいる。

記事を読む

寂れまくり場末感全開で全然銀座らしくない「仙台銀座」が仙台駅近くにあります

JR仙台駅南西、南町通りと東二番丁通りの交差点南東角一帯に戦後のドサクサで作られたという飲食店街が残る場所がある。その名も「仙台銀座」。

記事を読む

映画「飢餓海峡」の風景、本州最北端の軍都!下北半島・むつ市「大湊」を訪ね歩く

存在自体が最果て感全開な青森県でもさらに最果ての土地が下北半島である。その島の形からまさかり半島とも呼ばれる。その下北半島の中心となる街がむつ市だ。 本州最北端の市となるむつ市の中心市街地は大湊と田名部の2ヶ所に分かれる。大湊は戦前から軍...

記事を読む

仙台市地下鉄東西線開通で便利になった「八木山」のベニーランドと朝鮮学校

青葉山・仙台城を抜け、都心にあるとはにわかに信じがたい断崖絶壁の竜の口渓谷を跨ぐ、自殺の名所とも言われる八木山橋(橋の下は高さ70メートル)を抜けた先には、仙台市民の遊び場として昔から馴染み深い八木山動物公園と遊園地「八木山ベニーランド」が...

記事を読む

日本一の短命県・青森の陰気臭い駅裏盛り場と「青森DX劇場」の廃墟を眺める

青森駅前、古川市場ののっけ丼に朝っぱらから舌鼓を打ち適度に食欲を満たした後は、古川市場のすぐ近くに今も残る歓楽街の様子を見に行く事にした。

記事を読む

明治時代の遊郭建築旅館「新むつ旅館」がある八戸市の遊郭跡「小中野新地」を歩く

毎朝早くから朝市で賑わう陸奥湊駅周辺から、新井田川を跨いだ反対側が小中野という地区である。

記事を読む

大都会名古屋目前の秘境駅・定光寺駅前の廃墟旅館「千歳楼」がホラー過ぎる 

名古屋市街地の北東20キロ、ちょうどJR中央線で高蔵寺から多治見に至るまでの部分は、愛知・岐阜県境に跨ぐ広大な「玉野川渓谷」が広がっている。名古屋を代表する一級河川・庄内川の上流、春日井市民には玉野川とも呼ばれる事もあり、岐阜県に差し掛かる...

記事を読む

寂れててもやっぱり温泉観光地の王道を行く「熱海温泉」旅行記2010 

日本各地を旅行する中で、やはり日本の独特な雰囲気を窺い知る事が出来ると思える特殊な場所が、温泉街だ。火山国の日本では古くから温泉と人が密接に関わってきたのだ。日本人と温泉は切っても切り離せない関係にある。 近代化に至り、昭和の時代になって...

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.