瀬戸物の町・瀬戸市のレトロアーケード街「せと末広商店街」と激渋な路地裏風景

<1ページ目を読む

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

さらに末広商店街の中を進むと…なにやら只ならぬ佇まいの元旅館が現れて目を引く。昭和レトロとか言ってる場合じゃありません。ここ「松千代館」は大正時代に建てられたものらしい。玄関に貼り付けられていた案内によれば、当地に「末広町」の町名を付けた歴史のある老舗旅館で、その前身は蹄鉄屋だったとか。昔は焼物を積んだ馬が通りがかる馬車道だったそうだ。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

そしてここも当然ながら現役ではない。二階部分にある看板や、愛知県や岐阜県の古民家では割とよく見かける「屋根神様」もそのまま残されている。銀座通商店街にある原田写真館の建物同様、時々イベントスペースとして開放される時があるので、その時でなければ中を見る事はできないだろう。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

屋根神様の辺りの軒下には行政書士事務所と思われる古い看板も残っていて、「青寫眞」といった字がわざわざ旧字体だったり色々と古い。旅館が現役だった頃は、瀬戸物を買い付けに来た遠方の商人がよく使っていた宿だそうで、交通網が弱かった頃は名古屋から瀬戸に来るのも泊まりがけだったという事か。時代の流れで消える宿命であったのは間違いがない。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

末広商店街の東側には食品市場らしきものが僅かに残されていて、「ライオン食品センター」という名前が付けられている。なぜにライオンなのか不明だし、手前の通路には中日ドラゴンズの旗が掛かっている。ドラゴンなのかライオンなのか今ひとつはっきりしないが、市場の入口でドアラ君の視線を感じる。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

この市場の手前の通路は「スエヒロ横丁」という名前らしいっすね。丼物・めん処、鮮魚と鰻、惣菜・弁当、野菜・果物、持ち帰り寿司…ここぞとばかりに食い物関係の店が揃っているようだが、ここで書かれている店が全部開いている様子はない。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

末広商店街東側の終端部。アーケードを抜けた先にも肉屋とか花屋があって、このへんは割と現役っぽい。店の人が忙しそうに動き回っているのが見える。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

商店街を出てすぐ南側の路地に入る。脇道に入るとすぐに坂道だったり曲がりくねっていたりするのは山がちな土地を無理くり市街地にした名残りで、こういう路地は無駄にわくわくしませんかね。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

路地のカーブを過ぎた辺りのところに三階建てのやたら立派な木造家屋がデーンと現れるのでこれは何だと思ったら「ゆ」の看板が残ってるし玄関扉が二つ付いているので、これは銭湯だと見た目にも分かる展開でした。焼物の街の土着銭湯「蛭子湯」…だがこちらも現役ではなかった…

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

隣の多治見市にあった「多治見温泉」といい、焼物の街の古い銭湯って何故か立派で激渋なんですが、どちらも入る事ができないというこの「生まれてきた時代を間違えた感」のジレンマ。でも瀬戸市には「日本鉱泉」という昭和6(1931)年開業の激渋銭湯がまだ生き残っているそうなので、お風呂に入りたくなったらそちらへどうぞ。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

そんな「蛭子湯」を遠目に眺めながら路地の手前の五つ辻まで下がると、この光景が。どう見ても昭和です本当にありがとうございました。蛭子湯の煙突や古びた木造家屋の数々が廃クオリティでたまらん。手前の「お子様の店八千代」も気になるが、駄菓子屋とかだったんでしょうかね。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

蛭子湯の前の狭い住宅密集地帯の路地を抜けて、末広商店街のアーケードに戻る事もできる。「八千代」の角から中に入っていくと、やがて車どころか、名古屋風に言うところのケッタマシーンですら通行困難な道幅に変わる。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

しまいには民家の軒下を通る羽目になってしまいます。この民家ですらよく見れば廃屋?と思うようなアレな佇まい。むしろこの界隈は過疎化し始めているのでしょうか。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

お向かいの家同士軒下がくっつきそうな程狭い路地を抜けると末広商店街のこの場所に出る。これは地元民でなければ気付かない「裏道」である。昔は風呂上がりの客なんかが道を譲り合いながら行ったり来たりしてたんでしょうかね。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

深川神社参道前の幅広道路沿いにも乙な佇まいの廃墟薬局なんかが立ち並んでいて素晴らしい。佐久間薬局と屋号が見えるこちらの薬局も何年前までやっていたのか定かではないが、シャッターや庇のあたりがボロッボロに朽ち果てている。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

店と母屋に分かれている薬局の建物自体もかなり風化が進んでいてモルタル葺きの壁も大きな亀裂が入っていて、そのうち地震か台風で崩落しそうな勢いだ。街が寂れるという事はこうなるという事で、名古屋から目を鼻の先だと思えるこんな場所でも地方の衰退っぷりを見せつけられた気分だ。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

その向かいの「焼肉金福」の建物も、焼肉屋単体としては大きなもので、昔はさぞかし窯元労働者の栄養供給源として生き生きしていたのだろうと想像するが、今見るとお金が無くて建て替えもできないボロい朝鮮学校の校舎みたいな風貌で何ともアレな感じだが、ここはまだ現役ですので、焼肉なら食べられます。良かったですね。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

隣の多治見市同様「焼物の街」という古い産業構造に依存してきた街が寂れているという現状を見られるという意味では街歩きのしがいがあった瀬戸市の中心市街地。夜ともなると全く人通りが無くなり不気味にすら思える。名古屋栄から片道30分ちょいで見られる景色です。


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.