うっかり私有地に道路を作って泥沼化!平成の関所「波崎シーサイド道路」の私有地問題 

鹿島臨海工業地帯などで知られる茨城県の南東部、利根川河口の銚子港をのぞみ、鹿島灘に面して大きく角状に出っ張った先端部に、波崎という街がある。現在の波崎町は神栖市の一部となっているが、この波崎の街を鹿島灘沿いに縦断する「波崎シーサイド道路」...

記事を読む

伝説の泡沫候補「羽柴誠三秀吉」の本丸・小田川城を攻略してきた 

青森・金木町の名物と言えば吉幾三や太宰治ばかりではない。日本各地の選挙に立候補してきた選挙マニアで豊臣秀吉の生まれ変わりであると自称する羽柴誠三秀吉が城を構えているのもここ金木町なのだ。 金貸しで大地主にのし上がった太宰の父・津島源右...

記事を読む

あの世に思いを馳せる場所…津軽霊場「川倉賽の河原地蔵尊」 

青森県をはじめとして東北各地で独特の地蔵信仰が盛んである事は以前の恐山でも窺う事が出来た。しかし現実の恐山はあまりに観光地化し過ぎていて、三途の川の前で記念写真を撮ったり恐山アイスを食ったり温泉に浸かったりとかなり俗っぽい一面もある。

記事を読む

青森のアンダーグラウンド地帯!青森駅前「第三新興街」があまりにドサクサバラック過ぎた

青森駅前の繁華街は長らく戦後の闇市の名残りが続いていた光景が見られていたのだが、再開発ビルの建設などで駅から見える部分はかなり小奇麗に変わってしまった。しかし駅から南に徒歩3分程度の場所にある「第三新興街」という飲食街では、未だにバラック酒...

記事を読む

【八戸市】青森県唯一の八戸マノン劇場がある「本八戸駅」周辺の廃れた飲み屋街

現在、東北新幹線が繋がっている八戸だが、その八戸駅というのは市街地の外れに建っていて、実際の八戸市街地に行こうと思うと約5キロ程離れた本八戸駅付近まで電車かバスで行く必要がある。

記事を読む

【仙台市】東北地方最大の歓楽街「国分町」を歩く

杜の都・仙台にやってきて、仙台で最大の歓楽街はどこかと言われたら「国分町」しかない訳なのである。そこはあらゆる夜のお店がここぞとばかりに密集する東北最大の解放区。

記事を読む

【仙台市】杜の都仙台の繁華街・国分町にそびえるゴージャス建築「凱旋門ビル」

東北地方最大の歓楽街である仙台市国分町。夜の街だからこそ華やからしさを求めるものだが、数ある飲食店ビルの中には奇抜すぎてぶっ飛んだ珍建築ビルも存在している。

記事を読む

【仙台市】杜の都仙台の胃袋を支える国分町「稲荷小路」の飲食街を歩く(2010年)

地元民には「ブンチョー」などと呼ばれるらしい、仙台を代表する繁華街「国分町」の入口は仙台駅から広瀬通に沿って西に徒歩10分少々の場所だ。国分町通りを中心に東一番丁通、広瀬通、定禅寺通、晩翠通に囲まれたエリアが国分町の歓楽街となる。

記事を読む

東北最強バラック飲食店街の集大成!仙台市「壱弐参横丁」のオンボロレトロ具合が凄い件

JR仙台駅から徒歩10分、青葉通りから東北大学方面にサンモール一番町商店街を南下すると左手に現れる巨大バラック建築、通称「壱弐参(いろは)横丁」。 全長約120メートル、2つの通路に4列、約100店舗がひしめき合うバラック市場の成り立...

記事を読む

仙台城直下のゴーストタウン!川内追廻地区の引揚者住宅群を歩く 

この記事で紹介されている仙台市追廻地区は現在立ち退きが完了し地区内に入る事が出来なくなっています。当レポートの取材は2010年5月当時のものです。ご了承下さい。 青葉城とも言われる、かつて伊達政宗公が築き上げ、代々伊達家の居城であった杜の...

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. Secured By miniOrange