絶海の孤島・南大東島で観光客が寝食と足を確保する為のあれこれ

旅行者が上陸するまでにも既に大変な絶海の孤島・南大東島だが、そこは人口1400人余りの沖縄県島尻郡南大東村という自治体に属している地域だ。逆に言えば1400人が暮らしているだけの島なので、生活に必要な供給源は限られており、主要な店舗は全て島唯一の「在所集落」に集まっている。観光客を受け入れられるホテルも数える程しかないし、昼飯や晩飯を食べる所も限られる。島に来てから困らないように、そのへんの事情について話したい。

南大東島 ホテルよしざと

まず、南大東島における宿泊施設で、一般的な基準で言う所の「ホテル」と呼べるものは「ホテルよしざと」という施設しか存在しない。在所集落のど真ん中にあり、島のランドマーク的施設の一つになっている。ホテルの建物もなんだか威風堂々としている。かの皇太子殿下夫妻も南大東島へ来られた時、ここの特別室にてご宿泊されたという非常に由緒正しきホテルでもあるが、決して高級ホテルなどではない。

南大東島 ホテルよしざと

ここは島内最大級の宿泊施設で、本館と新館は一般的なホテルと同水準の設備が揃っている。とは言え家族経営の宿なので、館内には経営者家族の生活スペースも隣り合っていて、子供の声なんかが聞こえてきたりする。沖縄の離島ならではのゆるゆるな雰囲気だ。

受付ではレンタカーの貸し出しも行なっているので、面倒な場合は宿と足の確保も一度に済ませる事が出来る。場所も在所集落の中心にあり、徒歩で周辺の飲食店にも出かけられる。ただ、離島価格なので結構高くつく。本館に2人1泊(朝食込)とレンタカー24時間で、22000円も請求された。なお、レンタカーの確保は「よしざと」以外にも何ヶ所かあるようだが、交通便を考えると結局ここで借りてしまった方が楽かも知れない。村役場にでも聞けばそのへんの情報は仕入れられるだろう。

南大東島マップ

ついでに「よしざと」のロビーで島の地図を入手しておくといい。南大東島は想像以上に広いので、間違っても出費をケチってレンタサイクルを借りたりしない事。よほど体力に自信がなければ、折れます。逆に1人旅ならバイクで充分。レンタカーは24時間借りれば島の主要な見所は全て回れる。

南大東島 ホテルよしざと

本館はまるで入院病棟のような殺風景な佇まいだった。まあ、過度な期待はしない事だ。部屋自体も非常にシンプルで、本土の低価格ホテル並みの感覚である。朝食は新館4階まで移動して食べに行く事になるが、この4階の食堂からの島の眺めは必見である。何故なら周りにホテルよしざと以上の高さを持つ建物が存在しないからだ。

また、系列ホテルに民宿よしざと、吉里別館が併設されているが、こちらは長期滞在者の作業員風の男性客が多く、まるでドヤ街のような様相を呈している。無料で使える洗濯機もあるにはあるが、作業員に占領されがちでなかなか使う事ができないので注意。

南大東島 サザンクロス

もし「ホテルよしざと」以外の選択肢を選ぶとするなら、同じ在所集落にあるこちら「プチホテルサザンクロス」が次点に挙がってくる。ここは素泊まり専門だが全室個室(シャワー、トイレは共同)で、一泊3500円程度で泊まれるようだ。なお、よしざととサザンクロスの二軒は南大東空港や西港から送迎がある。

南大東島 きらく

あとは最近できたらしいコテージタイプの「KIRAKU」という宿もある。殆ど観光客を意識した宿が島内に無かった中で、ここだけはリゾートっぽく意識して作られている。宿代は2人で1泊1万超えらしくそれなりに高い。

南大東島 民宿金城

もう一軒、在所集落には「民宿金城」という宿がある。南大東島にはよく見られる非常に野趣溢れるトタン家屋で一泊2500円で泊まれた安宿だったのだが、台風に被災して建物が一部損壊した事を理由に、民宿としての営業を休止してしまっている。もしここが開いていたら絶対泊まっていたのに…

南大東島 ピットイン新城

ちなみに在所集落を離れても良ければ空港の裏手あたりにも「ピットイン新城」という安宿があるので頭に入れておこう。1泊2食付きで5000円、素泊まりの場合は2000円で現状島内最安値。外塀に直接手描きの看板がずらり、「ソーカの故里」などと書かれているがソーカとは決して某宗教団体の意味ではなく大東諸島の方言で「月桃」の花を意味する。しかしなかなかマニアックな外観である。

>2ページ目を読む


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.