東海地方最大級の遊郭跡・名古屋「中村遊郭」の絢爛豪華な妓楼と街並み 

<3ページ目を読む

中村遊郭は先述した通り、廓の中を外部から見せなくする為に遊郭の入口を四隅に置いて、入口の部分だけ街路を斜めに配置していた。東京の吉原遊郭入口にもある衣紋坂のS字カーブと全く同じ役目を果たしていた訳だ。

で、吉原の衣紋坂と同じようにその斜め道路は平成の世となった現在でもくっきり残っているのだ。これを見ない訳には行かない。という訳で今度は遊郭跡の外周部分を少し見て行く事としよう。

まず遊郭の南東隅から。確かに斜めになっている道路から見ると遊郭の中の通りが全く見えないのが分かる。よく考えて作ってるよなあ。突き当り正面に見えるのは廃業した特殊なお風呂屋さん「三角荘」。

ここを東西に並行するのは賑町通りとなる。戦前の遊郭建築が数多く残る中村遊郭でもこの通りを中心とした賑町のみは戦災が激しかったので、あまり情緒は残っていない。遊郭建築を買い取って自宅にしている粋な院長が経営する鵜飼病院などがある。

廃業店舗である「三角荘」の店名が残るのは近くにある駐車場だけ。戦後もずっと名古屋随一の色街と言われた中村遊郭も往時の勢いは見当たらない。名古屋の盛り場もすっかり東側にシフトしてしまい名古屋駅の新幹線口から西側というのは取り残されたような街並みばかりになっている。

遊郭の外側へ抜ける路地には現在も古臭い飲食店が数多く残されていて何とも風情に満ちた空間になっている。この辺も中村映劇という成人映画館があったり胡散臭さ全開なので後で見て回る事にする。

遊郭東側の街路を北上。ほったらかし状態の駐車場は中村区では何店舗かあって有名な「焼きとんかつオゼキ」の駐車場。なんか放置されて廃墟っぽくなってるけど…

かつての遊郭の外れは住宅地化していたり、ちらほらスナックがあったり、古臭くなって商売っ気の欠片もなくなったようなビジネスホテルなどになっている。

ピアゴ中村店の東側に通ずる通りには空き家となった元妓楼が一軒。なんだか惜しい事になっているが有効活用しようと思うと旧松岡旅館や料亭稲本みたくやっぱりデイサービスセンターにでもなるのか。

こちらは某特殊なお風呂屋さん。玄関脇には愛知県なんとか浴場協会員の文字。地元の子供はこの店を見て「レージョプールってどんなプールだ」とか疑問に思いながらすくすく元気に育って行くんでしょうな。

すっかり寂れたスナック街の背後にはマンションがそびえている。それにしてもこんな所に山小屋が。名古屋の山は喫茶マウンテンだけじゃなかったようだ。

スナックの他にも地元民向け喫茶店が何軒かあって中日新聞を読みながら煙草をふかしてる名古屋式朝の過ごし方。もちろん車はそのへんに路駐。

近頃首都圏や関西にも増殖中のコメダ珈琲店は食傷気味にも思えるのだがマジな名古屋の喫茶店ってこういう店構えだ。まず禁煙店は皆無と思って頂いて間違いない。

渋すぎる店構えだわ、喫茶ロビン…ちなみに名古屋都市圏の喫茶店は基本的に朝が凄く早い。そして必ず中日新聞と中日スポーツは置いてある。あとモーニングに茶碗蒸しとかあれこれ付いてきて異常なのは名古屋市内よりも一宮や岐阜の方だ。

名古屋の喫茶店へのうんちくを垂れながら遊郭の北東隅へ。ここも道路が斜めに走ってる。角にはこれも転業旅館の成れの果てか「ホテル太閤」なるお宿が。太閤というネーミングが既に名古屋臭全開だがどうしようもない場末感だなこりゃ。

そんなホテル太閤の真向かいも胡散臭げな飲み屋街が廃墟化して残っております。ひたすら哀愁しか漂ってこない中村遊郭跡の街並み。まだまだ見所はあるが長くなりそうなので一旦締めさせてもらう。


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.