マジな門司港レトロはここにある。「門司港栄町銀天街」とその周辺の街並み

<1ページ目を読む

北九州市 門司港

栄町銀天街から一本東側を並行する通りが同じくレトロ感満載な飲食店街になっている。その路地の入口角にそびえるいい感じに古びた中華料理屋の建物がですね…壊れかかってますよね、はい。

北九州市 門司港

「建物危険 通行注意」の看板とバリケードで遮られた店舗の看板には「朋友」という中華料理屋の年季の入った看板があった。「中国酒 豚足・耳 専門」という表記もそそられます。やはり国際貿易港だった門司港、プチ長崎的な異国情緒も感じられるのだ。

北九州市 門司港

錆とカビでメタクソに色褪せまくりの「大衆中華 朋友」のテント看板も良い。ちょうど業者が工事に来ていたので、もしかしたら解体されてるかなと思って当地のストリートビューを見たのだが、養生用のネットが被せられただけで、まだ建物自体は残っているようだ。

北九州市 門司港

で、肝心のお店はすぐ近くの場所で気分一新に営業してらっしゃるので、豚足が食べたくなったら駆けつける事もできるようで、よかったですね。

北九州市 門司港

中華もあれば朝鮮もニダアルヨ。関釜フェリーもビートル号も割と近い北九州ならでは、本場半島の焼肉屋さんもアルニダネ。

北九州市 門司港

そんな焼肉南大門が入っている建物も、中央に通路がありその奥が飲食店街になっている。栄町銀天街の裏手は門司港きっての盛り場というわけですか。

北九州市 門司港

昼間でも薄暗く若干寂れた佇まいながらも要所要所は抑えた店が立ち並ぶ有楽街。こういう場所は夜来た方が楽しいんですが、スケジュールの都合で夜まで門司港に居られなかったので、まあしょうがない。

北九州市 門司港

さらに、栄町銀天街と裏通りとの抜け道になった形で「味の名所 有楽街」というイカしたスナック横丁がひっそりと残されている。こういう場所を見つけると小躍りしたくなるのが人情だ。

北九州市 門司港

こんなマニアックな佇まいのスタンドバーがあったり。こういう飲食街のどこかにきっと街の生き字引が居そうな気配。たまたま気付かなかっただけかも知れないが、門司港には暴力団排除の標章が貼られている店があまり無いような気がする。物騒な小倉とは違ってヤクザ屋さんが過激じゃないのかな、このへんは。

北九州市 門司港

そんな有楽街の共同トイレ、間口があまりに狭くてびっくり。お店の客しか使えないらしいが、デブは元から入れない仕様になっています。

北九州市 門司港

裏道から見れば乙な佇まいの有楽街も栄町銀天街側はマンションとかが建ってたりして情緒が欠ける。

北九州市 門司港

裏道の飲食店街から栄町銀天街を横切る路地を眺める。小倉と比べれば寂れっぷりが目立つが、なかなか味わい深い下町風景になっているのだ。

北九州市 門司港

どうでもいいが、このパチンコ屋の看板がわざとらしすぎて…形といい、四文字の区切り方といい、狙ってるだろ絶対。

>3ページ目を読む


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.