九州に属する記事の一覧

NO IMAGE

北九州市第二の都会だった「黒崎」の商店街を歩く (2)

かつては小倉と肩を並べる副都心だった北九州市八幡西区の「黒崎」。この駅前に広がる商店街がやたら寂れ放題でヤバイという話を聞いて訪れた我々取材班。 次は駅前から遠ざかり放射状道路の南東端にあたる部分にまで伸びているアーケード街「熊手通り」の...

記事を読む

NO IMAGE

北九州市第二の都会だった「黒崎」の商店街を歩く (1)

福岡県下第二の都市である北九州市は元々が別の街であった5つの市(門司・小倉・戸畑・八幡・若松)が合併して生まれた都市で、一応ながら小倉が都心扱いにはなっているが、街はかつて存在した5つの市の中心のまま分散している。 小倉から博多方面のJR...

記事を読む

NO IMAGE

【修羅の国】「楠橋城」…北九州市八幡西区楠橋にある謎の城に迫る

福岡県、とりわけ北九州市や筑豊といった地域には様々な都市伝説があり、それもおしなべて物騒でヤバげな話ばかりあるものだが、そんな北九州市の西の外れ、筑豊の入口である直方市との境目にも近い八幡西区楠橋という場所に「正体不明の謎の城」がひっそり...

記事を読む

【現存せず】九州最後の秘宝館!佐賀県嬉野市「嬉野観光秘宝館」最期の姿

いまや日本では絶滅危惧種となってしまった「秘宝館」なる施設、性にまつわる様々な展示を時には面白おかしく、時には大真面目に展開して訪れた人々に感動と性的衝動を与えてきた訳だが「レジャーの多様化」という言葉の下で場末と化す温泉街の片隅などにある...

記事を読む

NO IMAGE

本州と九州を徒歩で行き来できる「関門トンネル人道」

関門海峡に隔てられた本州と九州の間を行き来する方法は電車や自家用車、彦島と小倉の間を結ぶフェリーに乗る等色々ある訳だが、直接徒歩で渡れたりも出来る。とは言っても自動車専用道路である関門橋や関門トンネルは歩行者が通れる場所がない。 しかし関...

記事を読む

志布志市志布志町志布志の志布志市役所志布志支所

日本全国津々浦々、変な地名というのは沢山あると思うが鹿児島県の志布志という街はかなり開き直っている。「志布志市志布志町志布志」という実在の地名がある事で珍地名愛好家の中では知られた場所だ。一般的には東京や大阪からのフェリー航路があり、海上自...

記事を読む

【戦後の青線】宮崎市「上野町」の怪しげなスナック街を歩く【そのまんま】

宮崎の繁華街ニシタチの最も南の外れにある上野町(かみのまち)は県内唯一の特殊なお風呂屋さん街が形成されている大人の夜の盛り場。戦後のドサクサ臭が残る市場があったり色々DEEPなエッセンスの詰まったエリアだ。

記事を読む

NO IMAGE

宮崎ニシタチ・戦後のバラック市場「ショッピングセンター青空」

宮崎市の中心繁華街ニシタチの南側一帯にあたる上野町界隈は胡散臭さ満開のエリアだが、戦後の昭和25年に宮崎市で初めて開設された生鮮市場「ショッピングセンター青空」も存在する。 この界隈は宮崎の街中でも数少ない戦後の香りを残すDEEPゾーン。...

記事を読む

南国宮崎場末飲食街紀行!宮崎市高松町に残る赤線跡「灰の木」のスナック街

南国宮崎市…九州の中でもとりわけ行きづらい場所だが、そのぶん繁華街は県庁所在地に集中していて、ニシタチや上野町といった場所を巡ったりしていた我々取材班だが、赤線跡のスナック街の残骸が残っているので見に行く事にした。

記事を読む

【宮崎市】南国宮崎を代表するリフレッシュスポット「上野町」を探検する

宮崎市の繁華街「ニシタチ」。県内屈指の歓楽街として夜ともなれば「一体、宮崎のどこからこんなに人が湧いてくるんだ?!」と不思議に思うくらいに賑やかになる。

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.