北関東・甲信越に属する記事の一覧

富士吉田の元赤線地帯らしい「新世界通り」がとんでもない廃れっぷりだった

まるで街並みそのものがリアル昭和レトロ博物館状態となっている山梨県富士吉田市の月江寺界隈の旧市街地だが、ただ単に古い町並みが残っているだけではない。赤線地帯の建築物や怪しげな路地裏風景も残されているのである。

記事を読む

ふるさと創生事業で作られた謎の中国庭園「大門碑林公園」

世の中変わり者とも呼ばれる方々が独断と偏見に満ちた私設テーマパーク(ナイトスクープ的に言うところのパラダイス)を作ってしまう事はよくあれど、それは個人の理想世界と表現の発動であり第三者が見るだけでも面白いものである。しかしこれが自治体ぐるみ...

記事を読む

富士山麓の街「富士吉田」月江寺界隈の街並みが激しく昭和過ぎて悶絶した

一応ながら東京100キロ圏内に位置する山梨県富士吉田市は富士山麓の標高700メートルの高原地帯に開けた県内第二位の都市で、古くから富士講の参拝者で賑わった街である。東京からも近く、新宿から中央線経由富士急行で2時間少々で来れてしまう。

記事を読む

【新潟市】日本海側の大都会・新潟ご自慢のアーケード街「ふるまちモール」を歩く

新潟の中心市街地は駅から信濃川を跨いだ北西側の古町一帯にある。新潟駅前の廃れてお下品な盛り場もそれなりに雰囲気があっていいが、一応ちゃんとした街も見ておかないとバランスが悪いだろうと思い足を運ぶ。

記事を読む

NO IMAGE

北朝鮮帰国事業と拉致事件の舞台「新潟港」を訪ねて

新潟と言えば朝鮮総連と万景峰号であり北朝鮮による拉致問題がホットな土地である。拉致被害者が日本に戻ってくるなどして世論が高まった時期も十年一昔。国交のない北朝鮮籍の船を受け入れていた日本国内でも数少ない港の一つである新潟港界隈はどうなってい...

記事を読む

【新潟市】政令指定都市新潟の表玄関の裏の顔!「新潟駅前」のすこぶる怪しい街並み(2012年)

東京から上越新幹線に乗って僅か2時間ちょい、かつての政界のドン・田中角栄先生の政治力で首都圏からの飛躍的な利便性を獲得した北国の米どころ新潟県の県庁所在地新潟市にやって参りました。

記事を読む

【笛吹市】ぶどう畑から湧き出した歓楽温泉地「石和温泉」を歩く

東京・新宿から特急かいじ号で僅か1時間30分、山梨県笛吹市の石和(いさわ)温泉は首都圏にも程近く通年的に多くの観光客が訪れる。温泉街としての歴史は比較的新しく戦後の昭和36(1961)年で、ぶどう畑の中から突然温泉が湧き出した事から始まる。...

記事を読む

【太田市】東武伊勢崎線「太田駅南口」に見る地方都市の悲哀

東武伊勢崎線浅草駅から特急りょうもう号に乗って北関東に向けて1時間半、そこは群馬県南東部と栃木県南西部に跨る「両毛地域」と呼ばれるエリアで、群馬県太田市や館林市、栃木県足利市や佐野市などを中心とした一つの都市圏を成し、県境を飛び越えて生活圏...

記事を読む

奇天烈宗教聖地の超新星!「幸福の科学那須精舎」がアツい

新興宗教百花繚乱、オカルト八百万の神状態の平成日本でいま飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長しまくっている団体「幸福の科学」。 急速に全国各地に支部施設を建設し、あまつさえ政党を立ち上げ選挙戦に臨み、さらには宗教教育にも力を入れて私立学校まで建てて...

記事を読む

【栃木県が生産日本一】那須町にある「大○博物館」を訪れた

日本を含めて世界各国では所持自体で違法になってしまう植物がある。「アサ」である。世界中で今なお合法化運動がアツい問題だが、栃木県は実のところアサの生産量が日本一という、あまり知られていないデータがある。厳密にはトチギシロと呼ばれる品種のアサ...

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.