【米子市】ドス黒い昭和の文化息づく山陰屈指の大温泉郷「皆生温泉」を歩く

<1ページ目を読む

ソープ街が隆盛を誇る一方でまともな観光客が立ち寄りそうな土産物屋や飲食店、レストランは軒並み廃業しまくりで廃墟と化しまくりな訳なのである。皆生温泉、健全さは皆無温泉。北陸のエロエロ温泉地加賀温泉郷にしろ日本の温泉街から急速に不純物が駆逐されている中で山陰皆生温泉はまだまだ現役続行中といった所か。

やはり皆生温泉イコール風俗のイメージが強いのか健全な観光客の皆様はホテルに閉じこもってお寛ぎになられる事が多い模様。しかし我々取材班の大好きなストリップ劇場はありませんでした。もはや山陰からストリップの文化は途絶えたか。

このように潰れたまんま放置プレイをかまされている飲食テナントがやたら多いのも皆生温泉の特徴。

無残にも廃業した土産物店は壁に看板の跡がくっきり残っている始末。「おみやげの店」って書いてますよね。フォントに古さを感じずにはいられない。

あらあら、こちらは大人のおもちゃ屋さんの残骸のようである。看板だけが残っていたので気がついた訳だが…

店の玄関あたりにも「おとなのおもちゃ」と書かれている跡がはっきり見えますわな。いつ頃廃業したのか知らんけど…

…で、その向かいにももう一軒、大人のおもちゃ屋さんが並んでいるのであった。こっちは廃業していない。しかも隣にはまた味わい深い店構えの射的場。

昼間は人通りもまばらで寂しい風情の漂う温泉街だが夜になるとこれが一変する。射的屋さんも営業開始。不気味なネオンを輝かせて客を待っている。店の名前が「第三射的場」なんですが第一と第二はどこにも見当たりませんでした。

射的場に隣接する大人のおもちゃ屋も営業中。やっぱり温泉街はこうでなくっちゃ、の典型例を見ているようだ。昭和の時代特有のエグ味がまだ皆生温泉には生きている。どうでもいいけど赤提灯にでかでかと「悪趣味の店」って…

見るのはただ!!マル秘!という真っ黒で怪しげな看板もたまりませんな。家庭に内緒でソープへ行くより夫婦仲睦まじくという時には如何でしょうか旦那様。

この一画だけがやたら存在感を放ってます。正直山陰地方はしょぼいかと期待してなかった分、これを見れただけでも来てよかったと思いましたわ。

そんな大人の店の前を大勢の男女が行き来している。コンパニオンと連れ歩く浴衣姿のスケベオヤジ軍団が酔っ払って大声でがなり散らしている。いい気なもんだ。この先どちらへお遊びに行かれるのですか?

そんな想像力を働かせるまでもなくラブホテルもきっちり徒歩圏内に用意されているという皆生温泉の盛り場。ピンクだとかスーパーだとかがついたコンパニオンさんもおられるようです。

当然ながらソープ街も夜の方が掻き入れ時ですからね。俄然辺りも賑やかになって参りましたよ。

夜に本領発揮する皆生温泉のスナック街。オヤジの本能に働きかける誘蛾灯のごとく闇夜を照らしていた。砂丘しか無いと思っていたけど鳥取県も捨てたもんじゃないな。


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る