北海道・東北に属する記事の一覧

札幌二条市場食堂街・カラオケ居酒屋横丁

札幌屈指の繁華街「狸小路商店街」のアーケードを東へ抜けると、その先は創成川通となる。 通りの名前にある創成川は幕末期に札幌の都市開発で作られた人工河川で豊平川から分岐して市街地に流れる川。それが札幌の街中を南北にぶちぬき並行する道路は都心...

記事を読む

北海道を代表する巨大繁華街!札幌市「すすきの」を歩く

日本は東京に一極集中し過ぎている感じもするが北海道も札幌に一極集中し過ぎている。そして札幌の盛り場もまた「すすきの」一辺倒である。札幌に行った事もないような内地の人でも「すすきの」という地名と、とてつもない歓楽街であるという話くらいなら聞い...

記事を読む

札幌・狸小路商店街の西の外れの場末飲食街「西創成」を歩く

全長1キロ近くもある狸小路のアーケード商店街を端から端まで歩くと結構なボリュームがある。パチンコ屋とDQNばっかりという印象しか残っていないような気がしてならないがそれではあまりに気の毒なので、最後は狸小路の中の異端児、七丁目と八丁目も歩い...

記事を読む

札幌一の「狸小路商店街」がDQN仕様でクラクラ来ました。まさに試される大地!

広大な北の大地、北海道の中でも人口の3分の1が集中している巨大都市が札幌市だ。ひとまず北海道に出てきたら何も考えずに札幌に向かう訳だが新千歳空港から札幌駅までがやたら遠くてびっくらこいた。さすがは北海道はでっかいどうというだけの事がある。 ...

記事を読む

青森県つがる市の遮光器土偶型駅舎「木造駅」のしゃこちゃんに会いに行きました

青森県では三内丸山遺跡をはじめとして縄文時代の遺跡があっちこっちに残っている。亀ヶ岡遺跡のある木造町(現・つがる市)という所は明治時代に遮光器土偶が発掘されたということで、それをネタに町おこしをやっている。 で、駅舎をそのまんま巨大な...

記事を読む

【ご当地焼きそば】こけしとこみせの里「黒石市」でつゆ焼きそばを食す

弘前駅から弘南鉄道というローカル鉄道に乗って終点の黒石駅まで行く。そこは弘前藩の支藩・黒石藩として江戸時代から長い町の歴史を持つ黒石市の玄関口である。

記事を読む

伝説の泡沫候補「羽柴誠三秀吉」の本丸・小田川城を攻略してきた 

青森・金木町の名物と言えば吉幾三や太宰治ばかりではない。日本各地の選挙に立候補してきた選挙マニアで豊臣秀吉の生まれ変わりであると自称する羽柴誠三秀吉が城を構えているのもここ金木町なのだ。 金貸しで大地主にのし上がった太宰の父・津島源右...

記事を読む

あの世に思いを馳せる場所…津軽霊場「川倉賽の河原地蔵尊」 

青森県をはじめとして東北各地で独特の地蔵信仰が盛んである事は以前の恐山でも窺う事が出来た。しかし現実の恐山はあまりに観光地化し過ぎていて、三途の川の前で記念写真を撮ったり恐山アイスを食ったり温泉に浸かったりとかなり俗っぽい一面もある。

記事を読む

青森のアンダーグラウンド地帯!青森駅前「第三新興街」があまりにドサクサバラック過ぎた

青森駅前の繁華街は長らく戦後の闇市の名残りが続いていた光景が見られていたのだが、再開発ビルの建設などで駅から見える部分はかなり小奇麗に変わってしまった。しかし駅から南に徒歩3分程度の場所にある「第三新興街」という飲食街では、未だにバラック酒...

記事を読む

【八戸市】青森県唯一の八戸マノン劇場がある「本八戸駅」周辺の廃れた飲み屋街

現在、東北新幹線が繋がっている八戸だが、その八戸駅というのは市街地の外れに建っていて、実際の八戸市街地に行こうと思うと約5キロ程離れた本八戸駅付近まで電車かバスで行く必要がある。

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.