栃木県那須町にそびえる「神命大神宮那須別宮・黄金の巨大神像」が奇天烈過ぎて素晴らしい 

<1ページ目を読む

決して安いとは思えない参拝料千円を受付に払うと、署名まで求められたりと随分細かいんですが、参拝者の署名が書かれたノートを見た限りでは1日に2~3人しか来ていない模様。

観光客やら別荘住まいの成金族が往来する街からさほど離れてもいないのに、ひと気のなさすぎな神社の鳥居を潜って境内に入る。受付に巫女さん風のお姉さんがいる他には誰もいない。普段からきっとこんな感じなんだろう。

境内には丁寧に参拝順路が書かれている看板があるが全然気にせず、ひとまず目に着いたものから順番に見ていく。天手力男命像の巨大っぷりがひたすら目立つが、境内はさほど広くはない。

栃木県那須郡 那須町

まず入口左手には拝殿がある。東京糀谷の本部で見たものと似た神道風味の建築。信者ではないですがせっかくなのでお参りしておきましょう。

「神はすがる者を救う」の文字が右から左に刻まれた「二見岩」。独特の参拝方法があるらしく、信徒以外にも理解出来るよう細かく説明書きがなされている。さらに一人の参拝とカップルでの参拝で、また参拝方法が変わるらしい。

傍らには相撲の試合でもやるのか知らんが土俵まで用意されていた。

そして境内奥に鎮座する「黄金の巨大神像」を見る。スゲー。想像の斜め上をゆくスケールで迫る天手力男命像。天岩戸開きのポーズで参拝者を見下ろしている。

栃木県那須郡 那須町

高さは25メートル程あるらしくビルの7~8階くらい。建造にいくら掛かったのだろうか知らんが宗教パワーならではのバブリーな像である。

那須別宮自体は1984年からこの場所にあったらしいが、この巨大神像は1994年になって作られたものだそうだ。さらに神命大神宮の設立は1976年に遡る。

その巨大神像の左手掌からはちょろちょろと有り難そうな水が滝のように流れ落ちている。神様の力が備わった(らしい)御神水である。長い柄杓で注いで飲んだりお金を浄めたり色々と出来る。

我々が居た時にちょうど信徒のお兄さんがやってきてご親切に御神水のご利益について説明してくれたのだが、飲んで良し、硬貨や紙幣を洗っても良し、という有り難い水だ。

しまいにはヒートアップして「これを飲んでガンが治った方もいます!ぜひ!お飲み下さい!!」だなんてダメ押しされてしまう始末。まだ幼さの残る若き信徒の目はひたすらピュアでした。嗚呼…

そんなに乗り気じゃなかったけどすぐそばでお兄さんが熱い眼差しで見ているので一通り試してみました。おめでたい気分になります。健康長寿でお金持ちでいたいもんですね。別荘暮らしとかどうでもいいけどさ。

>3ページ目を読む


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.