【岐阜市】県庁所在地の駅前に東海地方最大級の色街が!「金津園」を歩く

<2ページ目を読む

岐阜駅前に君臨する東海地方最強のソープ街「金津園」の歴史は明治21(1888)年の開設された「金津遊郭」に始まる。

場所は今とは違い稲葉郡上加納村字金津(字高巖とも)、現在の岐阜市内上加納山近くにあったものがその後西柳ヶ瀬に移転、さらに戦時中には軍需工場建設の煽りで遊郭の建物を川崎航空機の寮に提供するようにと知事通達があり手力町(後に手力園特飲街となる)のバラック長屋に強制移転させられたり、戦前戦後とお上の都合で何度も場所をごっそり変えてきた。

幾度の移転を経た後に現在の場所に落ち着いたのは戦後の昭和25(1950)年の事。金津遊郭は戦後空襲で焼け野原となった岐阜駅前の紡績工場跡に集団移転。その後、赤線地帯となりソープ街へと変遷してきた。移転当時の場所割りで店舗一軒63坪と決められていた名残りで、今も金津園にある店舗は殆どが同じ敷地面積となっている。

つまり岐阜駅前のこの土地が色街となったのは戦後の事からなんですな。殆どソープ店舗だらけだが、まだまだ戦後の香りを残す廃墟バラック店舗が建っていたりして煤けた風情が素晴らしい。

これらのオンボロ長屋店舗の数々も今は営業していない店が多い。特殊飲食店街ならではの淫靡な残り香を感じない事もない。

そして金津園には戦後一時期に建てられた遊郭・赤線建築が僅かながら残っている。ソープ店舗の看板が建っている連れ込み旅館風味のこちらの建物、同時に「旅館」の看板も掲げている「想い出」。

カフエー建築ならではの玄関脇の丸柱、足元にはタイル張り。新旧綯い交ぜになった不思議な感覚の店だ。

どうやら「想い出」の玄関口は隣の建物だったようです。こっちはしっかりソープな感じがする。

これは赤線跡…という訳ではないがいい具合に看板の錆が染みてきてます。「赤いリボン」。廃墟かいなと勘違いしそうになるけどここも現役。

もう一軒、金津遊郭時代の名残りを発見。いかにもなピンクの豆タイルがびっしり貼り付いた柱、さらに玄関上に白黒市松模様の豆タイル。カフエー建築というか今は普通の喫茶店です「喫茶むらやま」。元遊郭を改装して昭和47(1972)年から営業している。

さらに金津園の最南端の路地に入り込む。ここから南側は金津園から外れてしまう。場末感極まる路地の中にはこれまた老舗の風格「AAライン」。AAって何の略なんですか。

そしてこの店舗の真向かいに聳える元妓楼が金津園の真打ち。うわー、ごってごてのタイル張り。もはや文化遺産級の建物である。

あまつさえ2階部分の手摺には富士山を象っているというこの懲りよう…さらに建物の各所を縁取る帯状の豆タイルは白から青までの複数色をランダムに配している。

玄関上には「ふ志゛もと」の屋号が赤文字でバシっと刻まれておりました。戦後の色街らしいハイセンスっぷりに脱帽。これを見るだけでも金津園に来る意義がある。

現在この家は一般住居となっているようだが住んでいるのは「ふじもと」さんではないみたい。取り壊されぬよう岐阜市は文化財としてこの元妓楼を保護すべきだとすら思う。

最後に金津園の南側から街の遠景を眺める事に。なぜかしらどこの色街も無駄にでかい空き地が駐車場化していたりするもの。こうやって見ると凄い密集度だな。さすが吉原に次ぐ全国第二位の規模を誇る金津園。風格が違うね。

児童公園の背後に民家、その後ろには「迎賓閣」(笑)児童公園の半径200メートル以内は風営法云々でといった話はどこへ行ったのでしょうか。まあ公園の方が後から出来たのだろうがな。

遠目に眺める大人の遊園地。金津園でもソープ店舗の新築や建て替えなど諸々禁止されているので外側の箱はまるっきり昔のまま。退廃感たっぷりの光景。東海地方最大の色街の放つ淫靡なオーラに酔いしれながら岐阜の街を後にした。しかし駅が近いから帰るのも楽だよねここ。


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.