【別府市】九州の巨大温泉街・別府の盛り場「竹瓦温泉」周辺の街並みと不思議な旅館

<2ページ目を読む

胡散臭いピンクゾーンは竹瓦温泉だけでなくソルパセオ銀座商店街に隣接する「銀座裏通り」辺りにまで溢れかえっている。銀座で裏通りですよ?凄くいいネーミングですね。

流川通りのニャンニャン娘の隣あたりから銀座裏通りに入る。隣のアーケード商店街に並行しているとはいえ不自然にカーブを描く怪しげな路地裏横丁になっているのだ。

そのまま路地を進むと…ありましたねえ怪しげな佇まいの店が。竹瓦温泉の周辺とは違ってこちらはヘルスが中心になります。つまり銀座裏通りはヘルス通りなのです。

2軒並んだソッチ系の店舗、コンパニオン募集の看板。アリバイ対策万全、バンスOK…「バンス」って何だ…と思ったら業界用語で「給料の前借り」の意味だって。前借り…その昔遊郭があった時代から女の人生の悲哀を感じさせる言葉でございます。

やたらウネウネしている裏道なので昔の川跡かと錯覚しそうになったが、どうも江戸時代から残る「海門寺みち」という通りの名残りらしい。確かに道なりに北上して駅前通りの北側まで行くと海門寺というお寺がある訳だ。

しかし相変わらずヘルス店舗だらけで如何わしさ満点の路地裏風景になっている。夜は客引きやチンピラ風情も多くかなりアレな感じがしなくもない。

ヘルスの隣のレンタルビデオ屋。看板にベタベタ張り紙がされているのだが何故かプッシュしまくっているのがエロビデじゃなくて「極道ヤクザ物」…このへんじゃ好まれるジャンルなんですかね。

それなりに普通の居酒屋や飲食店もあるにはあるのだがどこかアウトローな空気が漂う銀座裏通り。昔はドンパチもよくあったみたいですけどね。

銀座裏通りと竹瓦温泉の間にはまだまだソッチ系の店が密集しまくっているがキリがないのでこの辺にしとく。中には随分明け透けな内容が書かれた店もあって、なんとも目のやり場に困るのである。はいはい危険な情事ね。夜中は立ちんぼやちょんの間のポン引きもいる別府の夜。少々過激に行かないとお客がつきません。

戦後の赤線地帯の残り香を発する「竹瓦温泉横丁」の一画。廃墟化したような佇まいのスナック街。

これまた別府の夜を彩るアメリカンな店構えの老舗クラブ「ヒットパレード」の建物が。周囲があまりにアレなので既に見る目が訝しげだがロカビリーバンドの生ライブを楽しめる他、音楽博物館を併設している。健全なナイトクラブ。

しかもクラブの敷地には唐突に足湯がある。それにしても別府にロカビリーという組み合わせはやはり戦後の米軍占領期を経験した街の歴史の名残りなのだろうか。別府は終戦後から昭和32(1957)年まで米軍キャンプ・チッカマウガがあった土地柄。

ヒットパレードクラブ前の脇道に入るとそこも星条旗デザインの何だかアメリカ~ンな一画が。これも米軍占領期の名残りなのか?!

…と思ったらこれもファッションヘルスって書かれてた(笑)やけに手作り感溢れる店構えがウケるんですが。

さらに星条旗マークの店舗看板に「別府のアナバ」。なんか不自然な手書きになっていて無駄に脱力感を誘う。

そして夜の竹瓦小路はこの通り、淫靡な空気を感じさせるネオンが眩しい。今回の訪問は昼間が中心だったから竹瓦温泉周辺の盛り場が夜どうなっているのか、あんまり見れてない気がする。やっぱり別府の街は奥が深い…また来よう。


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.