崩れ去る炭鉱町の栄華・夕張本町「梅ヶ枝横丁」 (4)

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

かつての炭鉱の町・夕張市の中心市街地である本町界隈は明治時代から花街があった土地で、特に梅ヶ枝横丁あたりは炭鉱労働者の盛り場として沢山の置屋が立ち並びさぞかし栄えてきたそうだ。
32-760.jpg
本町商店街からの急坂の途中から見える巨大な三階建ての木造建築物、割烹料亭「美登利」の建物がつい最近まで残っていたが、我々取材班が訪れた直後の2011年10月に解体されてしまっている。


32-791.jpg
ホテルシューパロの裏手にあたるこの一帯も古びたスナックの建物が多数残っていて盛り場の風情を強く残していた。どの店もすっかり商売上がったりといった感じなんですが…
32-792.jpg
「美登利」の前にも廃墟と化した飲食店跡が何軒も連なっている。玄関周りの意匠がいかにも昭和の盛り場的でそそられる。窓ガラスが一部割れていて、どうやら近所の野良猫の棲家になっているようだ。
32-793.jpg
かつての店舗の玄関口は酷く荒れ果ててていた。開き戸は施錠されているが下半分の板張りが壊されている。中のカーテンが破けているのは多分野良猫のせいだろうか。まさかこんな場所にまでDQNが荒らしに来るとは考えが及ばない。
32-794.jpg
この向かいの建物に古びたテントで覆われたスナック「エリート」があった。火事でもあったのかと言う程黒く煤けてしまった玄関周り。廃墟物件の中では確かにエリート的存在かも知れない。
32-795.jpg
なんとなく2階部分を見上げたら確かに火事の跡があったようで取り外された窓の中から黒ずんだ壁が丸見えになっていた。
32-796.jpg
その横には廃業した割烹料亭「美登利」の玄関口。店の看板もそのままに放置されている。この右側に「エリート」「梵」とスナックが棟続きに2軒並んでいるが全て2011年10月に解体された同じ3階建ての巨大な木造建築物の一部に入居している形だ。つまりこれらの店舗も全て取り壊されて存在しないという事か。
(※現地情報が恐ろしく少ないのでその後夕張に訪問された方は情報タレコミ下さい)
32-797.jpg
梅ヶ枝横丁の北側にあるスナック街はほぼ全滅と言って良い程の状態になっていた。自虐ネタ満載な「夕張夫妻」のテーマソングそのまんまの風景となっている。そう、みんな街を出ていったのだ。
32-798.jpg
スナック脇から上に伸びる階段の路地もかなりの雰囲気。草ボーボーになっていて階段が半分以上隠れてしまっている。この調子じゃあと10年もすればジャングルになるだろうな。
32-799.jpg
これでもちらほら住人が残っていて、家の前の道路に路駐しまくっている。こんな場所では路駐してもいちいち取り締まるような野暮な警察もいない。むしろ土地が余り放題になっている。
32-800.jpg
梅ヶ枝横丁北側入口まで来ると、横丁にあるスナックや飲食店の名前が記された大看板がデデーンと立っている。いかにも前時代的なデザインの手書き看板は平成生まれにはとても表現出来ない質感。
32-801.jpg
もっともこれらの店の8割か9割が既に廃墟と化しているのだ。時代は既にこの街を置き去りにしたまま四半世紀が過ぎた。「アルティックでサウンドトリップ スナックバロン」だなんてフレーズ、平成生まれにはとても思いつかないセンスである。
32-802.jpg
梅ヶ枝横丁を出た先には一軒のプレハブ小屋のラーメン屋「のんきや」の店舗があった。戦後から続く老舗のラーメン屋で以前はバラックだったが最近改装された。先代の婆ちゃんが亡くなった後、3代目となる長女が嫁ぎ先から戻ってきて営業を続けているという。
さっさと街を捨てる者もいれば、街に戻る者もあり。残念ながら閉まっていたので話が聞けなかった。
32-803.jpg
梅ヶ枝横丁がある高台から北側を見渡すと人の消えた夕張の街に真新しい7階建ての団地が建っているのが見えた。ここから見た通りでは案の定空き家だらけのようだが…住民がかつての炭鉱労働者で占められた夕張市独特の事情で、市内の全世帯の半数近くが公営住宅の住人となっている。

幸福の黄色いハンカチ [DVD]
松竹ホームビデオ (2002-10-25)
売り上げランキング: 67387
メロン熊 マグネット
メロン熊 マグネット

posted with amazlet at 12.01.11
北海道物産センター夕張店
売り上げランキング: 357
追跡・「夕張」問題<財政破綻と再起への苦闘> (講談社文庫)
北海道新聞取材班
講談社
売り上げランキング: 266506
三菱鉱業大夕張鉄道 (RM LIBRARY(47))
奥山 道紀 赤城 英昭
ネコ・パブリッシング
売り上げランキング: 373195
The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

スポンサーリンク
トップへ戻る