「 飲食街 」一覧

全75件中 46〜60件目を表示

NO IMAGE

これが試される大地か…函館駅前の荒んだ街並みを見る (1)

函館駅前に広がる「戦後のドサクサ」の残滓、歯抜け状態の土地に立ち聳える古ぼけたスナック街「セキセン」を見にやってきた我々取材班。先ほどの砂利道小路ばかりでなくま...

>記事全文を読む

NO IMAGE

秘宝館の廃墟がそびえる街・鳥羽市「鳥羽二丁目」風待ち港の遊郭跡 (2)

旧市街地の一角にある鳥羽市鳥羽二丁目はかつて遊郭があった場所で、現在も狭い路地に飲食店がひしめき合う夜の街の風景が残っている。 本町通りの裏手に大里通りと...

>記事全文を読む

東海地方最大級の遊郭跡・名古屋「中村遊郭」の絢爛豪華な妓楼と街並み (全4ページ)

東海地方最大級の遊郭跡・名古屋「中村遊郭」の絢爛豪華な妓楼と街並み (全4ページ)

尾張名古屋は城で持っていたらしいが遊郭でも持っていた。現在も名古屋市内各地には遊郭跡、赤線跡が点在していて当時の面影を偲ぶ事が出来る。で、やってきたのが地下鉄東...

>記事全文を読む

歓楽街温泉から中国人向け温泉にシフトした「洞爺湖温泉」の夜を歩く (全2ページ)

歓楽街温泉から中国人向け温泉にシフトした「洞爺湖温泉」の夜を歩く (全2ページ)

北海道もまた温泉の宝庫で、道内各地に観光客で賑わう温泉地が点在している訳だが、洞爺湖温泉もその中の一つ。

>記事全文を読む

昭和レトロな飲食街がてんこもり!小樽の盛り場「花園」を歩き尽くす (全7ページ)

昭和レトロな飲食街がてんこもり!小樽の盛り場「花園」を歩き尽くす (全7ページ)

小樽市の中心市街地の一画を成す花園地区は、小樽を代表する夜の歓楽街である。小樽駅から都通りやサンモール一番街などを経由して寿司屋通りを渡った先、徒歩10分程度の...

>記事全文を読む

超絶ボロ廃墟バラック酒場!これはリアルはるかノスタルジィ状態。小樽「手宮線跡地」を歩く (全3ページ)

超絶ボロ廃墟バラック酒場!これはリアルはるかノスタルジィ状態。小樽「手宮線跡地」を歩く (全3ページ)

小樽は函館に次ぐ北海道開拓の歴史の出発点。その象徴として有名なものに北海道鉄道発祥の地、旧手宮線がある。小樽駅前の中央通を運河に向けて歩いて行くとその途中にこん...

>記事全文を読む

大歓楽街の場末空間!ススキノアパート&すすきのゼロ番地飲食街 (全2ページ)

大歓楽街の場末空間!ススキノアパート&すすきのゼロ番地飲食街 (全2ページ)

怪しすぎる北の歓楽街すすきののど真ん中、札幌駅前通の西側、南6西4交差点の角にやけに細長く古びた公団住宅が一棟だけポツンと建っているのが非常に目立っている。 ...

>記事全文を読む

札幌二条市場食堂街・カラオケ居酒屋横丁

札幌二条市場食堂街・カラオケ居酒屋横丁

札幌屈指の繁華街「狸小路商店街」のアーケードを東へ抜けると、その先は創成川通となる。 通りの名前にある創成川は幕末期に札幌の都市開発で作られた人工河川で豊平川...

>記事全文を読む

北海道を代表する巨大繁華街!札幌市「すすきの」を歩く

北海道を代表する巨大繁華街!札幌市「すすきの」を歩く

日本は東京に一極集中し過ぎている感じもするが北海道も札幌に一極集中し過ぎている。そして札幌の盛り場もまた「すすきの」一辺倒である。札幌に行った事もないような内地...

>記事全文を読む

札幌狸小路の西の外れの場末飲食街「西創成」を歩く (全2ページ)

札幌狸小路の西の外れの場末飲食街「西創成」を歩く (全2ページ)

札幌を代表する繁華街、狸小路商店街のアーケードをひたすら西へ突っ切るとその先の一帯が通称「西創成」と呼ばれているエリア。南7条西8丁目にある東本願寺を中心に南北...

>記事全文を読む

NO IMAGE

名護市中心市街地 (3) 名護の社交街「みどり街」

すこぶる寂れた風情を見せる本島北部最大の都市、名護市の中心市街地だが、商店街がほぼオワコン状態なのに対して、今でも現役バリバリで盛り場の風情を留めているのが名護...

>記事全文を読む

普天間基地移転先「名護市辺野古」はどんな場所なのか!辺野古社交街「アップルタウン」(全4ページ)

普天間基地移転先「名護市辺野古」はどんな場所なのか!辺野古社交街「アップルタウン」(全4ページ)

辺野古という地名は沖縄に行った事のない人間でも何度もニュースで耳にした事があるだろう。米軍普天間基地の移設先候補に選ばれているが政治の吸った揉んだでゴチャゴチャ...

>記事全文を読む

タコライス発祥の地・金武町キャンプハンセン前!アメリカンな盛り場「金武町新開地」を歩く (全6ページ)

タコライス発祥の地・金武町キャンプハンセン前!アメリカンな盛り場「金武町新開地」を歩く (全6ページ)

沖縄本島中部の金武町(きんちょう)も、また米軍基地の街として有名な場所である。街の大部分を米軍海兵隊の訓練基地であるキャンプ・ハンセンが占め、基地の正門ゲートの...

>記事全文を読む

オレンジレンジとチャンプルー文化を生んだ街・沖縄コザ「ゲート通り」を歩く(全2ページ)

オレンジレンジとチャンプルー文化を生んだ街・沖縄コザ「ゲート通り」を歩く(全2ページ)

沖縄市の中心市街地、国道330号線胡屋十字路から米軍嘉手納基地第2ゲートに続く大通り「ゲート通り(空港通り)」に沿って、米兵向けの商店が連なるアメリカン全開なス...

>記事全文を読む

沖縄のアメリカ・北谷町キャンプフォスター前

沖縄のアメリカ・北谷町キャンプフォスター前

沖縄本島中部は米軍基地の密集地帯である。とりわけ中頭郡北谷(ちゃたん)町は町の面積の半分以上が米軍基地キャンプフォスター(キャンプ瑞慶覧)、キャンプレスター(キ...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

新日本DEEP案内へようこそ

2013年2月、コンテンツがゲス過ぎる旧日本DEEP案内から比較的まともなレポートのみ分離独立。日本全国の街ネタ情報、裏街徘徊等など、気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る