「 赤線地帯 」一覧

全42件中 16〜30件目を表示

時間を掛けてゆっくり崩壊していく廃墟の妓楼…三原市「糸崎松浜遊郭跡」

時間を掛けてゆっくり崩壊していく廃墟の妓楼…三原市「糸崎松浜遊郭跡」

当取材班は今年と去年に渡って数回、広島県や岡山県など瀬戸内沿岸及び離島部の遊郭跡を訪ねて回ってきたのだが、行った場所がかなり多過ぎて、まだしっかりと吐き出せきれ...

>記事全文を読む

繊維産業で栄えた街・足利市「雪輪町」の遊郭跡を訪ねる (全2ページ)

繊維産業で栄えた街・足利市「雪輪町」の遊郭跡を訪ねる (全2ページ)

東京100キロ圏の北関東・両毛地域は織物工業などで栄えた街などがちょいちょいあって乙な町並みが見られるエリアでもあるのだが、そう言えば足利という街には行った事が...

>記事全文を読む

那覇市内戦後最初の繁華街「神里原」が道路拡張で解体されかけている件

那覇市内戦後最初の繁華街「神里原」が道路拡張で解体されかけている件

那覇市壷屋の神里大通り(壺屋神里原通りとも)付近は戦後、那覇市域全域を接収していた米軍が、最初に接収を解除したエリアに造成された繁華街で、そこはバラック建ての赤...

>記事全文を読む

瀬戸内海屈指のコンビナート地帯!周南市・徳山駅前の中心市街地を歩く (全3ページ)

瀬戸内海屈指のコンビナート地帯!周南市・徳山駅前の中心市街地を歩く (全3ページ)

市町村合併で山口県周南市となった瀬戸内コンビナート地帯を形成する工業都市の中心、徳山駅前の繁華街は県内では下関市に次ぐ規模と思われる。そんな街中を歩いてみる事に...

>記事全文を読む

【うどん県なのに泡の国】高松港近くの怪しい半島「城東町・旧八重垣遊郭」を歩く

【うどん県なのに泡の国】高松港近くの怪しい半島「城東町・旧八重垣遊郭」を歩く

高松市城東町という場所はJR高松駅の東1キロ程の場所にあり大きく半島状に突き出た特異な地形となっている。元々は高松港の一部で埠頭となっているのだが明治時代から「...

>記事全文を読む

旭川アンダーグラウンド横丁「稲荷小路」を歩く

旭川アンダーグラウンド横丁「稲荷小路」を歩く

北海道には売防法施行後の現代日本においても戦後の赤線地帯を彷彿とさせるスナック街が何箇所か残っている。それは移民の地である北海道ならではの貧しさがもたらした結果...

>記事全文を読む

陽暉楼があった土佐随一の遊郭が今では…高知市「玉水新地」を歩く (全2ページ)

陽暉楼があった土佐随一の遊郭が今では…高知市「玉水新地」を歩く (全2ページ)

高知市の中心市街地があるはりまや橋から土佐電鉄の路面電車に乗って2キロ程西に行った場所にかつて遊郭として栄えた「玉水新地」の名残りを残す一画がある。現在の地名で...

>記事全文を読む

名古屋の遊郭跡は中村だけやあらせん、尾頭橋「八幡園」もあるでよ (全2ページ)

名古屋の遊郭跡は中村だけやあらせん、尾頭橋「八幡園」もあるでよ (全2ページ)

名古屋の遊郭跡と言えば中村遊郭(名楽園)がまず筆頭に挙がるが、特に名古屋周辺の色街には「○○園」とついた場所が数多く存在しており、戦後は赤線地帯になりながらも売...

>記事全文を読む

NO IMAGE

岐阜市花園町・戦後の赤線地帯「国際園」跡

岐阜の遊里と言えば金津園の存在を外す事は出来ず、元々金津遊郭があった西柳ヶ瀬も含めて岐阜の盛り場として今なお現役なのだが、一方で岐阜市には戦後のドサクサで出来た...

>記事全文を読む

未開の地グンマーの激寂れ商店街「高崎中央銀座」と色街・柳川町の廃れた路地裏 (全4ページ)

未開の地グンマーの激寂れ商店街「高崎中央銀座」と色街・柳川町の廃れた路地裏 (全4ページ)

東京・新宿から湘南新宿ラインで乗り換えなしで行けてしまう群馬県。ネット上ではさも未開の地であるかの如くネタにされる土地だが実際には都心から2時間、上越新幹線なら...

>記事全文を読む

石炭積出港だった北九州「若松」の寂れた街並み、連歌町遊郭跡と赤線跡を求めて (全4ページ)

石炭積出港だった北九州「若松」の寂れた街並み、連歌町遊郭跡と赤線跡を求めて (全4ページ)

かつてあった5つの市が合併して出来た北九州市の中でも「若松区」という場所は戸畑から洞海湾を挟んだ反対側の若松半島の先っちょに中心市街地があり、ここはかつて筑豊か...

>記事全文を読む

富士吉田の元赤線地帯らしい「新世界通り」がとんでもない廃れっぷりだった (全2ページ)

富士吉田の元赤線地帯らしい「新世界通り」がとんでもない廃れっぷりだった (全2ページ)

まるで街並みそのものがリアル昭和レトロ博物館状態となっている山梨県富士吉田市の月江寺界隈の旧市街地だが、ただ単に古い町並みが残っているだけではない。赤線地帯の建...

>記事全文を読む

富士山麓の街「富士吉田」月江寺界隈の街並みが激しく昭和過ぎて悶絶した (全6ページ)

富士山麓の街「富士吉田」月江寺界隈の街並みが激しく昭和過ぎて悶絶した (全6ページ)

一応ながら東京100キロ圏内に位置する山梨県富士吉田市は富士山麓の標高700メートルの高原地帯に開けた県内第二位の都市で、古くから富士講の参拝者で賑わった街であ...

>記事全文を読む

下関の遊郭跡「下関新地」の路地裏がレトロ過ぎて悶絶する件 (全2ページ)

下関の遊郭跡「下関新地」の路地裏がレトロ過ぎて悶絶する件 (全2ページ)

本州と九州を隔てる関門海峡に位置する山口県下関市、ここまで来ると中国地方というより九州の属国みたいな感じがしないでもないが、県下最大の都市として海峡と向かい合う...

>記事全文を読む

南国宮崎場末飲食街紀行!宮崎市高松町に残る赤線跡「灰の木」のスナック街

南国宮崎場末飲食街紀行!宮崎市高松町に残る赤線跡「灰の木」のスナック街

南国宮崎市…九州の中でもとりわけ行きづらい場所だが、そのぶん繁華街は県庁所在地に集中していて、ニシタチや上野町といった場所を巡ったりしていた我々取材班だが、赤線...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

新日本DEEP案内へようこそ

2013年2月、コンテンツがゲス過ぎる旧日本DEEP案内から比較的まともなレポートのみ分離独立。日本全国の街ネタ情報、裏街徘徊等など、気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る