「 観光地 」一覧

全10件中 1〜10件目を表示

【もふもふウサギさん】広島県竹原市・うさぎと毒ガスと戦跡の島「大久野島」上陸記 (全2ページ)

【もふもふウサギさん】広島県竹原市・うさぎと毒ガスと戦跡の島「大久野島」上陸記 (全2ページ)

複雑な海岸線と数多の離島を抱える瀬戸内海。その地形上の理由で明治時代から様々な軍事施設が造られ、その一部は戦火に呑まれたり、秘密裏にその存在を消されていったりも...

>記事全文を読む

東京スカイツリーに便乗しまくり!標高634メートル「弥彦山」に登ってツリーパフェを食らう (全3ページ)

東京スカイツリーに便乗しまくり!標高634メートル「弥彦山」に登ってツリーパフェを食らう (全3ページ)

ひょんな理由で新潟にやってきた我々、新潟という土地は先祖が新潟出身者だという人(関東ではやたら多い)が里帰りに行く以外、よその人間が観光目当てで行くような動機も...

>記事全文を読む

絶海の孤島・南大東島で見た開拓史と巨大鍾乳洞、そしてカエルの轢死体 (全5ページ)

絶海の孤島・南大東島で見た開拓史と巨大鍾乳洞、そしてカエルの轢死体 (全5ページ)

絶海の孤島「南大東島」スペシャルレポートの続編。今度は在所集落を離れて南大東島を一周しながら見所を回っていく事にする。周囲21キロの島は高低差もあってチャリンコ...

>記事全文を読む

世界遺産候補の産業遺跡、長崎の超有名廃墟無人島「軍艦島」に上陸してきた (全3ページ)

世界遺産候補の産業遺跡、長崎の超有名廃墟無人島「軍艦島」に上陸してきた (全3ページ)

長崎県西彼杵郡高島町(現・長崎市)端島。長崎港の南西約17.5キロメートル、周囲1.2キロ、南北480メートル、東西160メートル、その僅かな面積の島に、500...

>記事全文を読む

那覇市「ゼファー那覇タワー」 – 超一等地の国際通りにそびえる廃墟ランドマークビル

那覇市「ゼファー那覇タワー」 – 超一等地の国際通りにそびえる廃墟ランドマークビル

那覇の国際通り周辺を歩いていると、以下のようなヘンチクリンなタワービルがいやがうえにも目に付く。そのビルの名は「ゼファー那覇タワー」。長らく那覇のランドマークだ...

>記事全文を読む

はるか、ノスタルジィの街「小樽」を歩き回ってきました (全6ページ)

はるか、ノスタルジィの街「小樽」を歩き回ってきました (全6ページ)

新千歳空港からJR北海道の快速エアポート号に乗り、札幌を素通りしてそのまま終点まで電車に乗り続けると、空港から1時間15分程度で小樽駅に辿り着く。 まず北...

>記事全文を読む

DEEP案内沖縄上陸記念!那覇国際通りそぞろ歩き。それを単なる観光と云う (全3ページ)

DEEP案内沖縄上陸記念!那覇国際通りそぞろ歩き。それを単なる観光と云う (全3ページ)

DEEP案内取材班は2011年春頃、まる一週間沖縄に滞在していたうちに本島一周に加えて久米島にも足を伸ばして沖縄DEEPの何たるかを体験していたのだ。初日は夜遅...

>記事全文を読む

真冬に行けば鬱度もアップ!福井県を代表する鬱観光名所「東尋坊」とレトロ展望台「東尋坊タワー」 (全4ページ)

真冬に行けば鬱度もアップ!福井県を代表する鬱観光名所「東尋坊」とレトロ展望台「東尋坊タワー」 (全4ページ)

大雪の中北陸自動車道で金沢から福井県に抜けてきた。目的地は福井随一の観光地として名高いあの「東尋坊」である。日本海に面する断崖絶壁の景勝。説明しなくとも有名過ぎ...

>記事全文を読む

青森県の超メジャー観光地は”死者に逢える場所”…下北半島の霊場「恐山」 (全4ページ)

青森県の超メジャー観光地は”死者に逢える場所”…下北半島の霊場「恐山」 (全4ページ)

青森県の下北半島を中心に、東北一帯には独特の地蔵信仰や、それに基づいたイタコで知られる民間信仰が残っている。 特に昔の東北地方は飢餓に苦しむ貧しい寒村が多...

>記事全文を読む

群馬を代表する大温泉街「伊香保温泉」を歩く・2009年版 (全3ページ)

群馬を代表する大温泉街「伊香保温泉」を歩く・2009年版 (全3ページ)

今でこそ日本人のレジャーはやれ海外旅行だという感覚が当たり前になってしまっているが、まだ海外旅行が高嶺の花だった昭和の高度経済成長期の時代には全国各地にある温泉...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

新日本DEEP案内へようこそ

2013年2月、コンテンツがゲス過ぎる旧日本DEEP案内から比較的まともなレポートのみ分離独立。日本全国の街ネタ情報、裏街徘徊等など、気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る