「 レトロ 」一覧

全134件中 106〜120件目を表示

NO IMAGE

コザ「沖縄市一番街」 (3) ゴヤ中央市場

1974年の沖縄市誕生と共に整備された胡屋十字路北西側に広がる大アーケード街「沖縄市一番街」は今では半ば廃墟化しながらもかつての栄華の名残りを留めている。 ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

コザ「沖縄市一番街」 (2) みかん通り・メロン通り

コザの中心市街地に残るアーケード商店街「一番街」は通りによって「いちご」だの「レモン」だのと果物の名前が付けられている。沖縄らしく「パパイヤ」だの「アテモヤ」だ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

コザ「沖縄市一番街」 (1) いちご通り・レモン通り

かつてのコザの中心繁華街「中央パークアベニュー」と「ゲート通り」の間に広がる一大商店街、それは今では終末的に寂れまくっているのだが、昭和の繁栄を色濃く残す空間が...

>記事全文を読む

那覇市首里大中町、住宅地のど真ん中に生き続ける裏文化遺産な映画館「首里劇場」を見に来た

那覇市首里大中町、住宅地のど真ん中に生き続ける裏文化遺産な映画館「首里劇場」を見に来た

戦後長らく鉄道がなかった沖縄に出来た沖縄都市モノレール「ゆいレール」に乗って終点の首里駅まで向かう。

>記事全文を読む

那覇で最も濃ゆいと思われる「栄町市場」と夜の社交街を眺める

那覇で最も濃ゆいと思われる「栄町市場」と夜の社交街を眺める

那覇を訪れると観光客でも何でもひとまず牧志公設市場のあるマチグヮーへ訪れる流れになる訳だが、那覇の商店街は何も一ヶ所だけではない。国際通りやマチグヮーなどと同じ...

>記事全文を読む

都市計画道路に分断された昔の那覇の盛り場「桜坂社交街」を歩く (全3ページ)

都市計画道路に分断された昔の那覇の盛り場「桜坂社交街」を歩く (全3ページ)

沖縄には本土ではあまり使う事もない独特の言い回しがあれこれある。夜の街を「社交街」と呼ぶ言い回しもそうだ。那覇をはじめ沖縄の色んな街にはスナックが密集する社交街...

>記事全文を読む

那覇マチグヮーの文化遺産「農連市場」はマジでボロボロ、東南アジア級の風情 (全4ページ)

那覇マチグヮーの文化遺産「農連市場」はマジでボロボロ、東南アジア級の風情 (全4ページ)

国際通りからガーブ川の暗渠に沿って続く商店街をひたすら突っ切った先、アーケード街が途切れて車道に挟まれた南側一帯に樋川という地区があり、農連市場という戦後のバラ...

>記事全文を読む

有名観光地ですがやっぱりDEEPでした「那覇のマチグヮー」端から端まで (全9ページ)

有名観光地ですがやっぱりDEEPでした「那覇のマチグヮー」端から端まで (全9ページ)

市場中央通り 観光客が那覇を訪れると必ずやってくるのが国際通りと、その南側一帯に広がる商店街。沖縄の方言じゃ「町小(マチグヮー)」などと呼ばれるのだが、国...

>記事全文を読む

北前船で栄えた日本海の港町…福井県坂井市三国町「三国港」の古い町並みを歩く (全3ページ)

北前船で栄えた日本海の港町…福井県坂井市三国町「三国港」の古い町並みを歩く (全3ページ)

福井県と言えば東尋坊ばかりが有名だが、そのお膝元にあるのは福井を代表する港「三国港」を抱える三国町(坂井市)である。古くから北前船の寄港地として栄え、市街地には...

>記事全文を読む

真冬に行けば鬱度もアップ!福井県を代表する鬱観光名所「東尋坊」とレトロ展望台「東尋坊タワー」 (全4ページ)

真冬に行けば鬱度もアップ!福井県を代表する鬱観光名所「東尋坊」とレトロ展望台「東尋坊タワー」 (全4ページ)

大雪の中北陸自動車道で金沢から福井県に抜けてきた。目的地は福井随一の観光地として名高いあの「東尋坊」である。日本海に面する断崖絶壁の景勝。説明しなくとも有名過ぎ...

>記事全文を読む

金沢・加賀藩主前田利家公を祀る「尾山神社」の真ん前に広がるバラック商店街を見に来た (全3ページ)

金沢・加賀藩主前田利家公を祀る「尾山神社」の真ん前に広がるバラック商店街を見に来た (全3ページ)

金沢駅からとぼとぼ雪の降る中を歩いて百万石通り沿いに香林坊まで行く手前に、加賀藩祖前田利家公を祀る尾山神社がある。

>記事全文を読む

東京に最も近い巨大鉱山町・日光市足尾町…「足尾銅山観光」と足尾の町並みを歩く (全3ページ)

東京に最も近い巨大鉱山町・日光市足尾町…「足尾銅山観光」と足尾の町並みを歩く (全3ページ)

栃木県南西部、渡良瀬川上流に位置する「足尾町」は江戸時代より400年以上に渡り銅を掘り続けてきた「足尾銅山」のお膝元として山深く隔絶された土地ながら長年栄えてき...

>記事全文を読む

【信州の羊肉食文化】長野県伊那市へ「ローメン」を訪ねて三千里、いや萬里 (全3ページ)

【信州の羊肉食文化】長野県伊那市へ「ローメン」を訪ねて三千里、いや萬里 (全3ページ)

長野県が昆虫食文化のある土地だとしてゲテモノ喰いのように言われている訳で信州人がこの事を内心ムカついているように思うけども、昆虫食だけが長野独自の食文化という訳...

>記事全文を読む

激渋過ぎるナワテ横丁…信州の城下町「松本」のレトロな街並みを堪能する (全2ページ)

激渋過ぎるナワテ横丁…信州の城下町「松本」のレトロな街並みを堪能する (全2ページ)

続いて訪れたのは長野県下第二の都市、城下町松本市である。観光地としても有名な国宝松本城を中心とした歴史ある城下町だけに長野市との対立が強い訳だが、もともと長野県...

>記事全文を読む

遊郭跡・鶴賀新地に続く道すがらの激寂れゾーン!長野市「西鶴賀商店街」を歩く (全2ページ)

遊郭跡・鶴賀新地に続く道すがらの激寂れゾーン!長野市「西鶴賀商店街」を歩く (全2ページ)

長野市の遊郭跡・旧鶴賀新地の区画からは微妙に外れるが、鶴賀新地から権堂商店街寄りに続く「西鶴賀商店街」には未だに怪しい佇まいのホテルが何軒も並んでいたりして、色...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

新日本DEEP案内へようこそ

2013年2月、コンテンツがゲス過ぎる旧日本DEEP案内から比較的まともなレポートのみ分離独立。日本全国の街ネタ情報、裏街徘徊等など、気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る