「 レトロ 」一覧

全134件中 16〜30件目を表示

津市の中心市街地に残るリバーサイドバラック「岩田橋商店街」

津市の中心市街地に残るリバーサイドバラック「岩田橋商店街」

三重県の県庁所在地「津市」の中心市街地は、県最大の都市である四日市には及ばないながらも官庁街や津観音の門前に開ける繁華街などがあり、その寂れっぷりからもそこそこ...

>記事全文を読む

中村遊郭へ続く道…名古屋駅徒歩圏内なのに激寂れで渋すぎる商店街「駅西銀座」を歩こう (全2ページ)

中村遊郭へ続く道…名古屋駅徒歩圏内なのに激寂れで渋すぎる商店街「駅西銀座」を歩こう (全2ページ)

愛知県名古屋市は、東京、大阪に次ぐ日本第三の都市とされる街。その玄関口である名古屋駅は、その東側ばかりが発展して、反対側の「駅西」「新幹線口」とも呼ばれる太閤通...

>記事全文を読む

三重県の県庁所在地・津市にある昭和レトロ魔窟「大門商店街飲食店街」がボロ過ぎてヤバイ (全3ページ)

三重県の県庁所在地・津市にある昭和レトロ魔窟「大門商店街飲食店街」がボロ過ぎてヤバイ (全3ページ)

三重県の県庁所在地「津市」…お伊勢参りやナガシマスパーランドが有名な三重県だが、ことさら県庁所在地のマイナー具合ではトップクラスではないかと思わせる存在感のない...

>記事全文を読む

鬼怒川温泉にあった幻の色街…赤線跡「花の町」とは何なのか (全2ページ)

鬼怒川温泉にあった幻の色街…赤線跡「花の町」とは何なのか (全2ページ)

平成の大合併により栃木県日光市の一部となった旧塩谷郡藤原町に位置する「鬼怒川温泉」…そこは関東屈指の大温泉地で、東京都心から東武鉄道一本で行ける一大観光地でもあ...

>記事全文を読む

空知の繁華街・岩見沢市「三条遊郭」跡と三条小路、寂れた盛り場を歩く (全2ページ)

空知の繁華街・岩見沢市「三条遊郭」跡と三条小路、寂れた盛り場を歩く (全2ページ)

北海道空知地方の中心都市、岩見沢市にやってきた。札幌からも車や鉄道で1時間以内で来られる距離にあるが、札幌のベッドタウンという以上に、とりわけ高度経済成長期には...

>記事全文を読む

オンボロバラック市場が再開発計画で見納め間近…沖縄一朝が早い「農連市場」再訪 (全2ページ)

オンボロバラック市場が再開発計画で見納め間近…沖縄一朝が早い「農連市場」再訪 (全2ページ)

深夜2時半を過ぎた那覇市街…さすがの夜更かし好きな県民性である沖縄でもこの時間になると街から人通りも消えるものだが、我々はある目的の為に無理矢理早起きした。「早...

>記事全文を読む

軍港佐世保の台所!防空壕の中に店がある「とんねる横丁」と戸尾市場

軍港佐世保の台所!防空壕の中に店がある「とんねる横丁」と戸尾市場

長崎県佐世保市。呉や横須賀、舞鶴などと同じく海軍の街として栄え、さらには戦後は米軍基地が進出してきた街で、歴史的にも色々とんがった感じがする土地なのだが、最近こ...

>記事全文を読む

マジな門司港レトロはここにある。「門司港栄町銀天街」とその周辺の街並み (全3ページ)

マジな門司港レトロはここにある。「門司港栄町銀天街」とその周辺の街並み (全3ページ)

関門海峡に面した九州の玄関口、北九州市の門司港。散々北九州と言えばバイオレンスシティだとか手榴弾がどうとかそういう物騒なネタで持ちだされてばかりなのだが、本土の...

>記事全文を読む

群馬にある蛇好きの聖地!「ジャパンスネークセンター」で蛇料理を喰らってきた (全3ページ)

群馬にある蛇好きの聖地!「ジャパンスネークセンター」で蛇料理を喰らってきた (全3ページ)

この現代日本において食用として口にする事が難しくなっている食材がいくつかある。そのうちの一つに挙げるものが「蛇」だ。以前我々取材班は東京・上野に残る、都内でもた...

>記事全文を読む

絶滅寸前レトロゲームと自販機が残る昭和の遺跡・邑楽町「コインスナック ジョイフル24」 (全2ページ)

絶滅寸前レトロゲームと自販機が残る昭和の遺跡・邑楽町「コインスナック ジョイフル24」 (全2ページ)

ある群馬県出身者の方に聞くと「どこにでもあるもので別に珍しくも何ともなかったのだが、よそから見るとそうでもないんだね」と言わしめた程、とりわけ群馬県だけに多いも...

>記事全文を読む

自販機荒らしを許すな!セキュリティ万全の終末的ドライブイン「ピーパック安中 飯島屋」 (全2ページ)

自販機荒らしを許すな!セキュリティ万全の終末的ドライブイン「ピーパック安中 飯島屋」 (全2ページ)

全国各地に整備されつつある高速道路網、近年では高速のSA・PAが小奇麗に生まれ変わりリア充の溜まり場みたくなっててどうにも興醒めしそうになる昨今だが、高速道路が...

>記事全文を読む

世界遺産「富岡製糸場」のある街、富岡の街並みと二町通りの遊郭跡 (全4ページ)

世界遺産「富岡製糸場」のある街、富岡の街並みと二町通りの遊郭跡 (全4ページ)

2014年6月、世界遺産に登録された群馬県富岡市の「富岡製糸場」。一部では世界遺産がモンドセレクション化した等どうたらこうたらケチをつけたがる人もいるようだが、...

>記事全文を読む

昭和全開の温泉施設「大名古屋温泉」が閉館するというのでひとっ風呂浴びてきた (全2ページ)

昭和全開の温泉施設「大名古屋温泉」が閉館するというのでひとっ風呂浴びてきた (全2ページ)

2014年3月末、どうやら色々な意味で節目を迎える時期となった。4月から消費税が5%から8%に増えるという事は庶民の財布の紐ばかりか、古びた施設を経営する側にと...

>記事全文を読む

北前船寄港地で遊郭跡があったらしい秋田市「土崎港」のレトロな街並みを眺める

北前船寄港地で遊郭跡があったらしい秋田市「土崎港」のレトロな街並みを眺める

東北地方の日本海側沿いを走る国道7号を青森からずんずん南下しながら、遊郭跡を探してやってきたのだが、そんな中で立ち寄ったのが秋田市の土崎港という場所。便宜上「秋...

>記事全文を読む

神風特攻隊がいた基地の街「鹿屋」の新天街通りと激寂れな中心市街地を歩く (全3ページ)

神風特攻隊がいた基地の街「鹿屋」の新天街通りと激寂れな中心市街地を歩く (全3ページ)

我々は鹿児島県鹿屋市という街を訪れていた。こちらは人口10万を数える大隅半島側の中心都市である。鹿屋市は2006年に周辺市町と合併してからは広大な面積を誇る自治...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

新日本DEEP案内へようこそ

2013年2月、コンテンツがゲス過ぎる旧日本DEEP案内から比較的まともなレポートのみ分離独立。日本全国の街ネタ情報、裏街徘徊等など、気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る