「 四国 」一覧

全11件中 1〜11件目を表示

造船の町・今治の裏名所「蒼社川」土手沿いに連なる不法占拠バラック家屋群 (全2ページ)

造船の町・今治の裏名所「蒼社川」土手沿いに連なる不法占拠バラック家屋群 (全2ページ)

タオルと造船の街、愛媛県今治市。工業都市として栄えてきたこの街には、戦後の時代を彷彿とさせる街の痕跡がそこかしこに残されている。今治駅前の赤線跡もそうだが、もう...

>記事全文を読む

戦後の赤線地帯が廃墟化してヤバ過ぎる異空間状態。今治駅前飲食街を訪ねる (全2ページ)

戦後の赤線地帯が廃墟化してヤバ過ぎる異空間状態。今治駅前飲食街を訪ねる (全2ページ)

タオルと造船の街、愛媛県今治市にある今治ラヂウム温泉でひとっ風呂して一泊しに訪れた時の事である。今治駅前にも戦後の趣きを残すヤバイ飲食街があるというのでついでに...

>記事全文を読む

【追悼やなせたかし】「ごめん」とひたすら平謝りの街が高知にある訳だが、そこはアンパンマンの街でした (全2ページ)

【追悼やなせたかし】「ごめん」とひたすら平謝りの街が高知にある訳だが、そこはアンパンマンの街でした (全2ページ)

「それいけ!アンパンマン」の漫画家やなせたかし氏が死去したというニュースを聞いて、そういえば高知に行った時にアンパンマンキャラクターだらけの街があったという事を...

>記事全文を読む

今治市に唯一残る奇跡のレトロモダン戦前建築!「今治ラヂウム温泉」でひとっ風呂浴びてきた

今治市に唯一残る奇跡のレトロモダン戦前建築!「今治ラヂウム温泉」でひとっ風呂浴びてきた

尾道からしまなみ海道とやらを抜けて本州から陸路で行き来できる四国・愛媛の今治市。タオルと造船の街、それから某焼肉タレメーカーの悪趣味な宮殿があったりする。県庁所...

>記事全文を読む

これがうどん県の実力…高松・片原町駅前「パラダイス通り」とその周辺を歩く (全3ページ)

これがうどん県の実力…高松・片原町駅前「パラダイス通り」とその周辺を歩く (全3ページ)

うどん県高松市には旧八重垣遊郭・城東町をはじめとして現役遊里がそこかしこに点在していて散策しがいのある都市だ。高松中央商店街のアーケードを通り抜けた先の片原町界...

>記事全文を読む

【うどん県なのに泡の国】高松港近くの怪しい半島「城東町・旧八重垣遊郭」を歩く

【うどん県なのに泡の国】高松港近くの怪しい半島「城東町・旧八重垣遊郭」を歩く

高松市城東町という場所はJR高松駅の東1キロ程の場所にあり大きく半島状に突き出た特異な地形となっている。元々は高松港の一部で埠頭となっているのだが明治時代から「...

>記事全文を読む

陽暉楼があった土佐随一の遊郭が今では…高知市「玉水新地」を歩く (全2ページ)

陽暉楼があった土佐随一の遊郭が今では…高知市「玉水新地」を歩く (全2ページ)

高知市の中心市街地があるはりまや橋から土佐電鉄の路面電車に乗って2キロ程西に行った場所にかつて遊郭として栄えた「玉水新地」の名残りを残す一画がある。現在の地名で...

>記事全文を読む

高知が誇る唯一無二のセルフビルド建築「沢田マンション」に泊まってきた (全4ページ)

高知が誇る唯一無二のセルフビルド建築「沢田マンション」に泊まってきた (全4ページ)

東日本大震災の被害などでも思い知らされたように日本が地震国家で昨今の耐震偽装事件で知られる某姉歯物件などを見てもマンション業界やデベロッパーへの不信感が際立つ今...

>記事全文を読む

NO IMAGE

丸亀「一寸島神社」境内を占拠するバラック群 (2)

丸亀駅前の福島町遊郭跡にぽつんと佇む「一寸島神社」の境内はバラック家屋が密集していてかなり異様な姿を見せている。 神社の参道にずらりと並ぶバラック群はその多く...

>記事全文を読む

NO IMAGE

丸亀「一寸島神社」境内を占拠するバラック群 (1)

丸亀駅の真ん前に広がる元遊郭の道を突き当たった所に一寸島(いつくしま)神社がある。ここがまた強烈なビジュアルで、一目見た瞬間に開いた口が塞がらなくなる。 なに...

>記事全文を読む

金毘羅参りの玄関口だった丸亀の二大駅前遊郭!「福島町遊郭・西平山町遊郭」を訪ねる (全3ページ)

金毘羅参りの玄関口だった丸亀の二大駅前遊郭!「福島町遊郭・西平山町遊郭」を訪ねる (全3ページ)

はるばる東京から夜行列車「サンライズ瀬戸号」に乗って四国に入った我々取材班の目的は四国各地にある赤線跡巡りだ。2泊3日の強行スケジュールだったので訪問出来た場所...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

新日本DEEP案内へようこそ

2013年2月、コンテンツがゲス過ぎる旧日本DEEP案内から比較的まともなレポートのみ分離独立。日本全国の街ネタ情報、裏街徘徊等など、気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る