名鉄尾張瀬戸駅前の超レトロ空間「せと銀座通商店街」と「宮前地下街」 (全3ページ)

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

名古屋の都心「栄」から名鉄瀬戸線に乗って片道38分…そこは「せともの」の産地として知られる愛知県瀬戸市。常滑と並ぶ愛知県屈指の窯業の街である。この街に何しに来たかというと、かつて「陶華園」という赤線跡があったという場所を見に行ったのが第一の目的だったのだが、尾張瀬戸駅前にある商店街が恐ろしくレトロ過ぎて悶絶しそうになったので、是非お伝えしたいと思った次第だ。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

名鉄瀬戸線の終着駅である尾張瀬戸駅に到着。同じ名鉄線の他路線に接続していない孤立路線で、元々は瀬戸焼の貨物輸送手段として地元実業家の出資で明治38(1905)に開業した瀬戸電気鉄道(当初は瀬戸自動鉄道)が前身で、そのため今でも地元民には「瀬戸電」と呼ばれている。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

以前の尾張瀬戸駅はレトロモダンなオンボロ駅舎だったのが2001年に今の建物に建て替えられた。愛知万博開催の影響もあってか周辺は軒並み再開発が入り、随分小奇麗になってしまっている。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

そんな尾張瀬戸駅の隣にあるガラス張りの派手な複合商業施設「パルティせと」も2005年開業。瀬戸市が愛知万博の当初のメイン会場予定地だったためか、行政はこの尾張瀬戸駅を万博アクセス拠点と位置づけて開発し、この建物も黒川紀章設計の豪華な箱物として出来上がっている訳だ。斜向かいにある「瀬戸蔵」と合わせて箱物臭が半端無いです。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

駅前を流れる瀬戸川沿いには古くからの「瀬戸物屋」が軒を連ねる。毎年9月には「せともの祭」が開催されて川沿いが焼物直売店で埋め尽くされるので、これはこれで見ものだったりするのだが、普段は寂れ気味な街といった印象。今どき瀬戸と聞いたら瀬戸内海の方がメジャーらしいが、女優の瀬戸朝香は瀬戸市出身なのでみなさん覚えておきましょう。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

尾張瀬戸駅前から瀬戸川沿いの道(中央通)を一本中に入った路地をしばらく進むと、銀座通商店街というのがあるのでそちらへ向かう。道中の街並みもそこはかとなく古びていて素晴らしい。古くから産業のある街というのは風格が違いますね本当に。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

程なく「せと銀座通商店街」のアーケードが現れる。これまた鄙びた感じがたまらないのですが、道幅も狭いめで、山がちな土地ならではの密集感を感じさせる。中央通、末広商店街と並んで瀬戸市中心部の三大商店街の一つと称される。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

アーケード街は全長200メートルもなく、東端部には深川神社の参道、さらに瀬戸川を挟んだ向こうに「末広商店街」という別のアーケード街が続いている。愛知県にある他のアーケード商店街と同様、やはり寂れた感は拭えない。このアーケードは昭和39(1964)年に設置されたものだという。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

ところでこのアーケード街の入口に何やら尋常ならざる佇まいの薬局があるんですが…ベタベタ張り紙があったり幟が立てかけられまくっていたりと見るからに異様な「ウオズミ銀座薬局」。「健康指導専門 いいですか病院薬だけで」などとのっけから強気の姿勢。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

店の玄関周りを占拠するありとあらゆる張り紙の数々、店主直筆の各種健康ドリンクやサプリメント諸々の宣伝文句がびっしり。凄まじい情報過多っぷりに圧倒されそうだ。ちょっとそこらの薬局とは気合が違う。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸 愛知県瀬戸市 尾張瀬戸 愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

漢方薬からリウマチの薬から、パワフルな精力剤まで種類は問わず、張り紙ベタベタしまくり。毎月第三土曜日は東海ラジオに出演されているという精力的なご主人がいる薬局だそうですがあまりの張り紙の多さに目がチカチカしてしまいました。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

閉店後のシャッターも迫力が凄いぞウオズミ銀座薬局。薬局なのに黒一色のシャッターなのもアンダーグラウンド感あって素晴らしい。瀬戸市民には見慣れた光景なんだろうが、ちょっとどころじゃない独走感のある街の薬局だ。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

そこからアーケードを出たところに「みそかつレストサカエ」という食い物屋があって、これまた名古屋臭満載なんですが、この店の横の駐車場スペースもなんだか変で、よく分からない陶器の置物が塀の上にずらりと並べられているのである。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

遠目で見ると少し分かりづらいですが、陶器の置物はそれぞれ手作りで、キャラクターのジャンルにはこだわりがないようで色んなものがてんでんばらばら置かれているのだが、数が多すぎて圧倒される。陶器の町瀬戸市らしい光景である。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

「とんかつ みそかつ ぼく、こんかつ」そんな、ラーメン、つけ麺、僕イケメンみたいな語呂で言われても…

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸 愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

完全にネタ全開になっていてアレなのだが、こう見えても「サカエ」は創業70年という地元では老舗の洋食屋さんらしいですよ。

愛知県瀬戸市 尾張瀬戸

飯時になると誘惑のネオンサインを放つ「みそかつレストサカエ」。寂れ気味な瀬戸市の中心部でガッツリ名古屋めしを食うならここでしょう。

>2ページ目を読む


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

スポンサーリンク
トップへ戻る