試される大地の試される団地・札幌市東区役所前「光星団地」

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

札幌市と言えば「西友返金騒動」に代表されるようにDQN度数が異様に高く、政令市の中では生活保護率も大阪市の次に高いという結構アレな話が尽きない土地だが、じゃあそんな庶民が暮らしている街並みは如何なものだろうかずっと気になっていた。首都圏暮らしの我々からするとなかなか行けない北海道、札幌に来たらやはりド定番にすすきのとか行っちゃったりするんですが、さすがに二度目なので少し違った場所も歩いてきました。

札幌市 光星団地

今回やってきたのは札幌市東区役所前。札幌駅から北東に外れた一画ですな。近くにはサッポロビール博物館なんかもあって都心には割に近い所です。まあ頑張れば地下鉄に乗らずとも札幌駅から歩けなくはない距離である。

札幌市 光星団地

東区役所前の駅前に降り立つとのっけからレトロな「ショッピングセンター光星」がお出迎え。センスがバリバリ昭和であり年季を感じさせる作りだが、一応ながら駅前のお買い物拠点といったところか。

札幌市 光星団地

駅前一等地なのにあまり栄えた感じもしない商業施設だが気になってしょうがないので入ってみる。営業時間は朝9時半から夜7時まで。閉まるの早すぎ。

札幌市 光星団地

案の定入ってみるとくたびれ感全開の店内、買い物客は婆さんばかりである。この一帯はまさしく都心の限界集落と化しているようで、団地住まいで一人暮らしの高齢者ばかりなんだろう。

札幌市 光星団地

ショッピングセンター内はたいそうに吹き抜けまであってX字型の特徴ある階段が2階へ通じている。念の為に2階も見たけど空き店舗だらけで、いよいよ街の空洞化が始まっているようだ。

札幌市 光星団地

こういう昭和臭丸出しの古臭いショッピングセンターに来ると無駄にはしゃいでしまうものだがあんまりのんびりも出来なかったのでそろそろ移動する。やっぱり北海道でも「山は富士」なんですね。羊蹄山とか利尻富士とか色々あるけど。

札幌市 光星団地

駅前風景を見ていても、さほど都心から離れていないのに街並みが郊外的なのは札幌ならではの特徴なのか。目の前にある札幌名物らしいスープカレー屋で昼ご飯食べました。その向こうに見える和風ファミレス「とんでん」は北海道ローカルだけど何故か埼玉を中心に首都圏にも沢山あるチェーン店。

札幌市 光星団地

ここいら一帯は光星地区と呼ばれ「市営光星団地」というのがある。光る星と書いてコーセーですよ。カッチョええネーミングですな。札幌市営地下鉄の東区役所前駅周辺に整備された高層市営住宅が多数林立しまくっている。

札幌市 光星団地

駅前の大通りから一歩東側に入る。そこには見事な高層団地群が。これが現代の屯田兵の住まいか…14階建てでそれぞれ世帯数も多い。冬場は厳しい寒さと雪で閉ざされるこの札幌の団地でも「見た目」的には大阪とかで見るそれと大差ない。ド都心でも駐車場スペースがゆったり取られているのは札幌ならではの事情であろう。

札幌市 光星団地

光星団地の南側に出る。ここから札幌駅方面に伸びる通りは「ななめ通り」「ファイターズ通り」などと呼ばれているそうで。そこにあるのは「札東映劇」と看板が出ている映画館なんだけど、いわゆる大人のおじさん向けな専門映画館だったりするのだ。すすきののど真ん中とかにあれば、まあ驚きはしないんですが、ここは繁華街からも離れた何の変哲も無い団地ゾーン。こんな場所にまさか…と思うような立地である。建物も鮮やかな山吹色一色に塗りたくられていて、やたら目立つ。

札幌市 光星団地

札東映画劇場の入口。建物外観だけ見ているとどこかの公民館のような色気のない佇まいだけど、しっかりアレなポスターも貼っているし、完全にマニアック向けだ。毎週木曜日はお客様感謝デーとまるでイオンみたいだが、アッー!なおじさま方で流行ってるんでしょうな。さらに向かいはでかい駐車場を備えた豪華なパチンコ屋まであるし、まあなんというか試される大地の庶民生活が伺える街並みです。

札幌市 光星団地

そんなマニアック向けな団地ゾーンに囲まれた商業施設。「ニュー札東ビル」という商店棟があったりするんですね。これももちろん光星団地の一部として機能していて団地同様どこか古めかしい。そそられますなあ。東京にあるニュー新橋ビルはおじさん御用達だけど、ここもそれっぽい。

札幌市 光星団地

しかも正式名称が「光星改良第5店舗」ときたもんだ。これは改良されて出来たものなんですねつまりは。以前はやはりバラック建てだったりしたのでしょうか。雪とかで潰されないようにと、こんな場末の商業ビルでも頑丈に出来ているのが特徴です。

札幌市 光星団地

ニュー札東ビルの外観側面にもずらりと商店が並んでいるが、一様にやれた佇まいで空気が濃ゆい。大衆食堂、スナック、ホルモン焼肉店、居酒屋…どれも大衆向け。

札幌市 光星団地

反対側に回ればそこは見事にスナック街。奥の黄色い建物がさっき見た「札東映劇」とパチンコ屋であり、「飲む」と「打つ」となんとやらが近接しとります。完全に下町仕様全開。ここは試される大地の試される団地です。

札幌市 光星団地

さらにニュー札東ビルの内部、階段を上がって2階に登ってみる。ここも同様にスナック街である。夜になったらやはり近所の団地に住んでるおっちゃん達が集まって賑やかになるんでしょうかね。また見に来たい。

札幌市 光星団地

そういった如何わしい店や映画館に囲まれて林立する高層市営住宅群。どこか無機質で暗い表情がするのは気のせいだろうか。札幌市内にはこんな感じの高層団地があちこちに存在している。人口200万人近くが住んでいる北限の大都会札幌。まだまだ我々取材班の知らない街並みが隠れているのだろう。今後北海道に来る事があれば、いつでも屯田兵になった気分で開拓してみたい。


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

スポンサーリンク
トップへ戻る