全442件中 406〜420件目を表示

青森県つがる市の遮光器土偶型駅舎「木造駅」のしゃこちゃんに会いに行きました (全3ページ)

青森県つがる市の遮光器土偶型駅舎「木造駅」のしゃこちゃんに会いに行きました (全3ページ)

青森県では三内丸山遺跡をはじめとして縄文時代の遺跡があっちこっちに残っている。亀ヶ岡遺跡のある木造町(現・つがる市)という所は明治時代に遮光器土偶が発掘されたと...

>記事全文を読む

【ご当地焼きそば】こけしとこみせの里「黒石市」でつゆ焼きそばを食す

【ご当地焼きそば】こけしとこみせの里「黒石市」でつゆ焼きそばを食す

弘前駅から弘南鉄道というローカル鉄道に乗って終点の黒石駅まで行く。そこは弘前藩の支藩・黒石藩として江戸時代から長い町の歴史を持つ黒石市の玄関口である。

>記事全文を読む

うっかり私有地に道路を作って泥沼化!平成の関所「波崎シーサイド道路」の私有地問題 (全2ページ)

うっかり私有地に道路を作って泥沼化!平成の関所「波崎シーサイド道路」の私有地問題 (全2ページ)

鹿島臨海工業地帯などで知られる茨城県の南東部、利根川河口の銚子港をのぞみ、鹿島灘に面して大きく角状に出っ張った先端部に、波崎という街がある。 現在の波崎町は神...

>記事全文を読む

伝説の泡沫候補「羽柴誠三秀吉」の本丸・小田川城を攻略してきた (全3ページ)

伝説の泡沫候補「羽柴誠三秀吉」の本丸・小田川城を攻略してきた (全3ページ)

青森・金木町の名物と言えば吉幾三や太宰治ばかりではない。日本各地の選挙に立候補してきた選挙マニアで豊臣秀吉の生まれ変わりであると自称する羽柴誠三秀吉が城を構えて...

>記事全文を読む

あの世に思いを馳せる場所…津軽霊場「川倉賽の河原地蔵尊」 (全2ページ)

あの世に思いを馳せる場所…津軽霊場「川倉賽の河原地蔵尊」 (全2ページ)

青森県をはじめとして東北各地で独特の地蔵信仰が盛んである事は以前の恐山でも窺う事が出来た。しかし現実の恐山はあまりに観光地化し過ぎていて、三途の川の前で記念写真...

>記事全文を読む

青森のアンダーグラウンド地帯!青森駅前「第三新興街」があまりにドサクサバラック過ぎた (全2ページ)

青森のアンダーグラウンド地帯!青森駅前「第三新興街」があまりにドサクサバラック過ぎた (全2ページ)

青森駅前の繁華街は長らく戦後の闇市の名残りが続いていた光景が見られていたのだが、再開発ビルの建設などで駅から見える部分はかなり小奇麗に変わってしまった。しかし駅...

>記事全文を読む

東北最強バラック飲食店街の集大成!仙台市「壱弐参横丁」のオンボロレトロ具合が凄い件 (全4ページ)

東北最強バラック飲食店街の集大成!仙台市「壱弐参横丁」のオンボロレトロ具合が凄い件 (全4ページ)

JR仙台駅から徒歩10分、青葉通りから東北大学方面にサンモール一番町商店街を南下すると左手に現れる巨大バラック建築、通称「壱弐参(いろは)横丁」。 全長約...

>記事全文を読む

仙台城直下のゴーストタウン!川内追廻地区の引揚者住宅群を歩く (全3ページ)

仙台城直下のゴーストタウン!川内追廻地区の引揚者住宅群を歩く (全3ページ)

この記事で紹介されている仙台市追廻地区は現在立ち退きが完了し地区内に入る事が出来なくなっています。当レポートの取材は2010年5月当時のものです。ご了承下さい。...

>記事全文を読む

頭上から糞の危険にドキッ!ウミネコだらけの「蕪嶋神社」参拝記 (全3ページ)

頭上から糞の危険にドキッ!ウミネコだらけの「蕪嶋神社」参拝記 (全3ページ)

八戸の中心市街地を抜けて、鮫漁港という所までやってきた。

>記事全文を読む

青森県八戸市・朝市の街「陸奥湊」と鄙びた街並みを歩く (全3ページ)

青森県八戸市・朝市の街「陸奥湊」と鄙びた街並みを歩く (全3ページ)

漁業の町である八戸は、やはり朝が早い。市内各所に朝市が催されていて街の目玉になっているのだ。市内中心部にある「~日町」の地名は朝市の文化を匂わせるものだし、八戸...

>記事全文を読む

仙台のバラック飲食街・壱弐参横丁の隣!「文化横丁」もなかなかオツな飲み屋街です

仙台のバラック飲食街・壱弐参横丁の隣!「文化横丁」もなかなかオツな飲み屋街です

青葉通りから南側のサンモール一番町商店街に入ると、アーケードを外れた左側に文化横丁という飲み屋街がひっそり佇んでいる。

>記事全文を読む

寂れまくり場末感全開で全然銀座らしくない「仙台銀座」が仙台駅近くにあります

寂れまくり場末感全開で全然銀座らしくない「仙台銀座」が仙台駅近くにあります

JR仙台駅南西、南町通りと東二番丁通りの交差点南東角一帯に戦後のドサクサで作られたという飲食店街が残る場所がある。その名も「仙台銀座」。

>記事全文を読む

杜の都「仙台市」仙台駅周辺の活気ある商店街と市場をひたすら練り歩いた (全4ページ)

杜の都「仙台市」仙台駅周辺の活気ある商店街と市場をひたすら練り歩いた (全4ページ)

当取材班、これまで縁もゆかりもなかった東北地方のDEEPな街を発掘する為、新幹線に乗って杜の都仙台市まで訪れた。

>記事全文を読む

本州最北端まで行くと何が有るのか…青森県大間町「大間崎」まで行ってきた

本州最北端まで行くと何が有るのか…青森県大間町「大間崎」まで行ってきた

電車の座席にしてもトイレにしても、人間、何かと端っこが好きな生き物である。だから旅行でも「最果て」とか「最北端」といった言葉には、何かしらの意味もないロマンを感...

>記事全文を読む

映画「飢餓海峡」の風景、本州最北端の軍都!下北半島・むつ市「大湊」を訪ね歩く (全5ページ)

映画「飢餓海峡」の風景、本州最北端の軍都!下北半島・むつ市「大湊」を訪ね歩く (全5ページ)

存在自体が最果て感全開な青森県でもさらに最果ての土地が下北半島である。その島の形からまさかり半島とも呼ばれる。その下北半島の中心となる街がむつ市だ。 本州最北...

>記事全文を読む

タグクラウドから記事を探す

新日本DEEP案内へようこそ

2013年2月、コンテンツがゲス過ぎる旧日本DEEP案内から比較的まともなレポートのみ分離独立。日本全国の街ネタ情報、裏街徘徊等など、気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る