キム・ヨナシチューに拷問マッサージ?!恩納村「マリブハウス」が何だか電波でヤバそうな件

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

沖縄本島北部にある国頭郡恩納村。国道58号に沿って東西に細長く続く道なりにリゾートホテルや別荘地が多数立ち並ぶ日本屈指のリゾートタウン。黒い疑惑で突然テレビ引退した島田紳助が一時期生活していた事もある土地でもある。おんな村に万座毛だのいんぶビーチだのがあるせいで色々とネタにされやすい土地だ。そんな事はどうでもいいのでとりあえず見て頂きたい珍物件がある。

恩納村 マリブハウス

恩納村の国道58号を突っ走っているといきなり目につく妙な看板。「イチローカレー」「イチローカレー」「イチローカレー」「イチローカレー」…とひたすらドライバーの視覚に訴えてくる電波チックな看板群。当取材班の電波センサーがビビビっと受信した模様。イチローカレーというのは、そのまんまな解釈だけど、イチローさんが作ってるカレーなのか?それとも…なんなの?これは立ち寄らない訳には行くまい。

恩納村 マリブハウス

おかしな磁場に引き寄せられて思わず駐車場に停めて看板を反対側から見てみると今度は「キム・ヨナシチュー」「キム・ヨナシチュー」「キム・ヨナシチュー」と連呼しまくりんぐ。これで店主の名前がイチローという線はほぼ消えた。キム・ヨナと聞くとフィギュアスケートのキム・ヨナ以外の誰でもなかろう。しかし何故有名スポーツ選手の名前をかたった料理をプッシュしまくっているのだこの店は。

恩納村 マリブハウス

それらの答えは店舗の看板に全て書かれていた。
「イチロー(選手)にも食べてもらいたいカレー」
「キム・ヨナ(選手)にも食べてもらいたいシチュー」
…スポーツ選手の名前を商品名に入れていたのは単なる店主の「願望」だったようだ。店の名前も「ヘルシーフードレストラン・マリブハウス」とある。健康食品を使った料理を出すお店という事らしい。

恩納村 マリブハウス

そもそも恩納村自体がリゾート地で、この店の目の前にもマリブビーチという砂浜が広がっている。近くの真栄田岬には青の洞窟とかいうダイビングスポットがあって海で遊びたい観光客の間ではまあ有名な所らしい。泳がないし潜らないから全然知らないけど。

恩納村 マリブハウス

そしてこのマリブハウス、単に料理を出しているだけではないようだ。料理体験も開いているようで1日5回のスケジュールに分けて健康食品を使った料理の作り方なんかを教えてもらえそうな雰囲気だ。そんな体験教室でも試食でイチローカレーとキム・ヨナシチューがプッシュされている。よほどの自信があるようだ。

恩納村 マリブハウス

そしてこれがイチローカレーとキム・ヨナシチューの現物写真。イチローカレーの米は玄米入りひじきご飯となっているのが特徴らしい。なぜイチローにカレー、キム・ヨナにシチューを食べてもらいたいのか、本人に食べてもらうとどうなるのか、そんな率直な疑問はずっと謎なままだ。

恩納村 マリブハウス

それどころか「宮里美香おにぎり」「室伏広治ハンマーおにぎり」というメニューまであるという始末。英語併記で重ねてアピールしているあたり、話題を聞きつけた本人が誰かここまで食べに来たりした事はこれまであっただろうか。一応、他にもステーキとか沖縄のレストランらしいメニューも一通りあるようだ。

恩納村 マリブハウス

別にこの2人、マリブハウスで食った事もないと思うんだけど店主に写真まで持ちだされてアピールされる強引なこじつけぶりがたまりません。

恩納村 マリブハウス

そんな妙な電波を漂わせている気になるレストランはこちら。まあリゾート地らしい佇まいで普通っぽいんだけど貼り付けられてる看板の類が普通じゃないんだな。玄関横のボードには店主の熱い思いが語られた「マリブハウス21世紀ビジョン」と書かれた文章もあるのでお暇なら読みましょう。食べ物で人生が変わる話とか、有難いお話が色々書かれてました。

恩納村 マリブハウス

マリブハウスに名前を挙げられちゃっているスポーツ選手の中で唯一地元沖縄県出身なのがゴルフの宮里美香ですがご本人は知っておられるのでしょうか。沖縄出身のゴルフ選手と言えばこの人より宮里藍の方が有名だと思うんだけどこっちはガン無視かよ。

恩納村 マリブハウス

ともかくこれだけ見て、店主がスポーツ大好きなのと映画が大好きなのはよく分かった。なぜか古臭い西部劇のポスターばかりが一列にずらりと並べられた姿は店主の趣味の世界以外の何者でもない。

恩納村 マリブハウス

レストランや料理体験だけでなく2階ではリハビリテーションもやっているという多角経営なマリブハウス。やっぱり場所柄、ダイビング後の客に整体とかマッサージとかを施しているのだろうか。

恩納村 マリブハウス

それはいいが下の看板を見てますます訳が解からなくなってきました。
「マリブの激痛克服施術法は独自の体験から生まれた拷問マッサージだからできる」
なんだよ「拷問マッサージ」って…突如現れた「拷問」というバイオレンスな二文字、そして意味深な「ハンマー」と「T型棒」のイラスト…途端にヤバい香りが漂って参りました。えーと、そろそろ帰ろうか…ちなみにマリブハウスの3点セット食品を購入すると無料で拷問マッサージが受けられるらしい。命が惜しく無ければ、誰か試してみてくれ。

恩納村 マリブハウス

だが、まだこれだけで終わりではなかった。国道58号を挟んだ向かいの山に自由の女神像と「HOLLYWOOD」の看板がデデーンと鎮座していたのだ。ここは沖縄のハリウッドだったのか!どうでもいいけど自由の女神像は関係ないと思うんですがアメリカ繋がりって事で置いているだけなのか。テキトーだな。

恩納村 マリブハウス

これだけニヤニヤしながら観察させてもらったのだが、ここに来る直前にシーサイドドライブインでたらふく食ってきたばかりなので結局店内に入らずじまい。なんとも中途半端なオチになりました。また沖縄に行った時に寄るかも知れんが…マリブハウスが気になったお近くの人、恩納村までイチローカレーとキム・ヨナシチューを食べに行って拷問マッサージ受けてきて当取材班にレポートして下さい。そこの貴方(読者)にも行ってもらいたいマリブハウス。

マリブハウス

営業時間 12:00~21:00 年中無休
沖縄県国頭郡恩納村山田3085-1

沖縄県国頭郡恩納村山田3085-1


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

スポンサーリンク
トップへ戻る