名古屋・中村遊郭跡 – 旧遊郭地の周囲に残る昭和の盛り場を歩く。廃墟の横丁、市内最古の映画館…

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

名古屋市中村区にある「中村遊郭跡」は以前訪問してここにレポートを書いたのだが、数多く残る現役時代の妓楼のクオリティの高さに名古屋の本気を見せつけられ色々と感心させられた次第である。しかし今回は旧遊郭地における妓楼の建物以外の部分に焦点を当てたいと思う。

中村遊郭跡 飲み屋街

旧遊郭地の周囲を見渡すと、まだかなりの数の飲食店街の成れの果てのような場所がそこかしこに残されている。遊郭が廃止されて半世紀が過ぎたとは言え、そこはさすが天下の中村遊郭。かつての色街の活況を物語る街並みは今ここに来ても充分に感じる事が出来る。

中村遊郭跡 飲み屋街

碁盤目状に通された旧遊郭の通りの中で最も南側の賑町には、まさに絶滅寸前の様相を呈した飲食街がある。通りからL字状に伸びる路地に入ると錆びきったトタンに覆われた外壁、店の入口を全て塞がれてしまったかつての飲食店の残骸を見る事が出来る。なんだか壮絶。

中村遊郭跡 飲み屋街

「京城料理 焼肉飯店 金竜園」の看板が残された店舗跡。説明の必要も乏しいが、念のため京城と言えば今の韓国ソウルの事である。遊郭の目前で客達に栄養源を補給していた前線基地だったのだろう。他にも洋食屋、大衆食堂など何軒も古い店舗が昔の店構えのまま屍を晒している。既に役目を終えて長い年月が経過している。まだ一部には現役の居酒屋などが店を開けてはいるのだが…

中村遊郭跡 スナック

ここの飲食街にある、とあるスナックのママに呼び止められて、店の中にお邪魔した。そこは六畳一間くらいの広さしかない、場末のマッチ箱的な店舗、その中央には半円形のカウンター席。長崎から名古屋にやってきたという50代後半くらいのママが一人で店を切り盛りしていた。昔のこの界隈の事情を聞こうとしたが、十数年前に譲り受けた店だとの事で、あまりお詳しい様子ではなかった。

中村遊郭跡 大門横丁

旧遊郭地の外れ、太閤通りの一本北側には昭和な佇まいが濃密にこびりついた飲食店街が広がっている。大門交差点の近くには「大門横丁」がある。場所柄かやはり古びた印象は拭えない。リニューアルされて小奇麗になる可能性など一ミリ程も感じさせません。

中村遊郭跡 大門横丁

大門横丁の中は古い商店街で見かけるタイプのトタン屋根のアーケードが取り付けられており、その下にやはり飲食店街が形成されている。

中村遊郭跡 大門小路

大門横丁の真ん前、モルタル塗りの粗末な2階建ての家屋が連なる一画には「大門小路」の看板あり。一見すると潰れた店も多いのだが、ここも一応現役っちゃ現役らしい。

中村遊郭跡 大門小路

大門小路の中に足を踏み入れると、何とも言えない有機的な香りが鼻孔をくすぐる。それは奥の共同便所から発生する屎尿の匂いなのか、建物のカビの匂いなのか、長年の人の営みの結果なのだろうか。ぽつぽつと飲食店が店を開けている。みな地元の常連を相手にするマニアックな店ばかり。もはや名古屋の中では忘れ去られた場所。流れる時間の軸が全く違っている。

中村映劇

さらにこの界隈には「中村映劇」なるシブい昭和の映画館も生き残っておりますよ。夜になるとご覧の通り、真っ赤なネオンサインが客を呼び寄せている。すこぶる怪しい…

中村映劇

中村映劇は戦前から芝居小屋としてやっていたのを戦後に映画館に作り替えた劇場で、名古屋市内に現存する映画館では最古のものになる。今となっては、場末の中の場末とも言える場所だが、かつては大阪新世界や浅草六区のような賑わいがあった事だろう。上映している映画は…全て大人向けですね。

中村映劇 注意書き

映画館の入口付近にはこのような注意書きが至る所にあった。「この付近に汚物、生理用品などを捨てる方があります。」って、具体的には何なのでしょう…と聞くまでもないか。はい。分別ある大人なんだからもうちょっと後処理はしっかりしてもらいたいもんだねえ。

中村映劇

映画館の向かいにある大衆食堂なのか居酒屋なのか分からない店もあまりに戦後臭キツすぎて、息を呑んでしまいました。この土地に来る度に発見の連続、名古屋の懐の深さに驚かされるばかりである。

中村遊郭跡 蕎麦伊とう

ところでピアゴ中村店の向かいにあった「旧牛若楼」(ビジネスホテル牛わか)の廃屋妓楼、最近になって蕎麦屋として改装されていた。「蕎麦伊とう」。大人の街らしくかなりお上品な佇まいをしている。荒れ気味だった建物の外観もしっかり整えられて、小洒落た雰囲気。

中村遊郭跡 蕎麦伊とう

「伊とう」店内。内装は完全にリノベーション後のものとなっていて、当時の面影を残すようなものは何も感じられない。今時の大人の隠れ家的なインテリア。値段もやや高めで、名古屋人の感覚からすると普段使いはしない高級店クラス。いわゆる「趣味蕎麦」の範疇に入る店か。中村じゃなくて覚王山あたりに作った方が流行りそうな気がするが、この土地だからこその価値というものもあるし。

中村遊郭跡

この旧牛若楼、前回の訪問時にはこのような状態のまま放置されていたのだが、そのまま建物が取り壊されて無くなるよりはよっぽど良い。蕎麦屋さんもお店が末永く続くといいですね。

蕎麦伊とう

営業時間 11:30~14:30 17:30~21:30 月曜定休
愛知県名古屋市中村区大門町13

愛知県名古屋市中村区大門町13


The following two tabs change content below.
新日本DEEP案内およびDEEP案内シリーズ管理人兼編集長。2007年「大阪DEEP案内」開設、2008年「東京DEEP案内」開設、2009年「日本DEEP案内」開設、2010年「世界DEEP案内」開設、2013年「新日本DEEP案内」開設。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

スポンサーリンク
トップへ戻る